| elf |

月別アーカイブ

 2011年09月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unexpected crack on rear wheel hub 

This is R100GS of our customer, which we delivered to the other day.

A photo during the maintenance.

01-110923.jpg

We sand blasted the engine, mission, paralever, final-gear case (differential gear), according to the customer's request.

02-110923.jpg

The final-gear box looks brand new!
03-110923.jpg
(The rear shock absorber is still roughly bolted on.)

The rear wheel will be bolted on.
04-110923.jpg
The "hub" cannot be blasted, with the spokes stll have been connected to the hub.

It is possible to blast the hub, and to polish the rim, as we rebuild the rear wheel.
05-110923.jpg


The right side of the rear wheel faces to the flange, and is fixed with the hub bolts.
06-110923.jpg

The flange is made of iron.

Most of the four wheel cars made in Japan fix the wheel with almost the same way.
07-110923.jpg

Because the face of the bolt holes on the hub is tapered, the hub bolts wear the tapered sleeves on their neck.

I once tried to apply the hub bolts of a BMW cars to that of a Mercedes, and found the taper angle was slightly different.
08-110923.jpg

The taper angle of the bolt sleeve should exactly match to that of the bolt hole of the hub. A mismatch of the taper angle may cause a severe damage on the hub.


There might be a free play between the hub and the flange if the interface does not match, no matter how we tighten the bolts with heavy torque.

As we use the genuine parts, there will be almost no problems. However, we should be careful about the edge angle when we use customized wheels.



It happened the other day, when we went to Himeji to deliver this GS…

09-110923.jpg




See the rear wheel of the truck. See carefully….

10-110923.jpg
 
  「There is a crack.!」

The crack runs from the edge of the hub bolt toward the rim.


You will see it clearly. Crack, with no doubt.
11-110923.jpg

It reminded me of an sad accident, which happened to a young mother and her little baby, who was on the rear seat of her mother's bicycle, a few years ago. They were riding on the bicycle at the walk side of the road, on their way to kindergarten. Then, a huge wheel suddenly hit them, and the mother died. The wheel came out from a big truck, driving at many tens of miles on the road.
The cause of the accident was a "crack" on the hub. The cause of the crack had been analyzed, and found that it stemmed from the structure and design of the wheel. The manufacturer recalled the whole models using the same wheel. A sad story...

The above photos tell us that the crack stems from the overload or the over torque of the hub bolt.

The recall of the big truck was due to the structure malfunctioning on the hub, and was different from the overtourque or something that was responsible to the user.


This is a hub bolt or the stud bolt of a four wheel car.
12-110923.jpg

The hub bolt is fixed to the hub, and the wheel will be fixed with wheel nuts. It is a little bit different from that of the BMW bikes.



This is a photo of the parts of the final gear case of R1100 or R1150.

13-110923.jpg

It sometimes called the "differential gear". However, it does not "differentiate" the wheels.

How to install the gear?
14-110923.jpg



we flips
16-110923.jpg



the gear, and then,
17-110923.jpg



installed to the housing..
18-110923.jpg

The torque of the drive shaft turned 90-degrees to drive the wheel.


The hub of R100GS was made of iron, either for R1100.
19-110923.jpg

The wheel will be fixed on the hub by the hub bolts.


I believe it was R80ST.
20-110923.jpg

The rear wheel is fixed with the nuts, which is similar to 4W cars, except that it uses three bolts.


We welcome this method, because it is easier to fix the wheel during the maintenance.
21-110923.jpg



We always check the entrance of the hole, especially for old bike,
22-110923.jpg



to avoid to become…
23-110923.jpg



What are these parts?
24-110923.jpg



They are the wheel flanges to be installed on R1200GS. The one on the right side is an old one, and the left one is the revised model
25-110923.jpg


The flung is made of aluminum, which is installed inside the rear wheel. It comes out when we remove the wheel.
26-110923.jpg
The numbers of the hub bolts was four for R1150GS, which became five for R1200GS.

A crack!!
27-110923.jpg
The hub bolts will be tied down to the hole with the crack on the side.


