| elf |

「有朋自遠方来 不亦楽」と翌日到着した甘いやつ。 

11月のある日に遠路R1150GSの引き取りに来ていただきました。

ナンバープレートは「山口」。

01-161130.jpg


当方で販売した車両ではありませんが以前にも何度か山口県から遊びに来ていただき、点検修理させていただいています。



深夜の高速バスで大阪へ到着し、駅までお迎えに行き合流。

02-161130.jpg


箱は写真がありませんが、山口県岩国の銘菓をいただきました。

パイ生地のような外側に餡子が包まれた、お茶やコーヒーによく合う美味しいお菓子です。

ありがとうございました。


大半の整備はご自分で出来る方なので、しょっちゅうお会いできませんが時々お会いできるのは、こちらとしては嬉しいものです。

しかし、オーナー様からすれば修理屋にわざわざ預けるとなるとそれなりの理由があり、あまり嬉しい事ではないことが多いののが残念です。


そのあたりの経緯を、オーナー様の了解を頂いていますので、紹介させていただきます。


ご友人皆様と香川県の小豆島へツーリングに行かれた時の出来事です。


「エンジンの力が無く、4000rpmほど回したとき異音がした」

最初の電話でお聞きした内容はこのようなものでした。

「岡山の港にレッカーを依頼するから受けとってみてほしい。到着が夜になるけどいいかな?」

小豆島ではフェリー乗り場の港までは自走で走れたそうなので、軽症かもしれませんが自宅へ帰ってから大阪まで持ち込むのは大変なので、この際大阪へ運んでしまうことになりました。


24-161130.jpg


意外と早く午後8時過ぎには大阪府豊能郡迄大きなキャリアカーで到着しました。


到着時にエンジンをかけると、ごく普通にエンジンは始動し乗車して中まで乗り入れることは出来ました。



翌朝スタッフのフクチャンが・・・

「タンクの中でガソリン漏れてるわ!」

「ちょっと音きいてーや」




キーオンでガソリンポンプの回る音とは別に、「チャプチャプ」と音が聞こえます。

下は同じ車種の正常な音です。



ポンプの回る音はしますが「チャプチャプ」は聞こえません。

共にガソリンは少ない状態です。

ガソリンが多く入っているときは違う状況も考えられるので、参考程度に読んでください。


電気式のガソリンポンプがガソリンタンクの中に組み込まれている、このタイプの車両は、ガソリンポンプ、ガソリンフィルター、それらを接続するホース、ガソリンの残量警告灯のレベルセンサーなどが一まとめに組み込まれています。

エンジンキーをオンに回すと、一時的にガソリンポンプが回り燃料ラインに圧力をかけます。

一定の圧力になると、多いガソリンはプレッシャーレギュレターから再びガソリンタンクに戻されるのですが、過去の経験上ガソリンが少なくても「チャポチャポ」聞こえることは記憶にありません。

もちろんガソリンが多く入っていれば、戻ろうが漏れようが音はしないはずです。(ポンプの回る音はします)


走行中に異音が発生したのは、燃料の圧力が規定量より低くなり入った空気の量に対してガソリンが少なくなり、空燃比が薄くなったのでうまく燃えなくなりデトネーション等の異常燃焼が起こったのではないでしょうか。


予想はあくまでも予想なので、実際に何処で漏れているのかを確認します。

03-161130.jpg

まずはガソリンキャップを取り外し、ガソリンを出来るだけ抜きます。

04-161130.jpg


満タンだと結構重いのですが今回は比較的少なかったのは、ガソリンが内部で漏れ出る音からも想像できます。

05-161130.jpg


順番に取り外して。

06-161130.jpg



ガソリンタンクの内の右側にキャップが付き、配線やホースが付いています。

07-161130.jpg


ガソリンポンプやフィルター、リッド(RID)に入ったガソリンメーターのセンサー等が組み込まれたユニットです。

08-161130.jpg



取り外すと・・・・・

09-161130.jpg



左から電気式のガソリンポンプ(電磁ポンプ)、ガソリンフィルター、針金につながったフロートがガソリン計のセンサーは上側根元に可変抵抗部分が見えます。

10-161130.jpg

このどこから出るのでしょうか?


