| elf |

月別アーカイブ

 2007年02月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モッチャンのウインク 

今日は、夕方から雨が降りました。
店長エルフとモッチャンは事務所で待機、
エルフは2000年2月生産の「モデル」なので
大人しく(寝てるだけ)していられますが、
モッチャンは昨年生産の、それも後期モデルなので
力が有り余っています。

しこたま事務所で走り回り、暴れ周り、最後はいつもの
ノートパソコンの上(暖かい)で眠り込みました。

070227-01.jpg

「モッチャン、起きて」

070227-02.jpg

「なんか、顔おかしくない?」
『??・・・・・・・目、いたい』
元気に走り回っている時に、目をどこかにぶつけたのでしょうか。

070227-03.jpg

「私が舐めて直してあげようか?」

でも、仕事が終わって家につれて帰ってもらうころには、
いつものモッチャンにもどっていました。



ここで問題です。
犬も猫も、爪に血が通っている。イエスでしょうか。ノーでしょうか?


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え







スポンサーサイト

グラッシャグリーンのR1100RTとパニアケース 

時間の空いたときに、バイク屋さんを手伝ってくれる親しい友人の
BMW R1100RTグラッシャグリーンです。

070226-1.jpg

落ちついた、飽きの来ない私の好きな色ですが・・・・??
何か気がつきます?

最近パニアケースのふたをボディー同色にしようと、
「薄い水色」に塗装済みのふたを手に入れたそうです。
送られてきたふたを自宅で取り出しケースに組み付けて
「新品のふたは綺麗でいいな」と、張り切ってRTのおいてある
ガレージに行き、取り付けて明るいところに出て、?????
「なんか違う」

この写真ならはっきりわかりますね。

070226-2.jpg

そうです。
グラッシャグリーンと呼ばれるだけあり、わずかにグリーンが入った
シルバーです。
パニアのふたは?
違うでしょう?
「オパールブルー」ですよ。
あー残念でした。

でもふたは傷を入れないように大切に保管しておいてくださいね。
きっと使うときが来ますよ




右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    
        バイクのランキング!プラス答え







穏やかな日曜日のお散歩。 

070225-01.jpg

今日は朝から、お客さんが来ていました。
お店の人よりも先に、来たお客さんが
後から来たお客さんに、お店の説明をして下さったそうです。



お父さんは、ヤフーオークションに出す予定のBMW R1100RTの
説明文を書いたり、写真を整理しています。

070225-02.jpg

「モッチャン、私、今から散歩してくるから留守番頼むね。」


「ねえー、さんぽいく?」

070225-03.jpg

「今日は天気も気持ちがいいし、春をさがしに行こうよ。」

例年なら、まだまだ寒い日が続き、バイクの試運転にもかなりの厚着を
強いられますが、今年はなんとなく気楽に試運転が出来るくらい
春の気配が漂っています。


「この辺りに春が隠れてないかな?」

070225-04.jpg

『そんなところに、春は隠れてないやろ。そこにおるのはモグラぐらいやで』
『でもエルフの左の田んぼを見てご覧、もう入って走っちゃだめだよ
おととい来た時は、田んぼは耕されてなかったけど、もう準備しているんだね。』


「こんな山の中はどう?」

070225-05.jpg

『お日様の当たりにくい山の中の日陰は、まだ冬だよ。』


枯れ木に見えるのは桜です。

070225-06.jpg

バイク屋さんの事務所の下に桜が2本生えています。
大阪市内よりは満開になるのは2週間ぐらいは遅れますが
今年はどうなんでしょう?


「ほら、みて、みて、お父さん!春を見つけたよ。」

070225-07.jpg

『ほらな、日当たりの良いところから春がくるねんで。』
南斜面の石垣の下にフキノトウを見つけました。

070225-08.jpg

もう少しすると、この竹やぶにも竹の子が出てきます。
『よその畑だから、入ったらあかんよ、エルフ。』


これは去年の写真ですが、こんな道にまで竹の子が生えてきます。

070225-09.jpg

店長エルフは、この竹の子をかじるのが大好きで道に生えた竹の子を
倒すと、必ずくわえて持ってきて、かじっています。
美味しいというより、歯ざわりが楽しいようです。


これも去年の写真ですが、ちょうど1年前の今頃の景色です。

070225-10.jpg

友人が少しの晴れ間を見つけて、RTで事務所に遊びに来てくれて
話し込んでいるうちに、雪が降り出し1時間ほどで山の景色は
スキー場のようになってしまいました。
でも、ご心配なく。日のあるうちに降った雪は、道路にはめったに
積もりません。このときも無事に帰宅されました。


070225-11.jpg

少し前に撮影した、干し柿のようになった去年のカキをついばむ
たぶんウグイスだと思う鳥です。

2月25日午後に今年初めてウグイスが歌うのを聞きました。
暖冬の影響か例年より、半月ほど早く聞いた気がします。
とても上手だったので、成鳥だと思いますが、もう少しすると
へたくそなウグイスの幼鳥や、キジ、鹿も繁殖相手を探して鳴き始め、
その頃には、この辺りの山も春本番になります。



ここで問題です。
このブログを書いている午前1時現在、大阪府豊能郡豊能町では
気温はプラス?、それともマイナス?