Unfortunately, we found one more crack on the same part.
28-110923.jpg


So, we ordered the brand new one, immediately. The left one is the brand new one.
29-110923.jpg
The material was iron instead of aluminum, and the thickness has been reduced. Left one for new, right one for the old with cracks.
30-110923.jpg


We reported the incidence to the BMW via the dealer, and asked the dealer to fix the problem.
31-110923.jpg

The photos on the above and the below are from the dealer mechanics. The thicknesses for both parts were different.
32-110923.jpg


They put a spacer to install the new flange.
33-110923.jpg
You will see the spacer made of aluminum.


Part no 2 and 3 on the parts list were installed.
33i-110923.jpg



This is the old flung with cracks on it.
34-110923.jpg


This side faces to the wheel.
35-110923.jpg

36-110923.jpg

See it from the opposite side.
37-110923.jpg

The wheel is fixed to the flange with the bolts, which are tied down to the sleeve made of iron.
38-110923.jpg


The part was taken out from the R1200GS of 2004 model.
Let's see the new GS.
39-110923.jpg
This is a GS just before the DOHC model.

The flange was made of aluminum, and we found no sleeves in the holes.
40-110923.jpg



What about the latest one?
41-110923.jpg

The flange was made of iron.
42-110923.jpg


with no spacer between the flange and the wheel.
43-110923.jpg
The free space was reduced by increasing the thickness of the final case housing.



K1200R visited us yesterday. Fuku-chan goes to test drive.
44-110923.jpg


The final gear case is installed on the left side for K series, and right side for R series.
45-110923.jpg
The flange looks very similar.
It is made of aluminum without the sleeves.
We checked the flange, and found it was OK.


We believe the brand new parts will be OK. So, we checked the used part.
46-110923.jpg
Let's see what happens.



「A crack!!」
47-110923.jpg
I believe the flange is with the sleeves on.

The material has been changed to iron from aluminum, since the DOHC model.

I believe the flange material was changed to aluminum from iron to reduce the weight, when the model changed to 1200 series from R259 series.



R100GSを納車に兵庫県姫路市近郊まで行った際にパーキングで休憩。
50-110923.jpg
コーヒー飲みたいですね。

先を急ぎ無事に納車完了後、家内と明石市まで行き「明石焼き」(玉子焼き)の店を探しますが、夜10時では私の知る店は閉まってます。


ようやく見つけたお店に入り早速注文して出てきた紙。
51-110923.jpg

52-110923.jpg


なんか少し前にテレビで見たぞ!
53-110923.jpg


出てきた明石焼き。
54-110923.jpg


食べながら店内を確認すると・・・・
55-110923.jpg

56-110923.jpg

漢字がいっぱい。


家内が注文したのは「明石焼き」10個。
57-110923.jpg
私は15個。

夜ご飯を食べていなかったので、少し足りません。

そば飯も注文。
58-110923.jpg


これ全部読めたら1年間無料らしいです。
59-110923.jpg
ちなみに見たテレビでは「宮崎美子」さんが全て読んでいました。

お店の写真撮影とブログ掲載はご了承を得ています。

60-110923.jpg

お店の入り口には「大きなゴリラ」
61-110923.jpg

お店の前から「魚の棚」方向を撮影。
62-110923.jpg



キングコングは優しく人間を扱えました。
63-110923.jpg

私たちもホイールは優しく扱えます。

ご自分でR1200のホイールを脱着する方は、一度確認してみてください。



水銀灯の左下に月。
64-110923.jpg
優しい色の光。


満月ならヴァンパイヤに成れたかな。
65-110923.jpg






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

スポンサーサイト

見つけて「ビックリ」の亀裂 

先日来作業を行っていた、このR100GSを納車してきました。

これは作業途中の写真です。

01-110923.jpg

エンジンとミッション、その後方のパラレバーアームとファイナルギアケース(通称デフ)はエンジンミッションのオーバーホールと別にオーナー様のご希望でアルミとガラスでブラスト処理を行いました。

02-110923.jpg

パラレバーの後方のデフも新品の部品と見間違えるほど。
03-110923.jpg
(リアショックは仮組みです)

こちら側からホイールを取り付けるのですが、
04-110923.jpg
ホイールの真ん中に付いている「ハブ」はスポークが付いたままでは、ブラストが当てられません。
スポークを組み替える際になら、「ハブ」にブラスト処理を施し、リムはバフ掛けすることも可能です。
05-110923.jpg