配線を繋いでテストしてみましょう。

万が一のためにバケツに水と近くには消火器も。



原因はユー字(U)型のホースのようです。

見た目は特に問題なさそうなんですが、結構な勢いで飛び出します。


下は参考の写真で、現車のものではありませんが、こんな亀裂が入ったり、ピンホール(針で突いたような穴)が出来ていたりすることもあります。

11-161130.jpg


今回小豆島でトラブルが出たR1150GSは、以前にガソリンポンプとフィルター、それと上の写真のストレートのガソリンホースはオーナー様ご自身で、タンクを取り外して交換されています。

しかし、その際にユー字型のホースは、大きさの割に高価だったのと、キットに含まれていなかったので交換されなかったそうです。

ひょっとしたら、新車時から交換したことが無かったのかもしれません。


燃料の圧力が漏れて、規定の圧力より下がると、ガソリンを噴射するインジェクターは電気的にオン、オフを繰り返しガソリンを出しますが、エンジンに入った空気に対して必要なガソリン量より、圧力が低い分出る量も少なくなります。


もう一つ気になる影響は、噴射パターン。

25-161130.jpg

真ん中に配線が入っている部品がガソリンを噴射する「インジェクター」。


これはBMWのオートバイのインジェクターではありませんが(スズキ ジムニー)同じような役割をする部品で、真ん中の小さな「穴」から霧状のガソリンを噴射します。

26-161130.jpg


噴射したガソリンの形(パターン)で出力特性や燃費、排気ガス浄化にも大きな影響があるそうです。

12-161130.jpg

こんな綺麗な円形なら問題ないですが・・・・


圧力が低いと、部分的にガソリンが霧状にならず滴り落ち、この椎茸の傘みたいな形に噴射し、残りは液ダレしてしまうことも。

13-161130.jpg

もしこんなパターンや液ダレを起こすと、直接的に感じやすいのは始動性の悪さやエンジンキーをオフにしてもエンジンが止まらない(ディーゼリング)ようなことが起こります。

R1150GSのインジェクターの噴射パターンは楕円か円形かそれ以外かは記憶にありませんが、圧力が低いガソリンで古いインジェクターは規定のパターンにはなりにくいはずです。



下はR80G/Sベーシックですが、この車両にガソリンポンプはついていません。

14-161130.jpg

ガソリンタンクよりキャブレターが下にあるので、ガソリンが落下する力を使っています。

したがってこの車両では必要な(使った)ガソリンのみタンクから出ていき、エンジンがガソリンを必要としなくなった(エンジン停止)ら、落ちてこなくなるようにキャブレターの中で調整しています。

まあ、時々上手くいかず溢れ出ることもありますけどね・・・

「オーバーフロー」

キャブレターとインジェクション。

どちらが良いかは個人の感覚によるところが大きいですが、キャブレター車で長期保管するならキャブレターの中のガソリンは出来るだけ抜いておいた方が次回楽にエンジン始動が出来るようです。

