| elf |

月別アーカイブ

 2009年07月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬に向けて 

8月1日と2日は臨時休業です。




この部品は4輪車の発電機です。
私が自家用で乗っている、マツダのフレンディーの中古の
発電機です。

家内が乗っていたときに、初めての症状が出ました。
01-090731.jpg


エンジンが回っているのに左の赤い
バッテリーの形をしたチャージランプが点灯したり
点滅したりしだしました。
02-090731.jpg

タコメーターの針が、エンジンがかかっていることを示していますが
ランプは点灯したままです。


本来はエンジンキーをONにすると、点灯し
エンジン始動後に消灯すれば正常です。
03-090731.jpg
今回は、エンジン始動後に一度消灯し、しばらくすると
点滅したり点灯したままになるのです。


連動するように、燃料フィルターに付いている
水溜りの警告灯も点いています。
04-090731.jpg
これは発電機を修理すれば
同時に解決するはずです。

この時に室内の電圧計を見ると?
05-090731.jpg
11.8Vしかありません。
本来はエンジンがかかっていれば、13ボルト以上は出てくるはずです。
06-090731.jpg

車の電気屋でオーバーホールも出来ますが、今回は
出て行く予定があり、あわてて中古部品を入手です。

で、先ほどの中古発電機はヤフーオークションで落札した物です。

交換するに当たり、先ずはバッテリーのマイナスの端子を
バッテリーから取り外し、作業中のショートによる発火を
防止します。
07-090731.jpg


08-090731.jpg
センターコンソールを取り外し、
09-090731.jpg

助手席側のシートを上に跳ね上げると、エンジンルームが
見えます。
左に見えるアルミ色の丸いのが発電機。
10-090731.jpg

こいつです。
11-090731.jpg
以前に、オーバーホール済みの
発電機に交換していたのですが、寿命が尽きたようです。
交換後すでに14万キロを走行しているので、仕方ない
気がします。

ちなみにこれはターボチャージャー。
12-090731.jpg

発電機が外れました。
13-090731.jpg

発電機の下には、エアコンのコンプレッサー。
14-090731.jpg
次はこの部品が壊れそうな気がします。
取り外した発電機と今回購入した
中古の発電機ですが、綺麗なほうが壊れた発電機です。
15-090731.jpg
これを交換すれば復活できるので
白馬に乗っていけそうです。

8月1日と2日には、白馬47スキー場で、BMWのイベントがあります。
今回はバイクではありませんが、参加しようと予定しています。

バイク屋のスタッフのフクチャンも、参加です。
「はよ車検受けな、まにあえへんやんけ!」
20-090731.jpg

本来は、来年のGSチャレンジに参加するために
用意していた車両なんですが、今回の白馬に
持ち込んで、可能ならヒルクライムに出てみようと
相談しています。
23-090731.jpg

無事に車検も完了して、ナンバーも付きました。
24-090731.jpg

ナンバー付いたので、近くのダートの空き地で
KTM950エンデューロRと乗り比べです。
25-090731.jpg
どっちが早いかは、明らかにKTM。
カウンターでアクセルを開けたときの、前へ出て行き方が
全然違います。
「まあ~ 重量も違うし、しゃーないな」

自走で行こうとの話しは・・・・
26-090731.jpg
出ませんでした。

ガスガスでも遊びたいので、2台は乗っていけません。

私は土曜日のみ参加で、
フクチャンは土日参加です。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!


スポンサーサイト

朝から雨です。 

今日は朝から雨が降ったり止んだりで
はっきりしない天気でした。

少し前になりますが、こんなR1100RTが来店されたことがあります。
後方から追尾されると、「ドキッ!」とするカラーリングです。

01-090727.jpg
ちょくちょくお越しになりますが
とても大切にされています。

こちらも同じく大切にされているR1100RTですが
こちらに追尾されても、驚きますね。
ペイントや装備品の違いを除いて、車両そのものの違いに
気が付きますか?
02-090727.jpg
分かりにくいですが、
これならいかがでしょう?
03-090727.jpg

