| elf |

月別アーカイブ

 2011年05月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝屋川の陸運局は混雑。 

バイクの名義変更に来ましたが、えらい混雑です。

車検のラインは、普段と変わらない並び方ですが、室内の待合室は混雑です。


4輪の登録が多いようですが、バイクもかなりの台数が名義変更や新規登録に来ています。


売れる時期なのでしょうか?

20110530164005.jpg

     一時間チョイ待たされました。

スポンサーサイト

入庫情報 BMW R1150GSアドベンチャー 

新しく車両が増えました。

平成14年登録イチゴのアドベンです。

01-110530.jpg


走行は22100キロを超えたところ。
02-110530.jpg


写真では点灯させていませんが、ロービームにHIDが付いています。
03-110530.jpg
(純正品は設定が無いので社外品です。)

純正のグリップヒータは当時オプションでしたが、装着されています。
04-110530.jpg


05-110530.jpg


06-110530.jpg


07-110530.jpg


シートは純正のローシート。
08-110530.jpg


現在の車両の状態を入庫後簡単に確認しましたが、大きなトラブルは抱えていないようです。

しかし、細かな整備は必要なようです。
09-110530.jpg
この写真は今日撮影しましたが、特に違和感は感じませんが・・・

昨日持ち帰った状態で確認した所?
10-110530.jpg
フォークのオイルシールからにじんで出ていました。
雨で濡れたので良く分かります。

リアのブレーキパットも交換時期が来ていますので、納車までには交換予定です。
11-110530.jpg
パットの向こうのディスクローターが見えています。



車検は平成24年7月26日まで。
ABS付き、グリップヒーター付き、パニアケース付き
サーボブレーキ無し。

新しいオーナー様をお待ちしています。





金曜日は? 

月曜日は、お店をスタッフのフクチャンにお願いして、お休みを頂く事の多い私ですが、前回の月曜日は
「なんだかんだ」で
一日事務所にいました。


なので明日27日の金曜日は私は留守にします。


もう一人のフクチャンは居ますから、遠慮なくお越しください。


   とは言っても、


   入梅。



   でもお待ちしていますよ、車でどうぞ。


   もちろんバイクででも。


  



        私のあしたですか?



    軽トラの「しっぽ号」で・・・・・ うーーーん。



      まだ内緒!!


もう少ししたら、アマチュア無線機から出す電波で、現在地を表示するので、APRSで検索してください。

       ↓
      JO3REH-9

  遊びに行ってきまーーす。



山の中にいる者は ? 



DSC_0012.jpg

この方向に 今年初めての春蝉の声を聞きました

夏に聞こえない、独特の音色です。
数は少ないのですが、毎年この時期に登場してくれます。

短い期間ですが、この春初めて聞いたので、まだしばらく聴けるはずです。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

のどかやわ~~・・・ ほんま。 


「ほれぼれ」するほど田舎です。


5月24日気持ち良い

もう少しでホタルも出てくるよ。




以下業務連絡。
R1100Sは通常の1100シリーズが5速ミッションに対して、1150シリーズと同じく6速を使っています。
しかし、数少ない弱点の一つのファイナルケースのシールからのオイル漏れは、発生します。

01-110524.jpg


オーナー様にはお分かりですね。

02-110524.jpg


作業は進んで、車検のみになりました。
03-110524.jpg


グリップの部品が、まだ来ませんが水曜日には入荷予定です。

ミッション側からの漏れは有りませんでした。
04-110524.jpg


でも、ファイナルギアケースのオイルが、とても少なかったです。
05-110524.jpg

このブーツを外すと、オイルが「タラーーリ」出ました。
06-110524.jpg


この奥にシールが入ってます。
07-110524.jpg


既に組みあがっています。
08-110524.jpg

週末には問題ないはずです。

画像は車両を特定出来にくいように、少し加工しています。


のどかなんですが、もう少しでGSチャレンジ。

お客様のバイクや自分のバイクで
イロイロいそがしいので、雨ふるな~~~!!





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!


雨の月曜日 

5月23日月曜日は、朝から雨模様で時々強く降りました。
愛知県から大阪の 山の中 まで修理にお越しいただく予定だったお客様も、中止になってしまいました。

お会いできず残念ですが、次回のご訪問をお待ちしています。


        雨の夜はかえるの大合唱。



この時期の夜は、まだ肌寒いので事務所の窓は閉めていますが、窓を開けると、今を盛りと鳴いています。



ゴールデンレトリバーのコハクとイブキを連れて、少し歩きましたが山道に入るとフクロウの声が聞こえます。

        who~  who who~~
              参考画像です


26秒に 「ふーー」  30秒に「ふーーふ、ふーー」

それ以外にも 「ふー」  「ふーーふ、ふー」 と鳴いていますが、わかりにくいですか?

小さな声なので、ボリューム上げて聞いてくださいね。

「はーー  はーー 」と聞こえるのはコハクかイブキの息使いです。








右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!