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え






R1150RTが揃いました。 


070224-1.jpg

3台目のチタンシルバーR1150RTが来ました。
平成14年の走行3千2百キロの、楽しみなRTです。



070224-2.jpg

左から、平成13年アクアミント、平成14年チタンシルバー、
平成15年チタンシルバー そして一番右が今回、仲間入りした3200キロです。
13年14年はエンジンがシングルスパーク、15年はツインスパークです。

以前ヤフーオークションにR1150RTをシングルスパークと
ツインスパークを連続で出品したときに、エンジンフィーリングの違い
の質問を受けました。

以前から感じていた違いと、そのときに在社していた両車を比較して
書きましたが 今回はR1100RTとの違いを含めて意識して乗って
みたくて、走行距離の少ない車両を集めてみました。

距離を重ねると車両そのものの違いより、使用条件による違いが大きく
出ると感じているので、出来るだけ少ないRTを選んだんです。
条件が整えば試運転してみますので、
後日ブロブに書けるかもしれません。



070224-3.jpg

「こんにちは、何を運んできたの?・・BMW?」
『ちがうねんで。これはなー ベスパ !それも50年位前の!』
「ふーーーん。走るの?」
『・・・鋭いこと聞く犬やなー。・・走るけど・・・とまれへん。
止まらんでええときに止まるし』
「預かるね。」



070224-4.jpg

「モッチャンそれなに?」
『なんか、口痛い』



070224-5.jpg

わかります? 
モッチャンは、まだ子猫で乳歯が生えていましたが、最近永久歯が
育ってきて、乳歯が抜け始めました。


ここで問題です。
犬の店長エルフの永久歯と猫のモッチャンの永久歯の数は、
同じ?違う?


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え







R80GS BasicとR1150GSアドベンチャーの御対面 

関東から大阪まで R1150GSアドベンチャーでR80GSベーシックを
お迎えに来てくださいました。

070221-01.jpg

ご覧になるのは2度目ですが化粧直し後、初の対面です。


まずはオーナー様による試運転。

070221-02.jpg

今日この後、とんぼ返りで約600キロを走るので、ブレーキペダル、
クラッチレバー、その他オーナー様に合うように調整するため
少し乗っていただきました。


「あれー、また誰か来てくれたのかな?」

070221-03.jpg

ちょうどそのころ、2台のBMWが輪の中に入りました。
R1100Rロードスター、R1200RT。
「・・・・お父さん、このRTは1100じゃないの?」
そうです。おわかりですか?この思い入れ。
以前にR1100RTのグラッシャグリーン色にお乗りだった
オーナー様は、R1200RTに乗り換える際に、グラッシャグリーンに
塗り替えられたのです。

今日はご友人のR1100Rロードスターとご一緒にお越しでした。


『こんなん、どうです?』

070221-04.jpg

以前R1200RTに取り付けた、サイドスタンドを出しやすくするための
加工品をご紹介し、取り付けようとの話になりましたが、
今日の天気を考えて
「次回つけましょう、今日は走りに行ってください。」となりました。
とても気持ちのよい、春のような日差しと空気です。


満足、満足 ベーシック。 思わず笑顔です。

070221-05.jpg

そのころ試運転のR80GS Basic が帰ってきました。


070221-06.jpg

みんなで、ひとしきり話してツーリング組みは、「お先に」と
出て行かれました。


乗ってこられた、R1150GS-A アドベンチャーの修理・・・・違いますね
壊れているのではなく、オーナー様の希望によるギア比の変更なので、
この後しっかり相談して、次回の再会をお約束しました。

070221-07.jpg

関東を夜中に出て、大阪までありがとうございました。
そしてお気をつけてお帰りください。



070221-08.jpg

手を振っていかれました。



070221-09.jpg

もう一度振ってくださいました。



070221-10.jpg

私たちがきのう、夕日の中を力強く登った坂道を、
ベーシックが くだって いきます。
もう、試運転に出るのではなく、帰っていくのです。

またいつか遊びに来てね、Basic。



070221-11.jpg

前回下見に来られたときに、「東京ばな奈」をいただき
とても美味しかったと、お伝えしたら今度は
「東京ばな奈パイ」をいただきました。
こちらも、サクッ と歯ざわりのバナナ味で美味しかったです。



070221-12.jpg

次回、アドベンチャーを引き取りに来ていただくときには、
何か大阪名物を用意しなければ!!!
「何がいいでしょう???? 何かあるかな?」

このあたりはイノシシが獲れます、
「牡丹鍋のお土産?」
「鹿も獲れます。鹿の刺身?」



070221-13.jpg

『もうちょっと、スマートなのないか?』
「山の中のバイク屋さんで、たこ焼き・・・・・・」
『まあーええか』

いずれにしろ、次回アドベンチャーを引き取りに来ていただくときには、
もう少しゆっくりしていっていただきたいです。



ここで問題です。  
R1150GSアドベンチャーには大きく分けて2種類のブレーキが
存在します。  その違いは?