インジェクションの場合、ガソリンをシステム内から抜くことは通常できません。

心配する部分ではありますが、キャブレターのようにガソリンが空気に触れる場所はガソリンタンク以外にありません。

したがって気化するにもできません。

ガソリンタンクの中で考えればキャブレター、インジェクション共に同じなので長期保管に関してはインジェクションが有利かもしれません。

それにも、限度があるのは当然で、ガソリンタンクの内部にガソリンが少なくポンプ類が空気に触れていると、それら全てが錆だらけになることも当然起こります。


もっと進むと、ガソリンが腐り樹脂タンク以外のアルミや鉄タンクを腐食させ穴が開くこともありました。




下は先の山口県のR1150GSと、ほぼ同時期に入庫したR1100RT。

15-161130.jpg

こちらも同じようにガソリンタンクを取り外し、似たような作業を行いました。

16-161130.jpg


先ほどのR1150GSのガソリンタンクは鉄製でしたが、このR1100RTのタンクは樹脂製です。

17-161130.jpg


タンク右の内側にガソリンポンプなどのユニットが付くのは共通です。

18-161130.jpg


このRTは走行中「力が無くなり加速しなくなり、アイドリングも不安定。」

「問題無い時も多いので、来ようかやめようか考えた」

上のようにおっしゃっていました。

19-161130.jpg


お客様の表現は違いますが、似たような状態なので こちらもガソリンタンク内の燃料漏れを疑って分解です。

しかし、このRTはエンジンキーのオンオフで先のGSのような「チャプチャプ」音は確認できませんでした。

やはりガソリンの量にもよるし、出る場所にも影響されるのでしょうか。

20-161130.jpg


GSとは違うホースから出ているようです。

21-161130.jpg

エンジンキーをオンにすると、噴水のように噴き出すときもあれば、少しの角度の変化で出ない時もあります。
22-161130.jpg


これが調子良い時もある原因でしょう。
  




R1150GSのお客様がお帰りになった翌日、小荷物が到着。

周防大島の「魚屋さんちのしょうゆ」

23-161130.jpg

結構有名らしいです。

さっそく近所の「スーパー大安」鯛のお刺身と酢サバを購入し、牡蠣を入れた炊き込みご飯で頂きました。

あまーーいお醤油で、お刺身に向いているようですが炊き込みご飯にはもう少し量を少なく使うと良さそうです。


GSを引き取りにお越しの際に、事務所でご当地の食べ物などの話で盛り上がり、私が旅行の際「醤油や塩、味噌を出先で購入して帰る」等と話ししていたので、美味しいお醤油を送ってくださいました。

今回は故障での入庫になってしまいましたが、またいつでも遊びに来てください。

お醤油美味しかったのです。







右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

月桂樹はコハクの化身? 


01-161121.jpg


月桂樹で作った月桂冠。


突然ですが、コハクと呼んでいるゴールデンレトリバーには、血統証明書に記載されている本名があります。

02-161121.jpg

DAPHNE OF YOSHIDA ENTERPRISE JP」

感の良い人には、すでに先が読めてしまったかな?



普段はコハク、イブキともに大人しい性格です。

03-161121.jpg




一緒に遊び始めると閉じ込めていても・・・・

04-161121.jpg


屋外でも?・・・・・大暴れすることも。

05-161121.jpg


いつもは女の子のコハクが弟のイブキを追いかけたり、押し倒したり。



そんなコハクとイブキを軽トラの屋根の上から・・・

「へいわやのーー」


06-161121.jpg
冷めた目で見ていたりするモッチャン。


普段は男の子と女の子で絡んでも構わないのですが・・・・

07-161121.jpg


「お尻ばっかり追いかけてたら、嫌われて逃げられるよ~」




あまり、ひつこく追いかけるものだから?

08-161121.jpg

川へ逃げ込んでしまい・・・・

どこかへ消えてしまいました。


コハクとイブキは別々になってしまいました。

09-161121.jpg

これは月桂樹の枝。



10-161121.jpg


コハクに会えないのでイブキは意気消沈。



可愛そうなので家内が月桂冠を作って。。。

11-161121.jpg


イブキの頭にのせてあげましたが・・・・

12-161121.jpg

「コハク(ダプネ)ちゃんがおれへんねん」



13-161121.jpg

事務所入り口に生えている「月桂樹」。



コハクは大体11カ月周期で発情します。

14-161121.jpg


一番危ない時期はダプネとアポロンを分けておかなければ!

違った「コハクとイブキを分けておかなければ」でした。
       ↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%97%E3%83%8D%E3%83%BC

現在はコハクとイブキは、元のように一緒に走り回っています。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

Do it yourself 

かぼちゃ、ピーマン、鶏のひき肉、鶏のもも肉。

さて、どこまで自前で用意できるのでしょう?

00-160928.jpg


自前で車やバイクの整備を行う方も、結構いらっしゃいます。



この車のフロントの足回りは、ダイハツ ミラ275S 私の娘が通勤に使っているCVT(無段変速)ミッションの乗用車5ナンバーのもので、今回はブレーキパットの交換です。

01-160928.jpg

私は自分の車も、可能な限り自分で修理しますが、このミラも娘が乗っていますが私名義でもあり、当然のように娘は
      「やっといて!」

と言います。

少しは車の構造に興味を持って交換時に横で見ていてくれれば良いのになんて思うこともあるのですが・・・・





こちらは、息子さんとお父さんでお店に遊びに来ていただき、エンジンオイルの交換です。

02-160928.jpg

息子さんも車が好きで、自分のダイハツ ミラ275Vを大切に扱っています。

275Vは貨物自動車なんですが、マニュアルミッションで、先の私の娘の275SのCVTミッションの乗用車より、車両重量はかなり軽量です。

軽量でマニュアルミッションですから、燃費もキット経済的なんでしょうね。


親子で同じ趣味を持ち、こうして同じ時間を過ごせるのも良いものですね。




基本的な構造は、部品番号は違う物も多いのですが275V 275Sと似た構造をしています。

03-160928.jpg

こちらは275Sのフロントブレーキですが、ブレーキパットの残量は確認できますか?