ホイールの内側がこの部分に接触してハブボルトで固定。
06-110923.jpg

ここにハブボルトが捻じ込まれて、ホイールを固定するのですが、この部分は鉄で出来ています。
国産の4輪車のような固定方法です。
07-110923.jpg
ホイール側のボルトの辺り面は斜めにへこんでいるのでボルト側も同じく斜めになっています。
4輪のBMWもこのタイプで、ベンツもボルトでホイールを固定しますがテーパーの当たり面は違うので互換性はありませんでした。(現在は知りません)
08-110923.jpg

このボルトの当たり面がホイール側の当たり面と、きっちり接触していなかったりすると、ホイールの一部分に力が集中してホイールが傷むことがあります。

かなりのオーバートルクで締め上げても、きっちり当たっていないと、ゆるみの原因にもなるので注意が必要です。

純正品を使用している分には問題は無いと思いますが、4輪では社外品のホイールを使用することも多く、ボルト(大半はナット)との相性も大切です。



そう言えばこのGSを登録に姫路まで行った時の事です。

09-110923.jpg



信号待ちで私の横に停車した大型トラックの後輪。
何気なく見ていて・・・
10-110923.jpg
 
  「あっ!! 割れてる!」

ボルトの際から、ホイールに亀裂が走っています。


拡大しましたが画像が悪いですが、肉眼で見た限り間違いなく亀裂でした。
11-110923.jpg

何年か前にはトレーラーのホイールが外れて親子を直撃し、母親がお亡くなりになった事故が発端で大々的な社会問題になりリコールにまで発展したのは記憶に残っています。


この写真の亀裂はホイールの亀裂なので、積載オーバーやオーバートルクでの締め付けなどが原因ではないでしょうか。

リコールになったのはこの症状ではなく、この内側からホイールを固定しているボルトとナットごとハブが割れて外れるというものでした。


これは4輪のハブボルト(スタッドボルト)。
12-110923.jpg
これがハブ側に固定されていてホイールをはめ込みナットで締め付けます。


これは、R1100かR1150のファイナルギアケースを分解したものです。
13-110923.jpg
「デフ」なんて私たちも呼びますが、当然デフの効果や役目はありません。

「このギアーがこんな風に付いて」
14-110923.jpg



こんなギアです。
16-110923.jpg



これを裏返して・・・
17-110923.jpg



先程手で持っていたギアーに大きなギアーがかみました。
18-110923.jpg
前のシャフトを回すと回転方向が横向きに変わり、ホイールを回す(固定する)部品が回転します。


R100GSは鉄でしたが、これもやはり鉄の部品にホイールを固定します。
19-110923.jpg
ホイールはボルトで固定します。


R80STだったかな?
20-110923.jpg
これは国産4輪と同じタイプで、ボルトが出ていてホイールはナットで固定。
3本止め。


こんなのが車体側から出ていて、これにホイールを引っ掛けられるので固定は楽です。
21-110923.jpg



長く使用しているホイールは、この部分の確認も必要です。
22-110923.jpg



こんな事にならないように。
23-110923.jpg



この部品は何だか分かりますか。
24-110923.jpg



このBMW R1200GSに付く部品。
25-110923.jpg


この部分、リアホイールの内側、すなわちホイールを取り外しても車輌に残る部分。
26-110923.jpg
1150までは4本止めでしたが、1200から5本止め。

なんとこんな所に亀裂が入っています。
27-110923.jpg
亀裂に見える横の穴には、ホイールを固定するハブボルトが入ります。


同じ角度で2枚写していますが2箇所違う場所に亀裂が入っています。
28-110923.jpg


2個の部品は破損している部品と注文してきた部品です。
29-110923.jpg
厚みがかなり違い材質もアルミから鉄に変更になっています。
30-110923.jpg


BMWに報告していただいたほうが良いと考え、ディーラー様経由で報告願い、修理も同時にお願いしました。
31-110923.jpg

上下2枚の写真は頂いた物で、厚みが変わり材質も変更になっているとの報告でした。
32-110923.jpg

厚みが違うのではそのまま使用できないのでスペーサーを入れて調整です。
33-110923.jpg
隙間でアルミ色した新しい部品がスペーサー。

2番3番がその部品。
33i-110923.jpg



これが破損していた部品です。
34-110923.jpg

こちら側がホイール側。
35-110923.jpg

36-110923.jpg

37-110923.jpg

はめ込まれた鉄のスリーブにホイールボルトがねじ込まれます。
38-110923.jpg


平成16年登録の車輌に付いていた部品の話でしたが、新しいGSはどうでしょう。
39-110923.jpg
DOHCになる前のモデルは?