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え







今回の画像掲載にあたりご協力いただいたオーナー様ありがとうございました。


R80GS Basicの最後の夜 

このBMWは以前、業者オークションで購入したR80GS Basicです。

070220-01.jpg

色々な作業を済ませて、元の形に戻りました。
途中、エンジンのシリンダーの取り外しや、ファイナルギアケース
(通称デフ)のオイル漏れなどを修復して、車検も取得しナンバーも
付いたのでしっかりと試運転が出来るところまで来ました。


走行距離は約1万5千キロを示しています。

070220-02.jpg

走行距離を表す走行距離計ですが、私はそれだけで信用しません。
分解してクラッチを見たり、ブレーキディスクローターを確認し、
ホイールベアリングも確認します。
手近なところでは、グリップラバーやステップラバーも確認します。
ブレーキレバーやクラッチレバーも見れば色々見えてきます。
どの項目も一つでは大した情報ではありませんが、たくさん見れば
なんとなく見えてくるものです。
自分のバイクの乗り始めたときの走行距離を基準に、増えていく
走行距離と 痛んでいく部品を良く見ていれば、何かのときに参考になる
かもしれません。


800ccボクサーツイン 2バルブ

070220-03.jpg

キャブレターオーバーホール、タペットクリアランス調整、
スロットルバランス調整などですこぶる会長。違った「快調」


WPサスペンション

070220-04.jpg

サスペンションも分解して給油すると、動きがやわらかく、
しなやかになりました。


もうすぐ、暗くなるのでキャリア付けの作業を中断して明るいうちに
一度走りましょう。
ガソリンも、一度満タンにして試運転です。

070220-05.jpg

あれ?ガソリンをたくさん入れるとタンクの左側が下がります。
「取り付けがおかしいんですか?」違うんです、次の写真をご覧下さい。


これがベーシックのガソリンタンクの裏側です。

070220-06.jpg

実はGSベーシックのタンクの裏側は左右対称ではありません。
タンクの固定方法も簡単なので重い方に少し傾きます。


試運転に行きます。

070220-07.jpg

普段の試運転より緊張します。



ストップランプOK

070220-08.jpg

いざ出陣?


大切なバイクです。

070220-09.jpg

スタートしていきなり急カーブ。
しかも、オフロード!!


昔のオフローダー?失礼な!今も現役のトライアル大好き人間です。

070220-10.jpg

GSはオフ車だし軽量なので安心。


任して下さい、万が一でも軽量です。

070220-11.jpg

ほらね、無事曲がれた。


070220-12.jpg

いってきまーす。


070220-13.jpg

強くなり始めた、西日の中をハーフスロットルで確かめるように走る
R80GSベーシック。


070220-14.jpg

いつもの試運転コースを加速する排気音は普段聞きなれた
R1100、R1150各車より静かです


影法師

070220-15.jpg

一台で出たはずのベーシックが2台に見えるころ、ようやく試運転から
満足そうに帰って来ました。
この後 もう一人のスタッフも同じく試運転で、バイクのよく集まる
コンビニ(通称ヨノコン)まで行きましたが、残念ながらバイクは1台
もいませんでした。


UFO?

070220-16.jpg

珍しいR80GS Basicを取材にヘリコプターが来ました?それは嘘です。


070220-17.jpg

拡大するとこんなのでした。


無事に試運転が終了しました。

070220-18.jpg

取り付けが途中だったR80ST用のパニアステーを取り付けます。
左は問題なく完了。


右側です。

070220-19.jpg

問題は右側です、STのショックはもう少し細いのでキャリアは内側に
取り付けられるのです。
ホワイトパワー製ショックが付くベーシックは取り付けを外側に出す
工夫が必要ですが、フレームに穴をあけるのは、嫌なのでタンデムステップからステーを出しました。


070220-200.jpg

「上から見たところ、このにおいは屋内保管だね」
STにはまるで囲んだ部分に穴が開いているのですが
フレームは、加工したくないので違う場所からステーを出しました。


070220-21.jpg

上側も同じように外に出すためにスペーサーをいいれて対応しました


070220-22.jpg

「どうですか?」


070220-230.jpg

完成。


再びUFO?

070220-24.jpg

そのころ、夕日に焼けた空を再びヘリの編隊飛行が西に向かいました。


「またいつか会えるかな?」

070220-25.jpg

R80GSBasicが夜をすごすのも最後です。
明日には新しいオーナー様が迎えに来てくれます。
納車は、次回の日曜日の予定でしたが、完成をお知らせしたところ、
「すぐに行きたい」とのことで話がまとまり、あす水曜日に
R1150GSアドベンチャーで引き取りにこられる予定です。




ここで問題です。
明日、Basicを引き取りに 関東からGSアドベンチャーで来られます。
バイクは2台になりますが 一人で2台は乗れませんね。
どうやって帰るのでしょう。



答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え






画像掲載に際し、すべてご本人さまの了解を得ています。
ヘリコプターのパイロットには了解を得ていません、あしからず。

ドイツから来た木箱に入ったBMW 

業者オークションで落札した、遠方にある車両は契約運送業者で運んで
大阪府下の運送業者営業所(デポ)まで届きます。
ここが私たちがお世話になるデポ。
いつもたくさんのバイクが日本全国から届いたり、
送り届けたりしています。

070219-1.jpg

デポからは私たちの出番です。
私達と言っても実際に運ぶのは、今、読んでいただいているブログと
同じ名前の「エルフのしっぽ号」です。

古い軽トラックですが、私たちには大切な相棒で、
走行距離は17万キロを越えましたが、いたって元気です。
これで、大阪から岩手県や新潟県、福岡県などいろいろな地域に
納車や買取に出かけた思い出深い しっぽ号です。

クラッチとウォーターポンプは2回交換しています。
ホイールのハブボルト(ホイールを固定しているナットの相手側)も
何本か折れて交換しました。
やはり重量級のRTやRSを何度となく運ぶと金属疲労も出るのでしょう。

まだまだ、どこまで走れるか試すつもりです。



これは何でしょうか?・・・・
ELFmotorrad ではありません。BMW Motorradです。

070219-2.jpg

今回はBMW R1150RTを引き取りにデポへ行ったのですが
変わった形のオートバイを見つけました。
(まだオートバイの形はしていません)
BMWの文字が見えますか?