まずは取り外して比較しておいて娘にも見てもらいましょう。



新品と使用限界間近なブレーキパット。

04-160928.jpg

摩耗して減っていく当たり面を内側どうしに合わせています。

どの程度が使用限界かと言いますと・・・・



左へ「ビユーン」と伸びて、右へ回り込んでくる金属の板が見えますが、これが使用限界を走行しながら教えてくれる部品です。

05-160928.jpg

ブレーキパットの摩耗する部分が残り少なくなると、ブレーキの回る円盤のディスクローターと板の先端が当たり始めます。


もう一度ディスクローターに合わせて見ると・・・・・

06-160928.jpg

ほんの少しの隙間しかありません。

このまま走行するとブレーキパットがもう少し摩耗するとディスクローターに接触し始めます。

接触し始めると~?

初めはブレーキを踏んだ時に

  「ヒッ    ヒー~~」


もう少し走るとブレーキを踏んでいる間中

「きーーーーーっ!キーーーーーー!!」

さらに症状が進んでしまうと・・・・・???


ホイールが回り始めると、ブレーキを踏まなくても・・・・・

『きーーー!』

    『 ききーーー!!』



ちょっと周りが気になって走れないレベルの金属音がします。 



新品のブレーキパットに取り付いた金属プレートとディスクローターの隙間は当たるはずのない距離があります。

07-160928.jpg

これが新品のブレーキパットの板の隙間。


ブレーキパットを取り付けた状態。

08-160928.jpg

全ての車両に、このような部品が付いているわけではありませんが、いろいろな方法でブレーキの摩耗を知らせてくれるシステムがあるので、異音がしたり普段点かない警告灯や文字でのディスプレーが出たら注意してください。

ブレーキパットが摩耗すると、その分ブレーキキャリパーのピストンが飛び出していきます。
シングルポットキャリパーなら1個のピストン分のブレーキオイルが、ブレーキキャリパーの中に入って帰ってこなくなります。
そのブレーキオイル分はエンジンルーム内のブレーキオイルのリザーバータンクから移動するので、その分タンク内は減少します。

ブレーキオイルが エンジンルーム内でどの程度減少すると、ブレーキパットが使用限界なのかは 各メーカー当然知っているのでブレーキパットが無くなる前にブレーキリザーバータンク内のセンサーが働き警告灯を点灯や点滅させたりも多いです。
サイドブレーキを引いているときのランプと兼用している場合も多いので、サイドを戻しているのにサイドの警告灯が「チラチラ」時々点灯し始めたら、ブレーキオイル漏れの確認とブレーキパットの摩耗も疑ってみてください。
そんな時にブレーキオイルの液面が下がっているからと、補充してしまうとパットの摩耗量とのバランスが狂うので、正常に機能しなくなります。

他にもパット自身にセンサーが組み込まれていて摩耗するとセンサーがローターに接触して、「キーキー音」ではなく電気的に警告を出す車種も多いです。



ブレーキペダルを踏みこむと、ブレーキオイルが流れ込んでブレーキパットをブレーキローターに押し付ける「ブレーキキャリパー」を取り付け。

09-160928.jpg

この車はシングルポットのブレーキキャリパー。

1個のピストンが片側からブレーキオイルで押さえて出てきて、片側のブレーキパットを横へ押します。

キャリパー自体も反対側への力がかかり、反対側のブレーキパットを引っ張ります。

結果として2枚のブレーキパットでディスクローターを挟み込む力が掛かるような構造で、キャリパーはフローティングピンでマウントされていて、パットの摩耗に従って動くようになっています。


これに対してR1100以降のBMWのオートバイでは、フロントにはキャリパー1個に4個のピストンが組み込まれた4ポットキャリパーがついています。

これはキャリパーはフローティングされず、車体側に固定され内外それぞれのブレーキパットにピストンから直接押す力が働きます。



では、これは?