BMWのエンジンがかからない・・・・・ 

ゴールデンウィーク期間中に岐阜県に2度遠征に行きましたが、
2度ともBMWのバイク自身のトラブルでした。



1度目は、2台のバイクで家族旅行中のR1100GSが、
「走行中ガス欠の様なエンスト発生、雨によるリークかな?と思いつつ再始動は問題なし。しかし5分ほど走ると再発。」
こんな電話での説明でした。

ガス欠に似た症状との事ですが、プラグに点火する電気が切れても似た症状になることも有るので、簡単な点検方法として、下記の方法をアドバイス。

タコメーターの針に注目。
ガス欠の状態になれば、タコメーターが正常に働いている車両なら、走行中は当然針は走行速度とミッションのギアに見合った回転数を差しているはずです。
時速40キロでクラッチを繋いだままエンストすればアクセルを開けても速度とパワーは出ませんが、エンジンブレーキが掛かった状態で、タコメーターの針はエンジン回転数に見合った下がり方をするはずです。

00-110521.jpg


しかし、点火系の一部の部品が壊れた時には、タコメーターの針はエンジンが回っているにもかかわらず、下まで落ちている時があります。
この時に先ず私が疑うのはイグニッションパルスセンサーとBMWでは呼ぶ部品です。
メーカーによってはイロイロな呼び方で言います。
クランキングセンサー、ピックアップコイル、ピックアップセンサー、ホールセンサー、などなど。
過去にもこれについて書いていましたので、見てください。
    ↓
「R1100GSの災難」
http://elfnoshippo.blog85.fc2.com/blog-entry-686.html


「BMW R1100RS、トラブルの原因」
http://elfnoshippo.blog85.fc2.com/blog-entry-127.html



でもみんな仕事としては、プラグに点火するタイミングを決める為の基準になる信号を取り出します。
実際に点火するタイミングは、エンジン回転数、アクセル開度など、他の条件と合わせて考えて行いますので、センサーが信号を取り出したタイミングが点火のタイミングそのものではない車種も多いようです。

ガス欠しても、クラッチを繋いだままにしておけば、タコメーターの針はエンジンが回っている時間は上がっているのは容易に想像できるはずです。

エンジン始動時、セルボタンをオンしてクランキングしている時も正常ならタコメーターの針は下の方で少し動く場合が多いです。
車両により違いが有るので針が動かなくてもエンジンが掛かる車両もあるので普段の状態を確認しておけば、万が一の時の判断材料の参考になるかもしれません。

今回のGSは電話で相談以降、走行できる状態までならず、タコメーターを走行中のエンスト時確認は出来ませんでしたが、セルモーターでのクランキング時にはタコメーターの針は上がら無かったそうです。

この時の様子はご本人様の下記ブログに掲載されています。(ご本人様に許可を得ました)
    ↓
今回ツーリングの様子。
http://homepage3.nifty.com/OVER2/

後日オーナー様自らの修理。
http://homepage3.nifty.com/Over-Stone/GSPICUPKOUKAN.htm




その次の2回目の岐阜県は、BMW R1100RTのセルが回らずで、エンジン始動できず。
オーナー様はバッテリーの老朽化を以前から気になさっていたので、セルが回らなくなった原因を先ずはバッテリーと思い、JAF(日本自動車連盟)の応援を依頼されましたが、始動出来ずでした。

その際の経緯は下記URLのブログに書きました。
       ↓
  「岐阜出張、長野納車と温泉。」
http://elfnoshippo.blog85.fc2.com/blog-entry-1069.html



私は、その日の予定を済ませれば何処へでも行くことの出来る身だったのですが、時はゴールデンウィーク真っ只中。
道路情報を確認すれば「名神高速 関が原より60キロ渋滞中」。
他にも断続的に彼方此方渋滞の情報です。

大阪から岐阜県奥飛騨温泉郷までは、何時間かかるかまったく予想が付かない状況です。
過去にも、イロイロな理由で何度か遠方への車両の引き取りに出かけた事も有りますが、オーナー様の事情が許せばご近所で時間を潰して頂いて、一緒に帰って来ることもありました。
山口県、岡山県、長野県、などですがご本人様が待ち時間を気にされなければ可能ですが、さすがに今回は予想の付かない到着時間ではそれも許されず、奥様のお迎えの車を依頼されました。
少し時間をずらして渋滞が少なくなる時間帯を狙って出ることにしました。


RTとオーナー様は、せっかくの日帰ツーリングが故障の思い出になり残念です。
私側から見たブログは上記リンクですが、RTのオーナー様のブログが下記リンク先のありますので、オーナー様からの目線で見たブログも読んでみてください
     ↓
酎の遊び方 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/skrsbna/20055328.html
(オーナー様からの了解も得ました。)



持ち帰ったセルモーターではありませんが、似た症状のセルモーターを分解したので写真に写してみました。

外観は4輪用のセルモーターと、ほぼ同じ形です。
01-110521.jpg


分解しようとすれば、こちら面から作業にかかります。
02-110521.jpg
真ん中に見えるギアがエンジンの後ろ側に付いているギアに噛みこんで、エンジンを回して始動させます。
星型みたいな工具のトルクスが必要です。