04-090727.jpg
フロントホイール。

これもR1100RTですが、エンブレム以外に
違いに気づかれましたか?
05-090727.jpg
キャストホイールと、スポークホイールです。

これはキャストホイールのタイヤですが
タイヤのサイズを見ると・・・
06-090727.jpg
120/70 ZR17 と書かれています。
でもスポークホイールは18インチなんです。

18インチの写真を撮影し忘れたので、
これで確認できますか?
07-090727.jpg
親指の入り具合で、どの程度違うかが分かります。
親指にフェンダーの影が見えますね。
親指とフェンダーに隙間があるのです。

18インチになると、私の親指は無理やり入れなくては
入りません。
08-090727.jpg
直径で1インチ、2.54センチの違いですが半径になるので
これくらいの違いにしかなりません。
でも少なすぎる気もしますから、タイヤの扁平率の違いも
あるのでしょう。

外見上は、ほとんど気にならないと言うより
言われなくては分からない程度です。
09-090727.jpg

R1100Rロードスターにも一部の車種に
スポークホイールの採用された車種がありますが
パーツカタログにはR1100RTのスポークホイール
出てきますので注文すれば入手できるはずです。
001-090728.gif


10-090727.jpg

スポークかキャストかは別にしても、後方からこられると
道を譲りたくなるのは、私だけでしょうか。
11-090727.jpg


もう一台、私たちにとっては珍しいバイクです。
少しの時間ですが、お客様のご好意に甘えて
二人で試乗中です。
12-090727.jpg
微かに乾いた排気音が聞こえます。

フクチャンが帰ってきたようです。
13-090727.jpg


14-090727.jpg

何見てるんでしょうか?
15-090727.jpg

立ち上がってみたり。
16-090727.jpg

どうだったんでしょうか?
私は先に乗せていただいたので、フクチャンの
感想を代弁すれば、
17-090727.jpg

「いやー 面白いエンジンですね。」
「車体も想像以上に軽い!」
18-090727.jpg
にやけた顔が物語ってます。
ひざの曲がりがやけに小さいですね。
19-090727.jpg
ひざが伸びても、地面まで届くかな?


到着。
24-090727.jpg
無事に降車出来ました。

シートの高さが私たちには
高いので、他人様のバイクでは気を使います。


どんな感じになるかと言うと・・・・

「よぉっ ニュートラだして、」
20-090727.jpg


「サイドスタンド出してっと」
21-090727.jpg

「あらよっと。」
22-090727.jpg

「それっ!」
23-090727.jpg
こんな感じになります。

24-090727.jpg
私もフクチャンも身長は170センチはありません。
降りてからもシゲシゲト見てしまうマシンですね。
25-090727.jpg
乗った感想?
私の感じたことを書けば、
基本的には良く出来たR1200シリーズのエンジンです。
でも、バランサーが無いためでしょうか、
エンジンに荒々しさを感じます。
パワーも出ているのでしょうが、車体の軽さが
加速にもかなり影響しているようで、R1200GSに比べると
はるかに軽く加速していきます。

エンジンの速さだけを求めれば
国産のロードバイクのほうがはるかに早いですが
オフロードのジャンルに分類されるHP2エンデューロなので
比べるとすれば、KTM950エンデューロRぐらいでしょうか?
42-080404.jpg

KTM950エンデューロRにも乗る機会がありましたが
早いのはKTM950エンデューロR。
エンジンはスムーズでパワーの出ているのも
KTM950エンデューロR。
41-080404.jpg

乗って軽いのはHP2。

でも、私ならオフ車として所有するならと考えると
かなり迷いますが・・・・・
HP2かな~。

でも、KTMのエンジンも捨てがたい気持ちよさです。


「もう一回またがってもいいですか?」
26-090727.jpg








右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!


その時、ペンギンは眠るのかな? 