近づいて、書いてある荷札を読んでみると(でも一部読めない)
ドイツから来て、BMW日本から正規販売店に運ぶ途中みたいでした。

以前私たちが購入したホンダXR600のオーストラリア仕様も
木枠に組んだまま来たのを思い出しました。
XRはこんなに頑丈に、しかも完全に隠して来ませんでした。

XR600も輸出車両で、しかも、もう一度日本に逆戻りしているわけだから
同じレベルの梱包がしてあってもいいのに、BMWの方が金額が高い
せいでしょうか、かなりしっかりと梱包されていました。





070219-3.jpg

ようやく梅の花の咲く「山の中」まで帰ってきました。



ここで問題です。
木箱に入ったBMWはどんな車種だと思います?もちろん新車。


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え






BMW R1100RTシエナレッド 完成 

昨日最終作業をしていた、RTがほぼ完成しました。

070218-01.jpg

天候も午後から回復し、お日様が春のような日差しをくれたので
明るい庭で、撮影してみました。

室内の蛍光灯で撮影すると、ホワイトバランスの調整が難しく
なかなかそのものの色合いを表現できません。

070218-02.jpg

太陽の光は明るく元気なので色の表現にはうってつけです。
しかし、その強すぎる光は影を作るので、これまた厄介です。

新しく整備済みのBMWが仲間入り。

070218-03.jpg

次は室内でヤフーオークション用の写真を撮影します。



ここで問題です。
蛍光灯だとなぜホワイトバランスの調整が難しいのでしょうか?


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え







BMW R1100RT と フォードのムスタングV6 

以前入庫して整備をしていたR1100RTのシエナレッドがもうすぐ
仕上がりそうです。

070217-01.jpg

これが入庫時の写真です。綺麗な色でしょ?

まずカウル、ガソリンタンクも外します。

070217-02.jpg

カウルを外すと簡単に言いますが、部品点数は、いくらぐらいに
分かれると思います?
色の付いた部分だけで14点ぐらいになるはずです。
それを固定しているビス(ボルト類)は60本以上。
(頭の中で考えたので間違ってたらごめんなさい。)


セルモーターを取り外すとクラッチが少し見えます。

070217-03.jpg

隙間からノギスを入れてクラッチ板の厚みを計測して磨耗の程度を
確認します。
赤っぽく見える2枚の間に、挟まれた黒い部品がクラッチディスクです。
コレが薄くなり、粉がたくさん出てたりしているとクラッチディスクの
交換時期です。

クラッチディスクを確認したのは、セルモーターを取り外して出来た
窓でしたが、外したセルモーターはそのまま元に戻してはいけません。

070217-04.jpg

まずはセルモーターを分解しましょう。

上の写真の右の筒の中身がコレです。
何か、おかしなところが有るの分かりますか?

070217-05.jpg

セルモーターの回転力を作るのは、コイルと磁石と電気です。
その磁石は4枚が筒の中に貼り付けてあるのですが、そのうちの
一枚が割れて剥れかけているのがわかります?

少し前にも走行1万5千キロ以下のセルモーターのマグネットが
割れてバラバラになっているのを修理しましたが、今回、前回共に
セルモーターは普通に回っていました。

でもコレでは、いつエンジン始動不能になっても不思議ではないので
見つかってよかったです。


コレに今回は交換しました。

070217-06.jpg

オーバーホールしたセルモーターをいくつか用意してあるので
こんなときには重宝します。


コレはフロントサスペンションのうちのショックアブソーバーと
コイルスプリングです。

070217-07.jpg

この状態にしなければ、ショックアブソーバーの少しの遊びは
確認できません。
スプリングを外せば一番縮めた状態から、伸ばした状態まで
すべてテストできます。

外したアブソーバーの伸び縮みする部分です。

070217-08.jpg

オイル漏れやガス漏ればあればこの部分から出るときが多いので
外したときにここが濡れていたり、黒いゴミがたくさん付着しているようなら
要注意、私達は交換します。
幸いこのRTは異常なし。

フロントショックアブソーバーの上側のフレームに取り付ける部分で
部品の名称は「ソケット」です。

070217-09.jpg

ピンボケですが右に置いてあるのが新品です。

コレもピンボケごめんなさい。

070217-10.jpg

今度は逆でショックについているのが新品です。


「あーーーーー、ひま ひま ひまーーー」
『まあ、まあ、あきらめーな。』

070217-11.jpg

午後からは雪が降り出したので、この子達はお外に出してもらえません
でした。


R1100RTリアショックユニット一式

070217-12.jpg

左上の黒いダイヤルがプリロードアジャスターの調整ノブで締め込むと
細いホースを通ってオイルが右上の銀色の部品に流れ込みます。
締め込むにしたがって、円柱形銀色部品の高さが伸びて行きます。
今まで乗ったバイクのリアショックの下側にスプリングの強さを
調整する機構が付いていたのを思い出しませんか?
あれですよ。
工具なしで調整できるのがえらいですね。