トルクスのボルト4本を抜くと、フロント側のケースが取り外せます。
03-110521.jpg

左のギアはエンジン側に噛みこむ「ピニオンギア」、真ん中に写っているのは、「ワンウェークラッチ」。
04-110521.jpg
セルのピニオンギアは停止しているエンジンに回転を与えますが、エンジン始動後にはエンジン側から高速の回転を受けることになります。
セルからのクランキングの回転数は頑張っても500rpmはいかないので、始動後アクセルが開いていて2000rpmまで回ればセルモーターは内部が破損してしまいます。
そんな事にならないように、セルからエンジンには力が伝わりエンジンからセルには空回りするための部品です。
エンジンが掛かってからセルモーターがエンジン側から回転させられるのを防ぐ目的でこの部品は必要です。

しかし、ワンウェークラッチが付いているとは言え、常時そんなことしていればワンウェークラッチも壊れるので、必要の無い時にはピニオンギアをリングギアから抜きます。
と言うより、セルモーターのボタンを押したときだけ、ピニオンギアが飛び出し、セルボタンを放せばギアが収まるのが正常です。

しかし、セルボタンを長く押し過ぎたり、セルの不調でギアが戻りにくかったり、戻らないときにはワンウェークラッチが必要です。

手前に見えるのがマグネットスイッチ。
05-110521.jpg
セルボタンを押さえると、手前のマグネットスイッチに電気が来て、銅色の筒を右側に引っ張ります。

引っ張られると、レバーでピニオンギアがエンジン側のギアに噛みこむと同時に、大きな電気がモーター本体に流れてギアを回します。
06-110521.jpg
この写真は「ピン」が抜け落ちていますね。

本当はココにピンが入ります。
07-110521.jpg
分解時に簡単にピンは抜け落ちますので注意!!

右下のナットの部分にはバッテリーから直接電気がエンジンキーに関係なく常時来ています。
008-110521.jpg
マルで囲んだ平のターミナルにはセルボタンを押している時間だけ電気が来ます。
その電気を使って、右下ナットから上の配線の繋がった端子に電気が通電します。(本当はナットがついていますが外しています)
この時の電気の流れは、黒い筒の中を電気は通って出てきます。


09-110521.jpg



この部分は右側のモーターの回転数を落としてトルクを増やすための物です。
10-110521.jpg

この小さなギアがエンジンを回します。
11-110521.jpg
小さくても回転数が多いので、減速すればピニオンギアでは大きなトルクになります。

てっぱんを取り、内部を見ると?
12-110521.jpg
マグネットが剥がれています。
今回は割れはないようですが、4枚中3枚が剥がれて動いています。
13-110521.jpg


時間が有る時に、ゆっくり清掃してマグネット貼り合わせます。
そして次の万が一に備えることにします。

いつか又同じトラブルが起こるでしょう。
でも起こりにくくすることは可能なので、対策はしておきます。
そして、出来るだけ元気の良いバッテリーでエンジンを掛けましょう。


むかし、昔、こんな形の絵を描くおもちゃが有ったような・・・・

14-110521.jpg







右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!

お越し下さい、お待ちしています。 

こんな空を見たい方は、どうぞ夕方の時間帯に起こし下さい。
西方向なので、朝日ではありません。

001-110519.jpg


この季節、朝の時間帯なら、イロイロな生き物にも会えるかも?
002-110519.jpg
もう少しで事務所というのに、横たわっています。
まだ、この山の中地方は夜や朝は結構冷えます。

朝日が当たるアスファルトの上は、心地良いのでしょう。
で、車に轢かれる奴も出てくるのです。

こいつは元気良く逃げて行きました。
003-110519.jpg


まだ竹の子も出て来ていますが、今年は数も少なく細いのが多いようです。
004-110519.jpg
寒さの影響でしょうか、収穫時期もかなり遅れました。
これは、結構食べ応えのある大物でした。


この時期に出てくる者といえば、ヘビだけではなく注意していると、これにも出会えます。
005-110519.jpg
独特の鳴き声をたよりに見ていると、 あそこで出たり入ったりしています。


    少し近づいて待つこと2分。

    甲高い鳴き声と共に出ました。

006-110519.jpg

007-110519.jpg

   立派なオスのキジ。

   静かに近づいてみることにしますが・・・・

   この草むらの中に逃げ込みました。
008-110519.jpg



   草むらに そろり、そろりと近くに行くと?・・・


   勢い良く走り出てきました。

009-110519.jpg

なんとも軽いフットワークです。


少し離れたら、またじっとしています。

010-110519.jpg

この後、向こう側の草むらに悠然と消えて行き、再び甲高い鳴き声で、メスを呼んでいました。



冬場は落ち葉や、土の中で動かなくなっていたサワガニも出てきます。
011-110519.jpg

時には作業場の中まで入って来て、ウロウロすることも。
012-110519.jpg
このときも踏み潰すと大変なので、山に帰っていただきました。



こいつも時には作業場の屋根の上に参上することもあります。
osaru-1.jpg
この写真は近所のガードレールに居たところを撮影したものですが、かなり以前の写真で、車内は軽トラの初代の尻尾号です。