アルミではありますが、ボルトを止めるためのスリーブは無くなり、アルミ自身にネジが切られているものに変更になっていました。
40-110923.jpg



では新車は?
41-110923.jpg

対策品の鉄製になっています。
42-110923.jpg

でもアルミのスペーサー付いていません。
43-110923.jpg
その分ファイナルケース側がスペーサー分ホイール側に張り出しています。


昨日お越しいただいたK1200Rの試運転に出かけるスタッフのフクチャン。
44-110923.jpg


Kシリーズはファイナルギアケースは左側。 Rシリーズは右側。
45-110923.jpg
でも似た部品は使用しています。
アルミのものでしたが、やはりスリーブを使用していない方の部品です。
この車輌も確認しておきましたが、問題なし。


こんかい新品の部品を注文しましたが、中古部品という方法も有ると思い探してみたのですが、丁度知り合いのBMW販売店様がファイナルギアケースをお持ちでした。
46-110923.jpg
分けていただけるとの話だったので、早速訪問させていただき、確認したところ・・・・・



「あっちゃーー!  これもヒビいってまっせー」
47-110923.jpg
スリーブ付きか無しかは確認していませんが、おそらくスリーブ付きなのでしょう。

DOHCのモデルから鉄製に変更になっているようです。

R259シリーズ以前は鉄製の部品にホイールを固定するボルトをねじ込んでいましたが、1200シリーズになったときに、軽量化しアルミに進化したのでしょう。




R100GSを納車に兵庫県姫路市近郊まで行った際にパーキングで休憩。
50-110923.jpg
コーヒー飲みたいですね。

先を急ぎ無事に納車完了後、家内と明石市まで行き「明石焼き」(玉子焼き)の店を探しますが、夜10時では私の知る店は閉まってます。


ようやく見つけたお店に入り早速注文して出てきた紙。
51-110923.jpg

52-110923.jpg


なんか少し前にテレビで見たぞ!
53-110923.jpg


出てきた明石焼き。
54-110923.jpg


食べながら店内を確認すると・・・・
55-110923.jpg

56-110923.jpg

漢字がいっぱい。


家内が注文したのは「明石焼き」10個。
57-110923.jpg
私は15個。

夜ご飯を食べていなかったので、少し足りません。

そば飯も注文。
58-110923.jpg


これ全部読めたら1年間無料らしいです。
59-110923.jpg
ちなみに見たテレビでは「宮崎美子」さんが全て読んでいました。

お店の写真撮影とブログ掲載はご了承を得ています。

60-110923.jpg

お店の入り口には「大きなゴリラ」
61-110923.jpg

お店の前から「魚の棚」方向を撮影。
62-110923.jpg



キングコングは優しく人間を扱えました。
63-110923.jpg

私たちもホイールは優しく扱えます。

ご自分でR1200のホイールを脱着する方は、一度確認してみてください。



水銀灯の左下に月。
64-110923.jpg
優しい色の光。


満月ならヴァンパイヤに成れたかな。
65-110923.jpg






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

災い転じて福となるか? ・・・R1100RSの災難。 

BMW R1100RS。
最終モデルでさえも、製造後10年が経とうとしている車種です。
この車輌は製造後10年以上経過しています。

01-110920.jpg
遠方のお客様ではありますが、車に積み込んでの来店でした。

「エンジンが片側上手く燃焼しない」

走行中突然パワーダウンした感じで、そこからはアクセルを普段より多く開けて、発進時には半クラッチをこれも少し多めに使って帰宅したそうです。

お近くの修理屋さんや、ご自分で色々やったそうですが、上手くいかず、今回の山陰から大阪への遠征となりました。


「片側シリンダーが燃焼しない」とのお話だったのですが、お客様ご自身で私たちの考え付くほぼすべての対処をされていたのですが、基本的なところから確認していくことにします。
02-110920.jpg
プラグに火は飛んでいます。
クランキング時の圧縮圧力も正常です。


これはテスト用に置いてあるガソリンタンクとガソリンポンプのセット。
03-110920.jpg
その他確認した後、ガソリンの圧力が少なそうなので、他車のガソリンタンクを載せ変えてテストしてみますと、かなり症状は改善されました。