10-160928.jpg

2ポット(2ピストン)の片押しです。

片押しにするメリットは?

キャリパー外側を薄く作りやすく、FF車(フロントエンジン フロントドライブ)が多い現在では、ホイールのオフセットとの関係で量産大衆車では、製造コストからも片押しのキャリパーが一般的です。



これも私名義の日産プレサージュVU30で古いディーゼル車です。

11-160928.jpg

ブレーキディスクが先ほどのミラとは違っていますね。

こちらはベンチレーテッドディスク。

ディスクローターはブレーキングで発熱しますが、発熱量は重量が重くなればなるほど多くなり、冷却が必要です。

ベンチレートはローターが分厚く間に空気の入るスペースがあり、空気に触れて放熱する表面積は、同じ外形のソリッドディスクに比べて倍程度はあるでしょう。



ベンチレーテッドディスクに対して、ミラはソリッドディスクでした。

車重が日産プレサージュVU30の約1.7トンに対して半分程度の約0.8トン程度だと、ソリッドディスクでも十分な放熱が得られるようです。


摩耗したパットと新品。

12-160928.jpg

ディスクローターの材質は、4輪では耐フェードを含めた制動力とフィーリングを大事に考え鋳鉄が多く採用されていますが、錆が出やすいのでブレーキローターが丸見えの2輪では違う材質(ステンレス)も多いです。

昔昔、ホンダがVT250やCBX400等にインボードディスクなるものを作りましたが、外側から見えにくい構造で鋳鉄がブレーキローターに採用されていました。

プレサージュも鋳鉄ディスクで、ダイハツ ミラ 275S 275V 共に勿論鋳鉄ローターです。


ブレーキローターもブレーキパット同様に摩耗します。

4輪のブレーキローターは、摩耗するとブレーキング時のフィーリングは悪くなるので、旋盤を使って削り直すこともできますが、削ると温度上昇が早くなりフェードしやすくなります。

この場合新品のようなフィーリングが味わえるのですが、新品ではありません。



少し前になりますが、こんな箱で部品が到着。

13-160928.jpg


ハンドルのギアボックスで、こちらはホンダ ライフ。

14-160928.jpg

軽自動車です。


ラックブーツ(ゴムのジャバラ)の中に関節のように動く部分があるのですが、そこに「ガタ」が出て不快な音と振動が伝わるようになっていました。

15-160928.jpg

パワーステアリング(パワステ)もついています。

先ほどのプレサージュのパワステはエンジンでオイルポンプを回して油圧で作動させています。

それに対してライフは電動モーターで力を得ています。



ブレーキペダル左に見えるのが、ハンドルを回すと回転するシャフト。

16-160928.jpg

17-160928.jpg

車体下側へ抜くので、ハンドルシャフトと切り離します。

18-160928.jpg


足回りのついているクロスメンバーを車体から少しずらしてステアリングラック(ハンドルギアボゥクス)を取り外しました。

19-160928.jpg

電動パワステなので、電気配線も切り離し。

20-160928.jpg

新旧の電動パワステのステアリングラック。

このギアボックスの形式はラック&ピニオン

ライフではラックの部分に電気のモーターが付いていますが、車種によっては先ほど取り外したステアリングシャフトにモーターが付く車種もあるようです。

先ほどの箱に入って到着していたのは「リビルト部品」です。

過去に誰かが使っていた車両の部品を、専門のメーカー(ほとんどが自動車メーカー以外)がきっちり点検して、消耗品を交換し「ほぼ新品」と考えて使っても問題ないレベルで出てきます。

いろいろな「リビルト部品」があるのですが、エンジン、ATミッション、MTミッション、エアコンコンプレッサーなどなど色々あるので、新品に比べると安いので助かります。

コア返却!

今まで使用していた部品は次に誰かが使えるように、オーバーホールするので返却する必要があります。

万が一何かの理由で取り外した部品を返却できない場合は、別途「コア代金」が必要になります。


21-160928.jpg

BMWのオートバイも依頼すればリビルトのレベルでオーバーホールできるのかもしれませんが、この場合は事前にオーバーホールの終わった「コア」が無いので取り外した現物をオーバーホールすることになるでしょう。

まあ、部品の調達が可能なBMWは自分たちでオーバーホールは可能なので、必要な個所だけでもオーバーホール可能です。

22-160928.jpg



でも、まれに。。、、、、・・・・・

23-160928.jpg

ごくまれに、リビルトされた部品も不具合が出ることもあります。

この時はリビルト部品を返却してリビルト部品を再び取り付けます。


ステアリングラックを交換するのには、車両の下側に潜り込みましたが・・・・

24-160928.jpg

少し気になる「物」が見えませんか?