7月22日は大阪では部分日食が観測できるはずなのですが・・・

早朝まで雨が激しく降り、川は増水、
建物の中は雨漏りで、水浸し。
ほとんど集中豪雨でした。

001-090722.jpg
午前9時44分から欠け始めるので
このとき既に、10時10分。

雲が流れています。
002-090722.jpg



皆で見逃さないように、上を見上げていますが
雲にさえぎられて、なかなか見えません。
003-090722.jpg
この日集まった観測スタッフは、
5月から準備をして待ち構えていた約一名を筆頭に
バイク屋のスタッフを含めて、5名。

5月から準備していたのは?・・・
004-090722.jpg
このメガネ。
説明の本が付いて、確か1200円ほど。

私の準備は?
これです。
005-090722.jpg
電気溶接の際に使用する お面。
これも紫外線をほとんどカットしてくれます。

「なにしてんの~?」
006-090722.jpg

「あそんで~やぁ」
007-090722.jpg

『やかまし~! あっちイケ!!』
008-090722.jpg
違いますよ。
猫好きの方なので、それをモッチャンも知っています。
頭を擦り付けて、甘えているんす。


「あっ!!  でたっ~!!」
009-090722.jpg
この時、午前10時42分。
日食の始まりから、ほぼ1時間が経過しています。
010-090722.jpg
そのときがこれくらいの欠け具合です。
「おっしゃー みえたがなー」
011-090722.jpg
みんな写真は?
「おっ! ほんまや 写真 写真と」
012-090722.jpg
携帯電話かいな?

では僕はデジカメを。
013-090722.jpg

その後、雲に隠れて見える時間は少ないのですが、
雲間から時折、かけた太陽が顔をのぞかせて
天空のショーは進んでいきます。

この写真の時が、午前11時4分で、
大阪での日食のほぼ一番進んだ時間帯の写真です。
014-090722.jpg
平常時の約18パーセントの太陽です。
しかし思ったほど、景色は暗くならないものですね。
写真では空は暗く写っていますが、実際は普通の
曇り空でした。

以後、時間と共に。

11時17分。
015-090722.jpg

11時20分。
016-090722.jpg

この後は、雲に覆われて見えなくなりました。
017-090722.jpg
大阪では最終午後12時22分までは
観測できたはずです。

写真は写っているのかな?
018-090722.jpg


「そんなん なにがおもろいねん?」
019-090722.jpg
動物園のペンギンは日食のときに眠るそうですが、
モッチャンは特に変わった行動はとりませんでした。

フクチャンの車の上で、あきれるモッチャンです。

今回の日食には、観測用のメガネや、溶接の面を用意していましたが
雲にさえぎられた太陽の光には、役に立たず、結局肉眼で見ていました。
020-090722.jpg
この写真は、日食が始まって早い時間に
溶接の面を通して撮影したものです。
時刻は10時20分です。

次の皆既日食は、日本では26年後だと
言われていますが、 金環日食が3年後に
日本で見ることが出来ます。

しかも、今回の皆既日食で長時間、皆既日食の状態に
なると話題になった悪石島のように
金環日食の中心が東京を通過します。
大阪府豊能町は金冠日食になる北限なので、
和歌山県の潮岬付近に見に行きたいものです。


日食のこの日、自宅に帰るとこんな葉書が?
021-090722.jpg
実は、7月19日に アマチュア無線の
3級の国家試験を受験
してきました。
当日の朝、申し込みの午前中試験、その後当日合否の発表がある
特別な日でした。

通常は2ヶ月以上先の試験を事前に申し込み、受験料を支払い
指定の受験会場に行き、合否発表は後日の葉書によるものです。

しかし今回は、 「関西アマチュア無線フェスティバル2009」
イベントの一環として、特別に当日申し込みの当日試験、
合否発表の受験する側にはとても
都合の良い国家試験でした。
3級と4級、アメリカのアマチュア無線の資格試験も
土曜日、日曜日の、両日行われたようです。

試験の受付は、早いもの順の60名なので
9時30分受付開始のところ、8時に着いたのですが?
022-090722.jpg
既に25名ほどの人が、並んでいます。
学生服を着た、高校や中学の無線クラブの生徒さんと、
引率の先生と思われるグループも見受けられます。

私たちは、友人1名と私、私の家内の3人です。
土曜日には4級を受験された2名は無事に合格されました。


車を駐車場に入れたのですが、無線のイベントに
来ている車らしく、皆さんの車のトランクや
天井に沢山の無線アンテナが取り付けられており
ハリネズミのようです。
023-090722.jpg
モミジマークの車のトランク、ボンネット、天井と
6本のアンテナがついています。