念のため、もう一度元のガソリンタンクを装着してテストです。
言い忘れていましたが、ガソリンポンプはガソリンタンクの中にフィルターとセットで組み込まれています。
04-110920.jpg



以下の動画は不調時のエンジン音です。




不良箇所がガソリンタンク内部に有りそうな所までは確認できました。
内部には電機式のガソリンポンプ。
ポンプで圧力をかけたガソリンを濾過するフィルター。
それらを接続するゴムホース。
ライダーインフォメーションディスプレー(通称リッド RID)に付くガソリンメーターのセンサー。
などなどが一塊で組み込まれています。

これがそのセットですが、原因かどうかはこの時点では分かりませんでしたが、ホースがボロボロ。
06-110920.jpg

新車製造時に組み込まれたままのガソリンホースが今まで使われていたようです。
07-110920.jpg
でも、特に大きくガソリンが漏れ出ているような亀裂や、ホースの外れ、ガソリンポンプ自身の破損は見当たりません。

しかし・・・・・
08-110920.jpg
接続部のホースを手で持つと・・・
09-110920.jpg

これは、直接の原因ではなくても再利用は不可能ですね。
10-110920.jpg



まあ、外してみますか。
11-110920.jpg

ゴムだったはずですが、硬化しています。
12-110920.jpg
ドライバーでコゼルと割れてやはり組み付け時使い物にはなりません。

裂けてしまいましたがようやく外れました。
13-110920.jpg

14-110920.jpg
このホースはエンジン不調についての直接の原因ではなさそうです。
硬くはなっていましたが、ガソリンの漏れは無かったように見えます。


次のホースはガソリンフィルターを繋いでいます。 向こうに見えるホースは異常なし。
15-110920.jpg
ここに原因らしき痕跡が・・・・
分かりますかね?


取り外したフィルターですが、ホースの差込口のところに変色が確認できます。
16-110920.jpg
ホースの口からガソリンが漏れ出ていたようです。
でも、ガソリンに浸かって居るのにガソリンの流れた痕??

おそらく、ガソリンの残量の少ないときに流れた痕跡が付いたのでしょう。

せっかくガソリンポンプが造った圧力ですがココで大きくロスしていたようです。

しかし、ガソリンポンプの作り出す圧力は、エンジンの必要とする圧力よりは、かなり高圧です。
高圧すぎるガソリンの圧力を、必要とする圧力に減圧する部品がエンジン側についていますが、私たちはプレッシャーレギュレターと呼んでいます。

プレッシャーレギュレターが必要な圧力に調整した後の、余った圧力分のガソリンは再度ガソリンタンクに戻されるようになっています。

このRSは、ガソリンが漏れだしたときには、プレッシャーレギュレターがあまり仕事せずに済んでいたはずです。

漏れが大きくなった今回プレッシャーレギュレターがガソリンを全くガソリンタンクに戻さなくして、圧力をすべてエンジンに伝えても必要な圧力に届かなくなって、エンジンの不調として症状が出てきたのでしょう。


これがガソリンポンプの下側で、ガソリンを吸い込む部分にネットで大きなごみを捕るフィルターが付いています。
17-110920.jpg
破れています。


今回はエンジンの不調はガソリン関係でしたが、似た症状でバイクを「綺麗に大切にされる方」に多いのがこの部分のトラブルと言えないトラブル。
18-110920.jpg


エンジン左側のスロットル部分、初期型はワイヤーが3本。
19-110920.jpg
アクセルワイヤー、チョークワイヤー。
もう一本は右側のスロットルとの連絡用。
連絡用といっても、右側はこのワイヤーでアクセルを開けます。

右側のスロットルワイヤーが取り付く部分。
20-110920.jpg
   これは正常。


   これは異常。 
アクセルワイヤーがホルダーの部分に乗っかっています。
21-110920.jpg
これだと、ガソリンの噴射量を決めるスロットルポジションセンサーは左側の黒い箱なので、左が閉じていれば右側も閉じていると判断して、

右側にも少ししかガソリンを出しません。
右側ワイヤーがホルダーに乗っかり、少しアクセルが開いているので、空気だけ多めに入り薄い混合気になり調子が出ません。
アクセル開いてそれに見合ったガソリンが出れば、調子は悪いですが回転数は上がります。