緑色! 

これはクーラント。

冷却水ですね。

この中には水だけだと凍結するので、不凍液が入っています。

でもそれだけではなくて、錆止めも入っていますし、ゴムなどのシールを守る潤滑剤も含まれているそうです。


お住いが温暖な地域にお住まいの方も、凍結しなくてもクーラントの定期的な交換は必要です。


ブレーキパットの交換、ステアリングラックの交換、クーラントの交換。


少しずつ  すこしずつ。




25-160928.jpg

安心を積み上げる?

これは、かぼちゃを積み上げてますが・・・・


カボチャといえば、前回の雑種のカボチャ!

26-160928.jpg

高山カボチャと普通のカボチャの雑種。



色が変わり熟してきたようなので、1個切ってみたところ・・・?

27-160928.jpg

皮は薄く種が下の太い部部に集中し、食べる部分が多く大きさの割に効率が良いです。


左のカボチャはバターナッツカボチャで同じような形でした(上は食べた後)。

28-160928.jpg

カボチャは沢山収穫できそうなので1年分ストックを確保できそうです。


カボチャピーマンは自家製。

29-160928.jpg

鶏は?

買ってきた胸肉とミンチですよ!

ペットのボリスブラウンは、8羽とも元気に暮らしています




これは「ムカゴ」。

30-160928.jpg

秋に自然薯(ヤマイモ)の蔓にできるムカゴです。

フライパンで炒って塩ふって食べるのも美味。

簡単に「種」と言ったりしますが、種ではなく「茎が肥大化して形成された肉芽」なんだそうです。
   ↓ 参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%80%E3%81%8B%E3%81%94


31-160928.jpg

この日はムカゴご飯

ムカゴは栽培もしていますが、この日は「天然物」。


アケビも今がピーク。

32-160928.jpg

コハクとイブキもアケビを食べてご機嫌。



    これは?

33-160928.jpg

山葡萄?   いえっ 違うようです。

エビヅル?

多分・・・・ 野葡萄。


34-160928.jpg

萩の花。


これは?

35-160928.jpg

友人宅に実った・・・・・
     「かんぴょう」

私には鶏を育てて卵をいただく程度しか出来ません。

「鶏肉の自給は・・・・・・・・ 」

まだしばらくの間は、秋の実りとヒヨコの「ぴーーよ ぴよ」の鳴声が楽しめます。

会いに来ませんか?

写真使用で登場いただいた方々には感謝いたします。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

ハイブリッド? 

ホンダのリトルカブ50cc

01-160918.jpg

海外で製造されたカブが たくさん街中を走る時代ですが、日本の熊本工場で生産された生粋の日本車。


以前から 事務所の近くで畑を少し作っているのですが、昨年からはその上下遊んでいた畑を、追加で耕し興味本位でいろいろ栽培し始めています。
02-160918.jpg

これは、種からの「落花生」とその横にヒョロヒョロと伸びてきているのは「かぼちゃ」なんですが・・・・

03-160918.jpg


落花生の収穫時期はもう少し先と書いてあるのですが、待ちきれないのと、固くなる前のを 塩ゆでにしたら美味しいと聞いたので少しだけ収穫。

04-160918.jpg

中にはしっかり「ピーナッツ」状の種子が出来ています。

普段食べている「ピーナッツ」は落花生の種なんですね。

これを暫く自然乾燥させて、フライパンで炒ればピーナツの出来上がり。




今回の落花生は水洗いして、塩茹でにしましたが、ピーナッツとは全く違う食べ物で結構美味しいです。



05-160918.jpg

お菓子の「柿の種」に入っているピーナッツも好きな私としては、どちらも美味。




これにピーナツを混ぜれば、おつまみの「柿の種」?
06-160918.jpg

いいえ!「柿の種」
ではありません。


「かぼちゃ」の種。

「スクナカボチャ」または「高山かぼちゃ」と呼ばれている種類の種のはず??