3級の試験時間は1時間10分ですが、
私たち3人は時間までに退席、
フェスティバル会場を見学に行きます。
024-090722.jpg
地球の周回軌道を飛んでいた
アマチュア無線の人工衛星の、
門外不出の模型です。

「なんだ? 模型か。」
なんて言わないで下さい。
本物は役割を終えて、宇宙に漂ったままなのか
速度を失って、大気圏で燃え尽きたでしょうから。

当日合否の発表があるのですから、見て帰らないと
いけません。
見なくても先ほどの正式な合否の通知が
葉書で来ます。

受験番号は私は6410021 
家内が6410022
025-090722.jpg
共に暫定ではありますが合格していました。
「もう一人の友人?」
もちろん合格していました。
簡単だったそうで、問題が配られ見た瞬間、
微笑が出たそうです。

60名の定員に、60名の受験で
10名の番号が無く、不合格だったようです。
026-090722.jpg

これが先ほどの、後日送られてきた葉書ですが・・・・
紙をめくると?
027-090722.jpg
やはり合格してました。
これが正式な合否の発表だそうです。


ちょっとここで問題です。
下は3級アマチュア無線の法規の問題です。
画像クリックで拡大できます。
28-090722.jpg


こちら3級アマチュア無線の工学の問題です。
画像クリックで拡大できます。
29-090722.jpg

結構難しいでしょう?

でも3級も4級もこのあたりの問題は、
違いがありません。
違いはモールスと国際法規の問題が入ることでしょうか。

難しい問題ではありますが、こんな本が出ています。
これは実際に友人が勉強したものですが
「もう必要ないから、誰か必要な人にプレゼントして」と
置いていきました。
30-090722.jpg

内容を見てください。
31-090722.jpg
先ほどの試験に出ていた問題が
そのまま出ていますね。

と言うより、3級と4級の試験は、ほぼ過去問題から出ます。
万が一新しい問題が出されたら、あきらめて4つの例から
適当に選んでおきましょう。
当たる確立は1/4ですから。
その問題を落としたとしても、過去問をクリアできれば
合格します。

今回受験した3名すべて、工学の問題なんて
ほとんど、チンプンカンプンです。

でも覚えれば合格です。
出題される問題と答えが分かっているのですから。


日食のあった日には、バイク屋の山側の
竹や雑木を刈りに入りました。
15年ほどここで仕事してますが、初めてのことでした。
32-090722.jpg

ついでに屋根の上も掃除しておきます。
33-090722.jpg


日食の起こるような、日には変わった事が出来るのか
したくなるのか不明です。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。

    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!



あってはならない事 

うそみたいな、本当の話です。

先日2バルブのエンジンを分解していたときのことです。
いつものように各部品に分解して行きます。

01-090716.jpg
シリンダー、フライホイール、発電機などが
見えます。

こちらは、クランクケースの中に入っている部品。
02-090716.jpg
クランクシャフト、カムチェーン、
カムギアに付いたカムシャフトが少し写っています。

それらの部品を取り外した、クランクケースは
アルミ製。
03-090716.jpg
左後方より見ています。

シリンダーヘッドや、シリンダーをクランクケースから
取り外すと、こんな形になるのですが
本当はスタッドボルトという、長いボルトが残ります。

下の写真をクリックすると取り付いたままのスタットボルトの写ったブログが出ます。



取り外したボルトがこの中にあるのですが・・・・・
右も左にもネジが切ってあります。
04-090716.jpg
真ん中の4本が片側シリンダー用です。
ちなみに、手前2本のアルミ色の棒は?
これは、プシュロッド。

でも、スタッドボルトの先端のネジ山がきってある部分が
一本変ですね。
05-090716.jpg
これは、スタッドボルトをクランクケースから
取り外して抜く際に、今回の作業で付いたものです。

拡大してよく見ると、小さな凹みがあってそこから先が
ねじ山に傷みが見られます。
09-090716.jpg

通常はボルトがこんな状態だと、相手のねじ山も
かなり痛んでいるものです。
しかしいかがでしょう?
4個のボルト穴の、右上ですが?
06-090716.jpg


07-090716.jpg

拡大しても、ねじ山は痛んでませんね。
07-090716-1.jpg
でもそこに、上から穴が開いているのが見えます。

実はこの穴なの中に・・・・

こんな物が入っていました。
08-090716.jpg
ドリルの「キリ」の先端ですが
折れています。

通常はこんな形で、細いものから太いものまで
色々なサイズがあります。
10-090716.jpg
     真ん中は・・・・・
分かりますね?  鉛筆です。  念のため