「綺麗に大切にされる方」と書いたのは、清掃時の雑巾やウエスがワイヤーに引っかかり、ワイヤーが持ち上がっているケースを良く見かけるからです。


このR1100RSのオーナー様はその部分も確認されていました。


今回のトラブルは、来るべくしてきた感の有るホースでしたが、もう一つ整備の必要な箇所を見つけてしまいました。
早速部品を注文して作業に取り掛かります。
もちろんお客様には事情を説明してからの話ではあります。
22-110920.jpg
クラッチ交換。 現在は滑りは有りませんでしたが、クラッチレバーの感触や走行距離からごく近い時期に、滑りが出ると予想しました。
23-110920.jpg
クラッチ一式を取り外したエンジン後部。


こちらが取り外したミッションの前部。
24-110920.jpg
真ん中の赤くさびた部分にクラッチ板が刺さります。

取り外したクラッチ板と新品。
25-110920.jpg


そのクラッチ板を挟み込みエンジンの動力をミッションに伝える2枚の鉄の板。
26-110920.jpg


挟み込まれながら少しずつ磨耗して新品とはかなり違ってきています。
27-110920.jpg
これで、磨耗限界です。 メーカーの指定する交換時期は、はるかに越えているでしょう。

先ほどのミッションの前のクラッチの入る「スプライン」。
28-110920.jpg
おそらく、新車から大切に扱われてきたバイクのようで、過去にクラッチの交換無しで今まで走りきってきたようです。
しかしさすがに油切れして赤錆が出ています。


新旧のクラッチのスプラインの比較ですが、よーーーく見てください。
29-110920.jpg
スプラインの山が旧の方がとんがっているのが分かるでしょうか?
この部分は外部からの給油が上手くできないので、通常ミッションを降ろす時でなければ給油しません。


以前にも下記のような事もありました。
http://elfnoshippo.blog85.fc2.com/blog-entry-870.html

交換した旧クラッチ板。
30-110920.jpg
リベットを見てください。
裏表から交互にリベットでフェーシングを固定していますが反対は?
31-110920.jpg
丁度クラッチの使える部分を使い切り、リベットを擦り始めたところで、これ以上のクラッチの使用は先ほどの2枚の挟み込む鉄の板を傷めてしまうところでした。


まだ傷や削れは見当たりません。
32-110920.jpg
滑りが出てからのクラッチ板のみの交換では、この鉄の板に歪や磨耗が出来て滑りが止まらない事も多いです。
まあ、どんなときも正規の手順ではすべて交換のようですが、修理代は少しでも安く抑えたいのが人情です。


このR1100RSのオーナー様はガソリンポンプやホースフィルターなどの交換にプラスしてクラッチも交換しました。
しかし、今回ガソリンホースの件が無ければおそらくそのまま乗り続けていたはずです。
クラッチ交換に関してはベストタイミングだったと、私たちは考えていますしオーナー様にも喜んでいただけました。


今回はこんな風にボロボロになったホースが出てきました。
34-110920.jpg


しかしボロボロにならなくても、こんな状態になる事も珍しくありません。
35-110920.jpg

R1100GSのガソリンタンク。
36-110920.jpg

37-110920.jpg

内側のココに付きます。
38-110920.jpg


こんな状態でガソリン漏れしていました。
エンジン回転で4000rpm以上で不調だったそうです。
39-110920.jpg


内側も確認。
40-110920.jpg

41-110920.jpg

私の血管もこんなんかな~?
体動かしましょう。
「散歩せなあかんな」

この日は朝から散歩に行っていなかったので、
「出せ出せ」 とにぎやか。
42-110920.jpg


毎度元気に走り回るその様子を動画で見てください。



普段あまり見る事の無い光景。(蜂の羽音の音量に注意)
携帯電話を巣箱の中に入れてしばらく撮影してみました。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

逃げられはしましたが・・・・  

昨日の昼過ぎにそれは、突然起こりました。

01-110910.jpg



今から思えば、朝から蜂の動きが普段と少し様子が違っていたようです。
02-110910.jpg

いつもなら、巣箱から出てくるハチと花粉を集めて帰ってきたハチとが巣箱の入り口に三匹から五匹程度が見える程度なのに、昨日は十匹以上が常時入り口でウロウロしていました。