同じくリアショックアブソーバーの大切な部分。

070217-13.jpg

ここもフロントと同じくオイル漏れなどを点検し、伸び縮みをさせて
ダンピングと遊びを確認します。


タペットカバー(ヘッドカバー)を外して、バルブクリアランス調整です。

070217-14.jpg

もちろん反対側も同じように作業をしています。
ここでよく見て頂きたいのですが、タペットカバーを外してヘッドは
パーツクリーナーなどで洗浄したわけではなく、オイル気を残した
そのままです。
スラッジなど皆無です。
さすがに新車価格は高額なので、オイル交換をマメに皆さんされるようで
エンジンオイルのひどい状態のBMWは今までにお目にかかったことは
ありません。
一度スラッジなどが焼きついたり、堆積したりすると、オイルを
交換するだけでは綺麗になる物ではありません。
しかし実用車で使用する4輪車の整備ではひどい状態の物を良く
見かけたものです。

下の写真は以前整備したフォード ムスタングのエンジンですが
先ほどお見せしたBMW R1100RTのエンジンの部分と同じ部分に
当たります。

070217-31.jpg

スラッジがこびり付いていますね。
ちなみにこのエンジンのシリンダーヘッドガスケットは抜けてしまい
オイルと冷却水が混じって自走不能でした。

取り外したムスタングのシリンダーヘッド。

070217-32.jpg

先ほどのBMWのシリンダーヘッドの色と比べると汚いですね。
そんなオイル管理だから故障するとも言えるのですが、それだけが原因ではありません。
V6エンジンなので比較的外しやすいですが、V8はエンジンルームが狭く
厄介です。

シリンダーヘッドを外したエンジンのシリンダー側。

070217-33.jpg

ヘッドガスケットが抜けている部分がわかるように青色で囲んでみました。

先ほどのヘッドですが少し変わりましたね。

070217-34.jpg

汚いまま取り付けるのは嫌いなので、少しだけ洗浄しましたが、なかなか綺麗にはなりません。
本当はここまでにするだけでもかなり苦労しています。


話をBMWに戻しますね

070217-15.jpg

ガソリンタンクが外れている間に普段、確認出来ない配線のジョイントや
ホースの取り付け、ABS本体に入っているブレーキパイプなどもこの時に
まし締めしたり、清掃したり出来ます。

ぼちぼち元に戻し始めますね

070217-16.jpg

ガソリンタンクを載せてガソリンホースを接続します。

ガソリンタンク右側

070217-17.jpg

RTのガソリンタンクは容量も多く満タン時には重そうですが
実際はかなり低い位置にまでガソリンを入れているので、重心は低く感じます。
ボクサーエンジンの利点でもありますね。

左側ガソリンタンク。

070217-18.jpg

左側にはオーディオを取り付けたりするストレージボックス
(キー付きの小物入れ)があるので、その分削られています。

070217-19.jpg

アッパーカウルも取り付けました。

右側ミラー取り付け部

070217-20.jpg

RTのミラーは脱落式です。
前から、後ろから、どちらから引っ掛けても脱落しますが、ウインカーの
配線が付いているので、転がり落ちないときもあります。

070217-21.jpg

スクリーン無しでは淋しいですね。



070217-22.jpg

「まもなくBMW R1100RTシエナレッドが完成だよ。」
『見に来ます?』




ここで問題です。
フォード ムスタングV6は、なぜシリンダーヘッドガスケットが
抜けてしまったのでしょう?


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え








写真掲載していませんが、これ以外にもたくさんの手間をかけて
整備し仕上げています。

070217-27.jpg

今日の夕方からは雪が雨になり暖かくなりましたが、午後10時ぐらいに
帰宅しようと田舎道を走っていたら、飛び跳ねるカエルを見つけました。
この真冬の2月にカエルを見たのは初めてで、先ごろ見つけたマムシと合せて季節の進み具合が変なのかもしれません。



いつものBMW R・・・・・じゃなかったK1 

早朝から、奈良県までK1を引き取りに出向きましたが、
途中渋滞に巻き込まれたりで大変でした。

070216-1.jpg

「おーい! ただいま。 K1といっしょに帰って来たよ。」


070216-2.jpg

「おかしいいな? いつもなら 店長エルフが出迎えに来るのに。」


070216-3.jpg

そのころ、事務所で待ちくたびれて すやすやとお昼寝中の二人でした。 



070216-4.jpg

車検、ミッション脱着オイル漏れ修理、塗装、などでお預かりしました。
私たちが販売したK1ではありませんが、オーナー様はF650GDにも
お乗りで、それがきっかけのご縁です。



ここで問題のないのは淋しいと思うひとは、
ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え






垂直対向2気筒? 

写真の縦と横を間違えたわけではありません。

070215-01.jpg

4輪の修理屋さんはエンジンをオーバーホールする際に
この手の工具を使用してエンジンを固定し回しながら分解します。

「フクちゃん何してるの?」
『BMWのエンジンを分解するんだよ。』

070215-02.jpg

エンジンとミッションが4輪車のように別体で構成されているので、BMWのバイクは4輪車用の工具が流用できます。

このエンジンスタンドで4輪のBMWやベンツのV8エンジンも固定して
回しながら整備できますが、さすがにバイクのエンジンは、そのまま使用できず、簡単なアダプターを製作して使っています。

こんな風に角度を変えて部品を外せるので下側にもぐりこんだりせずに楽な姿勢で作業が出来ます。

070215-03.jpg

片側ずつ、シリンダーを外します。



070215-04.jpg

左右のシリンダーが外れました



070215-05.jpg

オイルパンのパッキンも交換しますがエンジン裏側の部品交換も
裏返してエンジンに傷つけることも無いので安心です。



070215-06.jpg

取り外したシリンダーヘッドとシリンダー。「ツーバルブ」分かります?