こーーんなに大きなのが実ります。

07-160918.jpg

これは今年の春父親が苗を購入して実った正真正銘「スクナカボチャ」なんです。


先ほど落花生と一緒に写っていた「かぼちゃは」、昨年実って食べたスクナカボチャの種を私が撒いて出てきたものです。


花が咲き、そして育ってきたのは・・・・・

08-160918.jpg

「形は長くて似てるんですが??」

「なんか違う?」

大きさは、これから大きく太るとしても・・・・色がね~~?



一緒に撒いた違う株には??

09-160918.jpg

これは大きくなったら 「スクナカボチャ」 に成りそう?



上下に、トンガッタ形のも出来ました。

10-160918.jpg
右は「普通のかぼちゃ」。

普通のは上下はへっこんでます。


試しに切って料理に使ってもらいましたが、中身は味、食感ともにスクナカボチャではなく、普通のかぼちゃでした。

11-160918.jpg

スクナカボチャは普通のカボチャよりも、かなり甘くて 砂糖を使わなくてもお菓子なんかに成りそうなほど。

色違いの細長い変な色のカボチャは、どんな味かな?


スクナカボチャを食べて残った種を撒いても、近くで普通のカボチャも栽培していたのでスクナカボチャの花に普通のカボチャの花粉が受粉したのではないでしょうか。


   要するに・・・・

   雑種。




最近は残り物処理班が居るので助かります。

12-160918.jpg


雑種の皮を含むニワトリ用の朝ご飯にしましょう。

カボチャの皮と種、玉ねぎの皮、なすびのへた。




朝ご飯を入れに行ったら???
      ↓


中から飛び出してきて、ひっくり返しよった!!



少し前まで小さくて可愛く「ぴーーよぴよ」
と言っていたのに。

13-160918.jpg

6月30日に来た時には、卵1個分より軽い40グラム前後。

29日生まれの、まだ何も口にしていない状態で、卵の殻の分と生命を維持してきたエネルギー分、卵よりも軽い。


14-160918.jpg
イブキはヒヨコがお気に入りで、長い時間子守しています。

ボリスブラウンというそうですが、血統種ではないそうです。


ニワトリ全般をオートバイと表せば、ボリスブラウンはBMW R1150GS等の車種名に当たるのでしょうか?

いやっ? 違うか! R1150GSにRTやRSのエンジンを積み込んだようなもの?
15-160918.jpg
火曜日に畑で遊んでいる時も、衣装ケースに入れて連れてきていましたが、定期的に様子を見に行ってくれていました。

これでは山からキツネやイタチが見ていても、近くには来ないでしょう。

ボリスブラウン「雑種」
    ↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3



小さい期間は衣装ケースに入れて保温してましたが、イブキのお気に入りです。

16-160918.jpg


事務所へ来たときは、犬用のサークルに入れてましたが、自宅へ連れて帰るのも、大きさと「におい」で限界に近くなり畑に鶏小屋を制作。

17-160918.jpg



ちょっとみぞ掘って。

18-160918.jpg


ブロック並べて床はセメント入れておきます。

この辺りは、イタチ、ハクビシン、タヌキ、日本アナグマ、そしてキツネもいます。

キツネ登場の過去のブログ
     ↓
「ラッキーなのか、不幸なのか?」
http://elfnoshippo.blog85.fc2.com/blog-entry-1396.html


「どんどん、じわりじわり、確実にやって来る
http://elfnoshippo.blog85.fc2.com/blog-entry-1277.html



日本穴熊登場の過去のブログ
     ↓
「ゴールデンウィークの恒例行事」
http://elfnoshippo.blog85.fc2.com/blog-entry-1367.html


「奴ら(イタチやキツネ)は穴掘って中に入る」 と地元近所の皆さんに言われていたので、床はセメントで固めて、その上に 畑の土を入れておこうと思います。


夏の暑い時期には、一時コハクとイブキのプール代わり。

19-160918.jpg

20-160918.jpg


早く入れられるようにしないと、自宅が鶏舎の臭い。

21-160918.jpg


屋根のトタンと横の窓は次回として、

ボリスブラウンの「女子寮」落成?

22-160918.jpg

コハクとイブキも興味津々です。

でもイブキは、自分たちがこの中に閉じ込められるのではないかと心配して、これ以降 呼ばない限り入らなくなっています。

23-160918.jpg

24-160918.jpg

きっと、セメントより土が好きなんじゃないですか?