少し前にジョーカー90とR100GS、KTM690エンデューロRが入庫しましたが詳細をお知らせしようと写真を準備している最中に、行き先が決まりました。
その後もジョーカー90とR100GS、KTMにもお問い合わせを頂きましたが、ご報告が遅れて申し訳ありませんでした。

今回初めて入庫したのが、BMW G650Xチャレンジ。
オーナー様が決まり納車しました。
013-110519.jpg

オフロードを走行していた車両で、ダート走行特有の傷や削れがあります。
014-110519.jpg

合計30分程試運転してきましたが、走行はご覧の通り少なく、エンジン、ミッションは問題無さそうです。
015-110519.jpg

最初に乗ったときには、シフトが硬く、??? で、帰って来ましたが、チェンジペダルのスプラインを一段下げて取り付けしなおして再度走ったところスムーズなシフトが出来ました。
016-110519.jpg

017-110519.jpg

018-110519.jpg

エアサスもエア抜けは無さそうです。
019-110519.jpg


エンジン形式はF650GSダカールなどと同じですが、車体の重量の違いからでしょうか、それともセッティングが違うのか元気が良いです。
020-110519.jpg

しかし、ツーリングに使用するなら、私ならF650GSかダカールを選ぶと思います。
021-110519.jpg

オフロードを中心に走る方には、うってつけのXだと思いますが、身長168センチの私には足つきが悪過ぎました。
ダートなら走れますが、街乗り可能な高さではありませんでした。

オフロードでの転倒歴はありますが、ダメージの指標となるハンドルのストッパーは左右とも問題無さそうです。
022-110519.jpg
右側。

左側。
023-110519.jpg


身長が10センチ、いや!足が5センチ長ければと普通に乗れない自分が残念です。

長身の方でダート走行用の車両をお探しの方は居ませんか?
認定中古車、グーバイク共に台数の少ないXチャレンジです。
傷は多いですが、割安なダートマシンいかがですか?



もう少しすると、モリアオガエルが卵を産みます。
024-110519.jpg

今年は沢山産むかな?


事務所へ復帰したコハクとイブキの動画も見てやってください。

コハク、イブキともに元気に走り回っていたのは良いのですが、コハクが少し怪我したようで、この動画を撮影した時には気づかなかったのですが、後から分かることになります。
動画の一番最後の様子が少し変です。

まあ、その後も元気に走り回って追いかけっこをしてましたから、大して痛くは無かったのでしょう。
025-110519.jpg
この時既にコハクの左手は血が流れているのが写っています。

でも、そんなの関係なし。

前を走るのは口に木の枝を咥えたイブキ。
026-110519.jpg

後ろからは、毛が抜けて身軽に見えるコハク。
027-110519.jpg
でも、長い期間激しい運動はさせていなかったので、筋肉が落ちてイブキに追いつかないようです。

コハクが疲れて、上で休憩しているとイブキが心配そうに見上げています。
028-110519.jpg


その後この写真を写した時に、足に色が付いているのに気づきました。
029-110519.jpg
変な歩き方はしていないので痛くないのかな?
左手の内側、赤くなってるでしょう?


爪が一本折れていました。
030-110519.jpg
最近は走らせていなかったので、爪が長いとは思っていましたが・・・


でも、コハク本人はいたって元気。
031-110519.jpg
左が2歳のコハク、この笑顔でご機嫌さんでした。


犬、猿、雉、カニ、カエル。
イロイロな生き物が居るので、童話や民話でも書こうかな?



5月18日には個人的にうれしい事があったので、ブログを連続で更新してしまいました。

コハクやイブキの様にゴールドではありませんが、夫婦でシルバーまで来ました。


文中に登場するBMW G650Xチャレンジはオーナー様が決まりました。
お問い合わせありがとうございました。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

BMWじゃないけれど。 

その日は、降り続いた雨がようやく上がった朝でした。
田んぼにも、水が入りカエルも鳴き始めています。

01-110518.jpg
もう少しで、遠くの妙見山からも雲がはがれそう。

雨の日に車の修理は億劫なので、雨が上がるのを待っていました。
02-110518.jpg
メルセデス ベンツ E320。
1991年くらいのモデルだったかな?

入り口の狭い道を上って行きます。
03-110518.jpg


登って曲がったところの左側は竹やぶ。
04-110518.jpg
他人様の竹なので、筍は掘れませんが春の季節感は良いものです。

もう古くなりましたが、タイプ124。
古くからの知り合いからの依頼ですが、普段聞きなれない音が出ているそうです。
05-110518.jpg

  ツインカム6気筒水冷。
06-110518.jpg
以前は空気をエンジンに送り込むインテークマニホールドの材質はアルミでしたが、この時期あたりから、軽量な樹脂になってきました。

エンジンを掛けて、すぐに発見できたのはウォーターポンプの異常でした。
数字の2と白く見えるのが、車体に付いて現在水漏れを起こしているウォーターポンプ。
07-110518.jpg
手に持っているのが新品のウォーターポンプで、エンジンの動力で冷却水をエンジン内やラジエター、室内ではヒーターコアに流すための水流を作る部品です。