070215-07.jpg

左右シリンダーをクランクケース側から見たところ。



070215-08.jpg

磨いたピストンとシリンダー。ヘッド側から。



070215-09.jpg

ピストンとシリンダー。ピストン裏側から。
左に見える丸い黒色のゴム部品も交換します。
2バルブBMWはこの部品が悪いとオイルが漏れます。



070215-10.jpg

さてこれは何でしょう?いつもの問題ではありませんが
最近はあまり見かけなくなりましたが、フォルクスワーゲンの初代ビートルです。
このエンジンも空冷の水平対向ですね。
今回分解しているBMWのエンジンもビートルも共にOHVです。
オーバーヘッドバルブ。
吸入、排気のバルブをプッシュロッドと呼ばれる棒で、動かすタイプです。
私たちが普段扱うR259シリーズのRTやRSはチェーンでカムを駆動し
カムから短いプッシュロッドでバルブを開け閉めしています。
カムシャフトがシリンダーヘッドの上側(水平対抗なので横)に
位置しているのでOHC、オーバーヘッドカムシャフトと呼ばれます。

バイクのBMW空冷エンジンとの大きな違いは2気筒と4気筒、
自然空冷と強制空冷でしょうか。
ビートルのエンジンはベルトで回す発電機の裏側に付いた大きなファンで
発生させた風をダクトを通して左右のエンジンに吹き付けて冷却し、
その冷却風を室内に引き込んで、暖房に使用しています。
R1100RTのウォームエアサプライシステムに発想似ていますね。
あー違いますね。逆です。R1100RTがアイデアを頂いたのかな?

070215-11.jpg

いずれビートルの向こうに見えるベンツのエンジンも分解予定なので写真撮影しますね。




問題です。
今回のワーゲンビートルは、生産国はどこでしょうか?
仙台藩、陸奥国ではありません。

答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え








春一番の空の色? 

一日荒れ模様の天候で、さすがにバイクは走っていませんが
早くも「春一番」が吹いたそうです。

春一番なんて聞くと、もうそこまで春が来ているような気になり
うれしくなります。

1-070214.jpg

写真は荒れ模様をもたらした寒冷前線が通過して、
雨が上がった直後の写真ですが、気持ち悪い色の空でした。
小豆色の雲、田んぼ、すべてに小豆を湯がいた水をかけたような
色でした。
ホワイトバランスが狂っていたのではありません。

10分ほどで、元に戻りましたが不気味な空の色ですね。



ここで問題です。
「春一番」とは、どんな風でしょう。

答えは、ブログランキングをクリックしてね。




右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え















気象庁では、以下の条件を満たしていた場合を春一番としているそうです。

 1. 立春から春分の日の間
 2. 日本海で低気圧が発達している
 3. 南寄りの8メートル以上の強風
 4. 強風により気温が上昇



BMW R1150GSご来店 

今日は朝から比較的ゆっくりとしていました。

070212-1.jpg

午後から、R1150GSにお乗りのお客様が来て下さり、
ゆっくりと整備などのお話しをすることができました。

バグスタータンクカバー、前後オーリンズサスペンション
エンジンガード、ナックルガード、社外スリップオンマフラー
など、多彩なドレスアップ部品たちだけではなく、
メンテナンスの際の消耗品なども部品のみ、当店でご注文になり、
作業はご自分でされる方です。

もちろん、手に負えない作業は私たちに依頼されますが、
そんな形のお付き合いも私たちは、以前の自分たちと重なり
懐かしく思うと共に、協力しようと思います。


落ち着いたら、また来てくださいね。



春近し?BMWもマムシもエルフに集う? 


1-070211.jpg

今日も天気が良くて気温も上昇、真冬とは思えないくらい、暖かくて
たくさんのお友達が来てくれました。
R1100S、R1100RS、R1200GS、R1200RT、
R1100RT、ホンダCB400、一度に撮影できたのは6台でしたが
このほかにも自動車のボルボで来てくれた人もいました。

その中で親子でBMWのRに乗られている方や、
ご夫婦それぞれご自分のバイクでお越しいただいた方もいて、
いい時代になったなと思います。



2-070211.jpg

お父さんのR1100RSに明るいライトのHIDを取り付けました。



3-070211.jpg

息子さんはR1100Sで今日は、お供です。
ちょっとR1150GSアドベンチャーが気になりますね。



4-070211.jpg

「天気がいいから散歩しようか?お父さん」
『散歩に連れて行けってか?』
「いこ!」



5-070211.jpg

「お父さん、蛇だよ。」
『こんな季節にか?棒切れやろ?』
「ちがうよ!!こっち見てる。頭の三角なヤツ。」
『アッ!さがれ!マムシや!!!』
「でもいつもみたいに動かないね?」
そうです、マムシだったんです。
それも、そこそこ大きなヤツ、噛まれると大変なことになります。
近所の野山には、たくさんの野生生物がいますが、
その中で毒を持つのが蛇のヤマカガシと、このマムシです。



6-070211.jpg

コレが去年敷地内で捕獲したヤマカガシの1年目の赤ちゃんです。
ヤマカガシの毒牙は口の一番奥なので噛まれてもめったに人間の皮膚に刺さることはないのですが、このマムシはいけません。
噛まれると必ずあごの最先端に付いた2本の毒牙が刺さり
命にかかわることもあります。
以前、私が飼育して観察した限り、シマヘビの方がよっぽど攻撃的で
マムシは自分から攻めてはきませんが、近所の犬が噛まれて大変な目にあったのを見ているので、店長にも思わず「さがれ!」と、
大きな声で言いました。