先ほどの小さな穴は、エンジンオイルが出てくるための
オイルラインです。

想像ですが、エンジンを製造した際にオイルラインを
加工するのですが、その最中にドリルが折れたのでしょう。

このエンジンが、過去に分解された経歴の無いことは
分解前の点検で確認していますので、
車両組み立て後に、オイル交換などの
作業でオイルラインに入ることは考えられないので
エンジン製造時から入っていたと考えるほうが自然です。

オイルラインに残った「キリ」の先端は、エンジンオイルの油圧で
スタットボルトに何度も衝突し、長い期間をかけて
スタットボルトに凹みを付けたようです。
09-090716.jpg

その折れ残ったキリが、スタットボルトに干渉した状態で
スタットボルトを回し抜いたので、キリがスタットボルトに
傷を付けながら抜けてきたのでしょう。

だから珍しく、相手のアルミのケース側に
傷みが見られないようです。

長い期間ドリルのキリを使うと、必ず折れるものです。
メーカーのドリルは定期的に交換しているはずですが
こんな事も起こるのですね。
キリが折れることは、あると想像しますが
折れたキリを回収しきらなかったことが
今回の原因であり、回収しなかったのは
人間ですね。

今回見つかってよかったです。


でも、メーカーはドリルを手で持って
開けるようなことはしていませんよ。










右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!

少し おそい 蛍 

夜遅く、ゴールデンレトリバーの子犬の
コハクを散歩に連れ出しました。

水田をわたる かすかなざわめきと、
見えない流れのせせらぎ。

暗闇に、招くように淡く点滅する光。

「コハク、  少し おそいけど、ホタルがいてるよ」


手をのばせば届くほどの、木の上に
一つの命、二つの命、・・・みんなで四ひき。
夜遅いためか、飛ばずに光ってます。

一番明るい元気な光が飛び立ち、
コハクのまわりを 「 ふわり  ゆらり 」

やさしく見つめるコハク。 




   私が手を差し出すと
   袖にとまり 光ってます。

「元気だよ。」

私には、そんな光に感じました。



実は、前回ブログの東北から、
帰宅した当日の六月二十二日深夜、
ゴールデンのゴンちゃんの
容態が悪化し、翌朝に亡くなりました。

少し前から悪かったのですが、
薬が効かず、悪くなる一方でした。


私が帰るのを待っていてくれたのでしょう。
元気そうな笑顔で迎えてくれ・・・・・・・

さくらんぼなんて買わず、
もっと早く帰るべきでした。

03-090715.jpg

「まさか、まだ大丈夫だろう。」
尻尾振って喜ぶし、
私に着いて事務所にも来ていたので
楽観視していました。

そうであってほしいとも思っていました。


でも、  ゴンちゃんの砂は残り少なかったんです。
05-090715.jpg

私に向けての笑顔は、
いっぱいいっぱいだったんでしょう。


02-090715.jpg
          5月の写真です。

エルフやアルルが居なくなったときに、
いつも私の傍らに、無邪気な笑顔で
寄り添い、慰めてくれたゴンちゃん。

ホタルの季節に、我が家で生まれ、
ホタルの季節に、逝ってしまいました。



ゴンちゃんはエルフ、アルル、モカ、コハクまで、
すべて知っています。

   先に亡くなって、今居るコハクを知らないみんなに
   ゴンちゃんがコハクを紹介してくれたのかな?


ゴンちゃんの生まれた季節に、
毎年光るホタルは、好きでしたが、
来年 会うホタルは・・・・
01-090715.jpg


「君は、我が家に来て幸せだった?
私は君と、もっと たくさん たくさん
遊びたかったよ。」

やろうと思えば出来たのに。

コハクには精一杯尽くすからね。
04-090715.jpg



しばらくブログをお休みしていましたが
この話から書きたくなりました。


ゴンちゃんを可愛がっていただいた皆様、
ありがとうございました。