土も好きなんでしょうけど、「藁」ワラもきっと好きでしょう?



友人が稲刈り。

25-160918.jpg


稲刈りが終わると、翌年春に田植えをするまでは、コハクとイブキを自由に走らせてもらっています。

26-160918.jpg


刈り取った「お米」はコンバインで稲穂から外され、残った「」は短く刻んで田んぼに戻して、再び土にかえります。


切り刻む前の藁をお願いしていただきました。

27-160918.jpg

普段BMWのオートバイを載せる軽トラの「しっぽ号」にこの日は稲藁を満載。


28-160918.jpg


コンパネとブルーシートで囲って濡れないように仮置き場を制作。

本当はもう少し乾燥させてから保存しなくては、カビが生えたり発酵したりするそうです。


発酵と言えば、納豆は稲藁に蒸した大豆をくるんで保温すれば出来るそうですね。

稲わらで納豆を自分で作ると、におい強かったりするのかな?


蒸したりは面倒なので、手軽に出来るのは採れた玄米から・・・・

29-160918.jpg


洗っていない玄米を少々、この時は300cc の豆腐屋さんで買ってきた豆乳を40度に加熱し10グラムの玄米。

30-160918.jpg


かき混ぜて再び40度にレンジで「チン」


一晩タオルで くるんで置いたら「豆乳ヨーグルト」の完成。

31-160918.jpg
(市販のパック入り豆乳でも同じように可能です)

実際何度も食べましたが、私と犬を含む家族は特に問題は起こりませんでした。

しかし、玄米にはヨーグルトを作る菌が沢山居るように、他の菌も居るはずです。

試す方は自己責任でお願いします。


豆乳が好きな私は、結構好きでハチミツ垂らして、コハクとイブキとで毎朝食べてました。

2回目からは出来たヨーグルトの上に溜まってくる半透明の液体(ホエイ?)を豆乳に混ぜれば より安定したものが出来ます。

32-160918.jpg


まだ青い(緑)な稲穂なので仮置き場で晴れた日には蓋開けて乾燥させます。


来年はスイカや・・・・・

33-160918.jpg


生姜の根元に乾燥防止に使えそうです。

34-160918.jpg

35-160918.jpg
昨年の夏にご近所からいただいたマッカ(マクワウリ)の種を捨て置いたら、実りました。



キュウリも無農薬なので、そのまま塩をふって みんなで食べます。

36-160918.jpg



そして、残った 「葉っぱ」 や 「へた」、熟しすぎた(腐った)ものは・・・・

37-160918.jpg


女子寮の厨房へ入れておけば、いずれ土に混ざって「鶏糞堆肥」になるでしょう。

今はホームセンターで購入している鶏糞堆肥は来年は購入しなくても賄えるかもしれません。

色々な有機野菜に変わってくれることでしょう。



近くに美味しい店がありました。

地元の野菜を使った、季節を感じさせる内容でした。

以前から買い物はしていましたが、食べたことなかったので知りませんでした。

38-160918.jpg


見山の郷de愛定食
(うどん・そば)税込価格 800円

茨木市の「見山の郷」
   ↓
http://miyamanosato.org/index.html


お客さんと昼ご飯を食べたのですが、地元野菜を使った私の好きな味付けです。

コストパフォーマンスは確かめに来てください。




落ちている熟し過ぎたプチトマトを物色中。

39-160918.jpg
こんな時にも、定期的に堆肥をお尻から散布中?

今年実った小玉スイカ。

40-160918.jpg


先の写真で気が付いたかもしれませんが、雨降り後に割れちゃうんですよ

これもヒビ入ったので、少し早いけど 「お持ち帰り」


トマト、キュウリ、トウモロコシは終わり作物は少なくなりますが、次の楽しみは「レンコン」

41-160918.jpg


これは花を楽しむ「花蓮」ですが、レンコンを収穫するための「蓮」も順調に葉っぱを増やしています。

42-160918.jpg



こちらのリトルカブは雑種ではありません。

43-160918.jpg


ほぼノーマルの状態ですが、色が日に焼けているようです。

44-160918.jpg


近いうちに販売車両として入庫することになりました。


45-160918.jpg

こんなヒヨコの時期が、もう懐かしい。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!