「お父さん、このマムシどうする?」
『どうしよ?』
近所に農家がたくさんある関係でここに置いておくわけにも行かず、
かといって 寝ぼけたマムシを踏み潰すほど白状でもないので、
少し離れた山の中に逃がしてきました。

午前中、お日様が照らす石垣から出てきたようですが
午後から日がかげり体温が下がって、動けなくなったようです。
夏場はたくさん蛇を見かけますが、真冬の2月に生きた蛇を見つけたのは、15年ほどここにいますが、初めてです。

皆さん豊能町をバイクで走るときには道路を横断する蛇にも
気をつけてください。
コーナリング中に踏むと結構危険です。
でもまだ今の季節は大丈夫です。たぶん。


問題です。  
第一問  マムシの毒牙は上あご?下あご?どちらに生えている?
第二問  マムシは生まれたときはどんな姿? ①さなぎ ②卵  ③小蛇 ヒント 蛇は爬虫類ですが・・・・・


答えは、ブログランキングをクリックしてね。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え







帰ってきたR80STのフレーム 


1-070209.jpg

以前、BMW R80STもフレームを綺麗にするために、
粉体塗装をお願いしていたのですが
そのときに私達がサンドブラストで古い塗装を落としたのが
この状態です。


「ねえねー。大きな箱だけど 何が来たの?ドッグフード?」

2-070209.jpg

『何やと思う?R80STのフレームや、小物類が粉体塗装から
帰ってきたんだ。』
「いつもの塗装と違うの?」
『簡単に言うと電気でフレームに塗料の粉を吸い付かせて、
そのまま熱く焼いて 粉の塗料を溶かして焼き付けるんだ。』
「どんなメリットがあるの?」
『とにかく強い、隙間にも入り込むから錆が出にくい。』
「ふーーーん。・・・・・・??? まあいいか、いいことなんだね。」


3-070209.jpg

『見てみ、エルフ。 こんな隙間までチャンと色が入ってるやろ。
車体番号の刻印の溝の中までしっかりと出来てるな。』



4-070209.jpg

コレが塗装前の状態。



5-070209.jpg

20年以上前の塗料をサンドブラストではがしたら地肌の鉄が
綺麗に剥き出しです。



6-070209.jpg

粉体塗装後はメーカーの新車出荷時よりも綺麗に見えるくらいです。


ここで問題です。
粉体塗装とパウダーコートとではどちらが優れているでしょう?

答えは、ブログランキングをクリックしてね。



右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え







今までにない特別な月曜日に、「東京ばな奈」 

「あーーー ひまだわ。誰か遊んでくれないかな。」
「お父さんは、新大阪にお客さんをお迎えに行っちゃたし
フクちゃんは、買ったバイクを引き取りに飛び出して行っちゃった。
私は、呼び出されたお母さんとお留守番」
「一人で大丈夫なのに。」

1-070205.jpg

『もうすぐフクちゃんが帰ってくるからね』


『ほら!エルフ!フクちゃん帰ってきた!行っといで!!』

2-070205.jpg

「お帰りー、遅かったね。」
『しかたないやろ、今日は2台やからな。ほんまは二人で行くところや」
「BMWじゃないの?これ・・・・」
『BMWとカワサキや』


「どれどれ・・・・」

3-070205.jpg

「こっちがビーエムダブル?」
『BMW R1150RT』


『さー降ろすゾ!』

5-070205.jpg

「気をつけてね。どっちから降ろすの?」
『カワサキから降ろすから後ろ見てくれよ』


そしてコレが今回、仲間入りした
「平成14年BMW R1150RT チタンシルバー」です。

10-070205.jpg

「左が私の父親違いの弟で、ゴンちゃんです、よろしくね。」

「バタバタとフクちゃんが、あわててバイクを降ろしていると、父さんがお客さんと帰ってきました。遠いところまでありがとうございます。」
「エルフのお店にようこそ」

7-070205.jpg

おみやげをいただいてしまいました。
「東京ばな奈って書いてあるね」
『そうだよ、関東から新幹線に乗って来てくださったんだ。』

午前10時過ぎにお電話をいただき、急遽ご来店いただくことになり、
新大阪までお迎えに行きました。
ココのバイク屋さんは新大阪から50分ぐらい、
大阪伊丹空港までなら40分ぐらいなのでお迎えには
ちょくちょく出かけます。

今回ご来店いただいたお客様はエルフのことも大好き、
ご自宅ではウェルシュコーギーペンブロークとくらしているそうです。
「一度、お会いしたいわ」

BMWをさがして大阪まで来ていただいた方なので
BMWはもちろんバイクが大好きな方で、私達が過去に
乗ってきたバイクにもたくさん乗った経験をお持ちでした。
かなり話して込んでしまいましたが、今日中に関東まで帰るとの事で
JRの駅までお送りし、再会をお約束しました。



ここで問題です。
再会できるときはどんな時でしょう?
  