ウォーターポンプを交換するためには、他にもイロイロな部品を取り外します。
余談ですが、まるで囲んだ部品はインテーク側のカムシャフトの開閉のタイミングをエンジンの状態によって変化させる為のマグネットが入っています。
08-110518.jpg
ラジエターシュラウド、ラジエターのアッパーホース、バイパスホース、ロアーホースを取り外します。

ホースを取り外した部分のこの中には「サーモスタット」が入っています。
サーモスタットは、冷却水が規定の温度になるまでは、ラジエターに冷却水を行かないようにして、エンジンの温度を適正に保ちます。
09-110518.jpg
規定の温度に達したら、今度はオーバーヒートしないように、熱い冷却水をラジエターに流します。

写真を写し忘れましたが、左に箱に入っているのがサーモスタットです。
手で持つウォーターポンプの丸く穴の開いた部分に収まります。
09A-110518.jpg

このサーモスタットと呼ばれる部品は、オーバーヒートした時には、熱でつぶれる事も多いので、見た目正常でも今回は交換しておきます。

ウォーターポンプを回すのは、ベルトです。
10-110518.jpg
まるで囲んだ部分がウォーターポンプを回すベルトとベルトが掛かるプーリーです。

そのベルトですが・・・・
11-110518.jpg
よく見ると、ひび割れがいっぱーーい。
「だめだねこりゃ!」


ウォーターポンプから漏れ出た水で、あちらこちら色が変わっています。
12-110518.jpg


ラジエターを冷やすのは空気ですが、走行中は風がラジエターに当たるのでかなり冷えますが、渋滞などで停車中も冷却は必要です。
13-110518.jpg
そのために、発電機やウォーターポンプ等と同じ様に、ベルトでファンを回して風を作ります。
   このファンを取り外すのが嫌いです。

こんな工具を使いますが・・・・
14-110518.jpg
   「真ん中が、かったいんだわ」
これと同じ6角が付いてますが、薄い工具しか使えません。
15-110518.jpg


ラジエターを取り外してしまえば、イロイロな工具が使えるのですが、時間がかなり余分に掛かります。
16-110518.jpg
でも、この工具だけでは緩まないんですよ。
回すとプーリーはベルトで押さえられているだけなので、滑って回ってしまいます。

そこで、もう一つの工具の出番です。
17-110518.jpg
囲んだ工具で、プーリーを固定できます。
工具を持っていて、知っていれば簡単な事ですが、知らなければ困るでしょうね。

かんなーり、固かったのですが、無事に緩んで抜けてきました。
18-110518.jpg


取り外したラジエターファンとカップリング(ファンクラッチ)
19-110518.jpg
車両前方から。


こちらは内側ですが、アルミ色下部分には放熱の為にフィンが付いています。
この部分をファンカップリングとかファンクラッチと呼び、温度変化で仕事をしてくれます。
20-110518.jpg
この部分の内部には高温になると固くなる物質が入っており、ラジエターを通過した風の温度が高くなるとファンの回転数が多くなります。
詳しい説明は省きますが、この構造はFF(フロントエンジン、フロントドライブ)車では、冷却に電動ファンを用いているのが多いのでカップリングの使用は少ないようです。

ファンが外れました。
21-110518.jpg


グリーンの液体が冷却液のクーラント。
22-110518.jpg
クーラントには氷点下になっても、凍結しない不凍液の効果と、錆び止め、ウォーターポンプなどのゴムシールの保護を目的にイロイロな添加剤が入れられています。
色がグリーンなら、まだ効果があると考える方も多いようですが、赤錆色の状態の冷却液になってからでは遅すぎますから、早めの交換をお願いします。
(元々赤系統の着色がされた、クーラントもありますのでご注意を!)

次はベルトを外します。
23-110518.jpg
ベルトタイトナー(ベルトテンショナー)を緩めてベルトに余裕を作り取り外します。

ベルトを取り外し、パワステポンプとウォーターポンプのプーリーも取り外し。
24-110518.jpg


ウォーターポンプのプーリーを取り外したところですが、水の流れた跡がくっきり。
25-110518.jpg


ベルトタイトナーとダンパー、この部品でベルトに張りを持たせています。
26-110518.jpg
本当はこの部品も交換したいところですが、金額が・・・・
まあ、今回は異常無さそうなので、このまま行こうかな。

ベルトテンショナーが外れて、ウォーターポンプがどんどん見えてきます。
27-110518.jpg


こんなボルト4本でポンプはエンジンのシリンダーブロックに固定されています。
28-110518.jpg


ウォーターポンプ本体は、他のボルトに比べて簡単に緩んだので、ポンプの取り外しには苦労はありませんでした。
29-110518.jpg
激しい水漏れの痕跡。
水抜きの丸い穴と、プーリーの取り付くシャフトの付け根の両方からかなりの量漏れていたようです。
シャフト内側のゴムシールに不具合が出て、水がベアリング内に進入しベアリングもダメになり「ガタガタ」。

シリンダーブロックの下部に丸い穴が開き、クーラントが見えます。
30-110518.jpg
下から水を吸い込み、ポンプで送ります。

   新旧ポンプ
31-110518.jpg

32-110518.jpg

33-110518.jpg


新品のポンプには部品を取り付けます。
34-110518.jpg
純正部品を入手すれば、車体番号でズバリそのものも来ますが、社外品だとポンプそのものは互換性があるので、イロイロな車種に対応可能な状態出来ます。
35-110518.jpg


この面がエンジンのシリンダーブロックに取り付きます。
36-110518.jpg

ゴムのオーリングで水漏れを防ぎます。
37-110518.jpg


ヒーターパイプもウォーターポンプに入りますが、ココにもゴムのオーリングが使われます。
38-110518.jpg
これは古いものを取り外した状態、異常無さそうですが・・・・


    やっぱり古いゴムはダメです。
    危険ですよ。
39-110518.jpg


    新しいゴムを入れて。
40-110518.jpg
    漏れ無いようにします。


    ここで、問題発生!!


これは、古いセンサー類を新しいポンプの上部に移植して、仮付けしたところですが?
41-110518.jpg
センサーろアルミワッシャーに隙間が出来ています。

古いポンプに付けても、隙間は出来ません。
42-110518.jpg


原因は内側の製作精度かも知れません、内側のセンサー部分の本体への干渉でした。
43-110518.jpg
ピンボケ申し訳ありません。
古いのなら、問題ないのに・・・
44-110518.jpg


私がブツブツ言っていたら、向こうでフクチャンも「・・・ブツブツ・・・!?」
45-110518.jpg


お客様の車両を製作中ですが、ハーネスが上手くいきません。
46-110518.jpg
R100GSのメーターとカウルを仮付け。

R80STにR100GSのメーターと顔を付けたいのですが・・・
47-110518.jpg
元はこんなメータですから、配線は違います。


48-110518.jpg



ひび割れのベルトは在庫を私が持っていたので、問題解決。
49-110518.jpg


新しいサーモスタットを組み付け、奥まで入らなかったセンサーには一工夫。
50-110518.jpg


この部品も交換したいところなんですが、これの持ち合わせはありません。
51-110518.jpg
この部品は、インテークマニホールドの吸入負圧を使っている、ブレーキブースタの逆流防止弁です。
この部品で、耐久性は確認できませんが、内圧コントロールバルブの効果のテストできますよ。

バルブの片側は丸で囲んだインテークの負圧のかかる所に接続されています。
52-110518.jpg

もう片側は、ブレーキのマスターの付け根に着くブレーキブースーターに負圧を供給します。
53-110518.jpg

54-110518.jpg


ブースターは車両の右側、反対側にはバッテリーなどが納まります。
55-110518.jpg
左右対称なつくりで、右ハンドル、左ハンドルどちらでも作っています。
しかし、この車両は右ハンドルなんですが、アクセルペダルの位置やウインカーレバーなどは、左ハンドルに乗りなれた人には違和感があるようです。
56-110518.jpg


このサブタンクにクーラントを補充して出来上がり。
57-110518.jpg


       納車編に続く。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

常識と私の非常識 

出来上がったベンツE320の試運転を済ませて、納車してきます。
大阪と京都の府境の豊能町から、箕面市方面に走ります。

100-110518.jpg
124の走りは加速、コーナーリング共にここち良いです。

新緑の箕面ドライブウェーなら、なおさら。
101-110518.jpg


そんな新緑の中に、いまは藤の花が盛りです。
102-110518.jpg

103-110518.jpg


以前から気になっていたことなんですが、この写真を見て何か分かりますか?
104-110518.jpg
私には長年の不思議だったんです。

ココではないのですが、軽トラの尻尾号でフクチャンと納車で走っていたときのことです。

上のような模様の付いた壁を見て私がフクチャンに
「あれなんでかしってるーー?」

『なんのこと?』

「あの丸い模様」

『・・・・あんなモン、草やんけっ!』

「???・・・なに?・・・なんて??」

『草や木が風でグルグルまわったの』

「・#%&‘{&@★・・・あーーそうーかー」

私の長年の不思議が解決した瞬間でした。
それ以後何人かの方に、この事をお聞きしたところ、半分以上の方々が草や木の枝とお答えになりました。
しかし、私と同じように疑問に思ってはいたが、追求もしなかったというかたも居られたのも事実です。

フクチャンの常識は私の常識ではなかったし、他の事柄でも逆も沢山あるのでしょうね。

そんな事を考えながら納車を済ませて、帰りはこんな車に乗ってます。
105-110518.jpg
右ハンドルですが、やはり日本の車ではありません。ハンドルに・・・

先ほど納車したベンツ124のE320が前に居ます。
106-110518.jpg
国道423号線、新御堂の萱野交差点です。
よく見ると、車に白いロープが?