答えは、ブログランキングをクリックしてね。



右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え



  ↓


  ↓


  ↓


  ↓


  ↓


  ↓


  ↓


  ↓


  ↓


  ↓


  ↓


  ↓

 

8-070206.jpg

今はこんなに立派になりました。

9-070206.jpg

もっと立派になりました。

いただいたお土産は、私は初めて食べましたが、
とても美味しかったです。
ありがとうございます。





BMW R1100RT ウォーム エア サプライシステム 

「今日の朝は寒かったね。」
「ちょっと待ってね、ごはんたべてしまうわ。」
「真ん中が私よ。手前が私を生んでくれたお母さんのモカ、
奥が弟のゴンチャンです。」

01-070202.jpg

朝おきたら雪が少し積もってました。
雪が積もったり、雨が降れば店長エルフは自宅待機です。
「だから今朝はみんなと一緒にご飯を食べてるの、天気のよい日、私は
お父さんと一緒にお弁当を持って仕事場へ出かけるの。」

寒い季節にバイクに乗るには「気合だー!!」と、むかし(若い頃)は
強がりを言っていましたが、やはり長時間のツーリングなどは
辛いものがありますね。
BMWにはグリップヒータの付いたモデルも多く私たちも出来るだけ
ヒーターの付いたBMWを選んだり取り付けたりしています。



もう一つR1100RTにはウォームエアサプライシステムと呼ばれる
機構が標準装備です。
下の写真は、納車前にお客様からご依頼のあった作業をしている途中の
BMW R1100RTです。

02-070202.jpg

HIDと、レーダー探知機を取り付けたりするために、カウル類を外してあります。この車両を使って、ウォームエアサプライシステムを説明させてもらいます。



アッパーカウルの中にエンジンオイルのオイルクーラーがありますが
その温風を利用しています。

13-070202.jpg


イラストはオプションの強制冷却のファンも書いてありますが、
日本仕様のノーマルにはファンは付いていません。
でも基本的な構造は同じなので参考に見てください。
1のオイルクーラーを通過した空気はエンジンオイルを冷却する代わりに
かなり温度は上がります。
その温風をダクトを通して寒い時期に、5Lと5Rのミラーサイドから手元に導くシステムで、必要の無いときには、レバーで切り替えて
4Lと4Rのカウル外向きに逃がします。



前から見たところですが右手前に見える塊はガソリンタンクです。

04-070202.jpg

右側吹き出し口ですが上下2箇所あるのが分かります?



左側を横から見ると、丸いスピーカー左横に縦長の逆三角形の
口が手の甲の部分を暖めてくれる温風の出口です。

05-070202.jpg

下側の半円形で奥にオイルクーラーのフィンが見えている口が
夏場に熱風をカウルサイドに逃がす口です。
下側からオイルクーラーが見えているということはこの状態は
熱を外側に逃がす夏仕様ですね。



06-070202.jpg

ココから夏場は外向きに熱風を逃がすので水冷エンジンのように
前から湧き上がるような暑さは少ないです。



07-070202.jpg

シルバーのレバーで切り替えてこの状態にすれば下から空気は出ずに
すべて上側のグリップ方向に向かいます。閉まっているのがわかります?



08-070202.jpg

吹き出し口はミラーの右横のメッシュになった部分です。
その右内側は標準装備でスピーカーが入っています。



09-070202.jpg

強制冷却ファンは付いていませんがオイルクーラーの後ろ側が
見えています



10-070202.jpg

お昼過ぎに雪が降りました。雪というよりもあられかな?



ここで問題です
作業場付近の今朝の最低気温はどれくらいだったと思います?


答えは、ブログランキングをクリックしてね。




右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え







BMW R1100RTのシルバー 

私はBMW RシリーズのカラーバリエーションはRシリーズの
性格をわきまえたよい色が多いと思いますが、何故かシルバーは
少ないです。
R1150RTにはチタンシルバー(カラーコード764)がありますが、
R1100RTにチタンシルバーは設定がありません。

91-070201.jpg

デジタルカメラでうまく色を表現しにくいですが、このRTは何色ですか?
銀色?シルバー?水色シルバー?
答えはグラッシャグリーンです。
名前の通り、薄い緑と銀色と表現したり、光の加減で水色シルバーに
見えることもあります。
シルバーの設定が無かった影響か、または販売期間が長いせいか
グラッシャグリーンの玉数は多く、まったく私の独断と偏見で
統計は取っていませんが、おとなしく乗ってもらった車両が多く、
代わりに走行距離が多い気がします。



先ほどR1100RTにチタンシルバーの設定は無いと
書きましたが 一年だけシルバーの名前の付いた1100RTが
販売されています。

02-070201.jpg

それがこの写真のRTです。
平成10年にBMW創立75周年限定車で販売されたもので、
アークティックシルバー(カラーコード839)です。
サイドカウルのRTエンブレムに控えめに75の数字が見えますね。
平成11年にR1100RTとR1100RSに限定色の限定車が
販売されていますが、この時はRTが150台、RSが50台の
台数限定でした。
それぞれのエンブレムは 「Reisetourer」 「Rennsport」でした。
限定色は パールホワイト カラーコードは999ですが、
この数字は パールホワイトをあらわすのでは無く「限定色」
を表すものでした。
したがってカラーコード999は他の色にも存在します。
平成10年の限定車は元々存在するアークティックシルバーなので
カラーコードは839の「限定車」です。 


どちらの色も私は大好きです。

03-070201.jpg

左がグラッシャグリーンで右がアークティックシルバー

いっそのことチタンシルバーも一緒に写真を撮ろうとしたら
サイドカウルが外されていたので、カウルのみの参加です。

04-070201.jpg

手前がグラッシャグリーン、
奥が限定車、下のカウルがR1150RTのチタンシルバー
色の濃さは、アークティックシルバー、チタンシルバー、グラッシャの順番で濃いです。




ここで問題です。
下の画像に写っているものは、何でしょう?
みなさんも、知っている名前です。

Q1-070201.jpg


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え