そうなんです、牽引中。
私の運転するフォルクスワーゲン ポロはエンジンがかかりません。


同じく国道423号金石橋の交差点で、後方の車を先に行かせます。
107-110518.jpg
ココから事務所まで約4キロかな?
    もう一息。

帰り着いた事務所横には、最近このお二人さんが復活です。
108-110518.jpg
コハクが1月8日から病気になり、一時はイブキだけ事務所に来ていましたが、これからは季節も良いので2匹で事務所に来る予定です。

体重はほとんど変化はしていませんが、高熱が長く続いたので毛がバサバサでアンダーコートが全て抜け、イブキが大きくなったのとあいまって、コハクが小さく感じます。
109-110518.jpg


連れて帰ってきたワーゲン ポロ。 ぼろではありません、ポロ。
110-110518.jpg
軽量で燃費の良い車ですが、エンジンが掛からなければ鉄の箱。

連れて帰ってきた本来の原因はオーバーヒートです。
オーバーヒートするので、オーナー様は乗らずに置いていたのですが、私たちが引き取りに行くと本来エンジンは掛かるはずなのに始動できず走れませんでした。


こんなエンジンルームですが、この車はFF(フロントエンジンフロントドライブ)、前にエンジンが載り、前のタイヤを駆動します。
111-110518.jpg
なので、この車には先ほどのベンツのようなファンは無く、電気で動くモーターのファンが付いています。

オーナー様が走っていて、オーバーヒートしたのですから、エンジンを高温で焼きつかしたのでしょうか?

お話では、そこまでのヒートには至っていないと感じていましたので、少し原因を探ると?


セルモーターを回すとイグニッションコイルの部分でプラグに行くべき電気が逃げています。
112-110518.jpg
写真撮影に苦労しました。
人の目には残像として長く電気が見えているように感じますが、カメラでは火花が飛んだ瞬間にシャッターが切れなければいけません。
ちょっと違いますね、シャッターが開いている時間内に、火花が飛べばいいのですね。
もっと暗い場所で撮影すれば簡単だったのかな?
書いていて気が付きました。
いずれにせよ携帯電話では大変でした。
113-110518.jpg


電気の逃げる原因わっと?

電気を4気筒それぞれに分配するデストリビューターの部分のコードを抜くと?
114-110518.jpg
ゴムカバーの下側にオレンジ色が見えます?

この部分ですが・・・・
115-110518.jpg


   デストリビューターのキャップが割れてます。
116-110518.jpg


イグニッションコイルに刺さるこの部分もあやし。
117-110518.jpg


逃げている電気に触れると、痛いしビックリします。
118-110518.jpg
過去にはエンジン始動中に、何度もプラグコードに触って電気が身体を流れた事も有りますが、今も生きています。
流れる電気の電流は少ないのですが、電圧が高いので、少しの空間なら放電して流れてしまします。
エンジンの整備を行っていて、腕(手)から入った電気が足に抜けた経験は大多数の整備士が経験していると思います。

こいつらが、事務所に来るとヤイヤイとやかましいです。
119-110518.jpg


    雨後の筍。
120-110518.jpg
どんどん育ちます。


結局メーター部分でブツブツ言っていたフクチャンは方針転換。
121-110518.jpg
いっその事ハーネスも加工し、軽量化を兼ねてメーターも小型化。

そのための材料も購入してきました。

122-110518.jpg


オーナー様自らも購入にご協力いただき、こんなメーターを確保。
123-110518.jpg


必要な部分のハーネスも製作しました。
124-110518.jpg





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

岐阜出張、長野納車と温泉。 写真追加と・・・・・・↓ 

連続で岐阜県出張

先日は高山市内まで修理引き取りで走りましたが、今回は同じ岐阜県内でも、奥飛騨温泉郷迄行きます。

長野県にお住まいのお客様ですが、日帰りツーリングの途中トラブル発生で、電話を頂きました。
JAFにも依頼されましたが、セルモーターが回りません。

オーナー様は、自宅からのお迎えの車で自宅にお帰り願い、バイクは近所の民家にお預かりいただいたので安心です。

DSC_0490.jpg

私たちは、大阪府の山の中のバイク屋をスタートして、4時間半くらいでしょうか?


現在、東海北陸道の「ひるがの高原サービスエリア」で休憩してますが、今回はお客様と一緒です。


引き取り車両のオーナー様では有りませんが、明日五日がお休みなので、ご一緒願いました。

外気温は5度程度と寒いので、サービスエリア内も閑散としています。
110506 (3)

110506 (2)



コンビニで休憩してますが、バイク雑誌を読まれて居ます。
DSC_0491.jpg


目的地の奥飛騨温泉郷の「上宝道の駅」付近には午前3時頃には到着出来そうです。





時間調整中


朝マックしながら、休憩してますが、このまま積み込んだバイクをオーナー様の自宅に届けます。
DSC_0506.jpg



   男二人で朝マック。
DSC_0505.jpg




早朝3時過ぎに奥飛騨温泉郷に到着し、こいつを交換です。
DSC_0507.jpg

オーナーからの電話で、セルモーターの不調を予想して予備のセルモーターを持参していました。
今回は予想が当たっていてラッキーでした。

電話で症状をお聞きして原因を考えて部品や作業に使う道具を用意して行きますが、予想が当たる時はそんなに多くはありません。

    「エンジンがかからない」

DSC_0495.jpg



外気温は3℃。

DSC_0496.jpg



GSやロードスターと違い、RTはサイドカウルやステッププレートを取り外してセルモーターを交換します。

DSC_0508.jpg



おおよそ一時間で作業完了で、エンジンは無事に始動出来て、ヤレヤレです。

DSC_0509.jpg



そのまま大阪まで持ち帰っても仕方ないので、RTのオーナー様の自宅に届けます。



もう少しで目的地の長野県上田市。


温泉に入って帰ろうかな?








予定完了


時間調整を一時間ほどして、出発したところ、オーナー様より電話連絡があり、既にお待ちいただいているとのことで、ご自宅へ急ぎます。
朝から「エルフのしっぽ」のブログをご覧頂いていたそうで、早朝に対応いただき感謝です。
DSC_0512.jpg


無事にオーナー様のもとに戻りました。

ご自宅にお邪魔したのは納車の時以来です。


  前回来たときにも気になったのが、ご自宅前の川。

  イワナやヤマメが釣れるそうです。
DSC_0513.jpg

まだまだ水温は低いかも知れませんが、餌を流したら直ぐに当たりが来そうな良い川です。
110506 (24)



ご自宅の近所に銭湯が有るので、同行のお客様と入浴して来ます。
DSC_0517.jpg


今回はRTのオーナー様に入浴券を頂きました、ありがとうございます。
110506 (28)


   入り口でお出迎え?
DSC_0520.jpg

   日本カモシカですね。

DSC_0519.jpg

温泉入ってきます。


温泉施設の中で野菜売ってます、他にも特産品が沢山並んでました。
110506 (31)



温泉に入り、次は食事です。
DSC_0523.jpg

ざる蕎麦と小さい天丼のセットにモツの煮込みをプラス。
信州では、やっぱり蕎麦に山菜の天ぷらですが、海老と白身魚。
もう一品は「タラノメの天ぷら」でした。


同行のお客さんは? 
110506 (32)



温泉も入って、食事もしたしあとは無事故で帰るだけです。
110506 (34)

まだこの辺りは桜が咲いています。

500キロほど距離があるので、居眠り注意です。



中央高速で飯田付近まで帰ってきましたが、渋滞が始まりました。
110506 (39)


止まってしまうことは無いですが、ノロノロと走ると5速ミッションの軽トラの尻尾号は疲れます。
110506 (41)


ナビゲーションの画面をDVDの映画に変えて、慌てず焦らず帰ることにしましょう。
110506 (43)


午後8時過ぎに山の中のバイク屋に帰り着きました。
ご同行いただいたお客様は、これからR100GSで神戸までお帰りになります。
今回はお付き合いいただき有難うございました。


2日前には同じ岐阜県高山市まで、クランキングセンサー(ピックアップコイル)の不良で立ち往生したR1100GSを引き取りに行ったばかりでした。

連続で同じ地域に出向いたのは、時間の感覚もつかみ易くて良かったのかも知れません。
もしも同じ日に発生していれば、対応できたか疑問です。

今回のRTは2008年に納車した車両です。
納車点検時にはセルモーターはオーバーホールしてお納めしています。

先に引き取りに出向いたR1100GSは、過去に販売した車両ではありませんが、ご自分できっちり整備をされている車両です。
整備に完璧が無いのは分かっている積もりでは居ますが、同時に発生していたらと思うと自分達に出来る事の小ささを考えてしまいます。


で、このブログを書いたら私はもう一度軽トラの尻尾号で出かけます。
行き先は ひ み つ ?

ちょっと乗ってみたい気がするバイクの引取りです。
排気量は650以上800未満。


今の私の居場所は下記アドレスで分かるかも?
     ↓
http://aprs.fi/?call=JO3REH-9&mt=roadmap&z=11&timerange=3600
   表示される時刻は、グリニッジ標準時です。


近所を通過するようなら、アマチュア無線の
144メガか430のメインチャンネルでコールしてください。
コールサインは JO3REH です。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

帰り道 

東海北陸道から名神高速 下り線へ。

DSC_0661.jpg


結構な渋滞。

お店にはフクチャンが居ます。



深夜から出かけますが、お店にはフクチャンがいますよ。 

連休期間中、お休みの予定は有りません。
鶯や雉の鳴き声を聞きに来てください。敷地内の竹の子も出はじめました。




先日は、四国の高知県まで出かけましたが、今回は深夜2時くらいから東方向に出かけます。
3日もスタッフは、お店にいますので遊びに来てください。

私も昼過ぎには、大阪に帰ることが出来る予定です。
高知までは、片道約340キロ、今回は片道306キロの予定。


今の私の居場所は下記アドレスで分かるかも?
     ↓
http://aprs.fi/?call=JO3REH-9&mt=roadmap&z=11&timerange=3600
   表示される時刻は、グリニッジ標準時です。


近所を通過するようなら、アマチュア無線の
144メガか430のメインチャンネルでコールしてください。
コールサインは JO3REH です。