そしてフクチャンが蜜蜂を狙ってやって来るスズメバチを退治し終わって巣箱を見ると・・・・・


『うわー! 蜂が逃げていくー!』
外からフクちゃんの大きな声が聞こえてきたときは、既に沢山のハチ達が作業場の空を舞っていました。

巣箱に蓋をしても中に女王バチが居なければ、群れは存続できません。

群れの存続のためにも、自由に出ていかさなくては仕方ないでしょう。

15分程で巣箱からは全てのハチが出ていったようで、上空2メートルから5メートル付近で無数の蜂が、群飛んでいます。

   「次はどこ行くかなー」

しかし、この時私達はこの日本蜜蜂の群れをあきらめてはいませんでした。

スタッフのフクちゃんは早速、主の居なくなった巣箱を解体して、残った巣を取りだし清掃しています。

私はと言うと、飛び立った蜂の群れを追跡です。


たくさんのハチの移動なので、追跡は簡単ですが、ハチが気に入って集まった場所が高い木の上や、他人様の家の床下で無いことを願うのみです。


追跡する事、約15分。
03-110910.jpg
距離にして、約70メートルくらいでしょうか。
近所の枯れた木の低い場所に、塊がりができ始めました。


このすぐ近くに、新しい住みかの候補地が有るのでしょう。

でもそこに入られてしまったら、こちらは手も足も出せなくなるので、それまでに もう一度 新装成った巣箱にお帰り願わなくてはいけません。


以下はその一部を蜂の塊の採集から、巣箱への移動を携帯電話撮影した動画です。

私達は大丈夫だと思ってやってますが、真似しないでくださいね。
刺されても当方では責任は持てません。

手袋と被り物を宜しく。

実はこの動画は、二回目の捕獲の模様で、一度目は巣箱を持って行って捕獲しました。
それから数分後にまた同じくらいの数のハチの塊が出来たので、今度はスーパーのレジ袋での捕獲でした。
だから蜂の入ったレジ袋を持って巣箱まで行き、蓋を開けると中に既に蜂がたくさん居ます。

先程たくさんハチが塊になって居た場所はこんな状態です。
04-110910.jpg
枯れた木が腐って、穴が空いています。

この中に入ろうとしていたのかも知れません。

とりあえず、収まってはくれました。
05-110910.jpg



前回と同じ巣箱ですが、上手くいくのでしょうか?
06-110910.jpg

答えは二日か三日しなくては分からないようです。

とりあえず、今は興奮しているので、落ち着くまでそっとしておきましょう。
07-110910.jpg

今はまだ巣箱の入り口や、上をハチ達が飛んでいますが、暗くなると全員巣箱の中に入るはずなので、落ち着いてから居着いていただきたい場所に巣箱を移動するつもりです。


暗くなるには時間があるので、私は本日買ったBMW R100GS の黒を引き取りに大阪府堺市迄行ってくることにします。


途中、夕日が赤く輝く頃、前方遠くに金剛山系とその向こうに紀伊山地。
08-110910.jpg


山の向こう側は五條市。
09-110910.jpg


大きな被害が出ています。
他にも和歌山県、三重県、奈良県など各所で、被害が出た地域は私達も遊びに行った経験が有るところも多数です。

一日もはやい復旧、復興を願っています。


堺に向かう途中、何台もの自衛隊の車と会いました。

救援活動に向かうようでした。
仕事とはいえ、頭のさがるおもいです。
体を壊さないように、頑張っていただきたいものです。


持ち帰ったのはこんなBMWです。
10-110910.jpg
BMW R100GS
走行は34600キロ グリップヒータが付いてます。



暗くなって、予想通りハチたちは全て巣箱に入っています。
この時間なら、巣箱を移動させて、三階建て
に棟上げしても、文句は言わないはずです。

積み上げるための巣箱を用意。
11-110910.jpg


標高400メートル程有る大阪府豊能町のこの地域は、夜の気温は既に20℃を大きく下回っています。

これからのことを考えて日当たりのよい場所を選んで新居の場所にしました。

気に入ってくれると良いのですが・・・・


12-110910.jpg

塊の群が低い場所に居たので、巣箱を一段低くして捕獲に使いましたが、元の三段重ねに戻します。
13-110910.jpg



そして、前回置いていた場所から20メートルほど離れた場所に仮の住まいを構えていただきます。
14-110910.jpg
ちょっと簡単に草刈と整地して。

軽トラの「エルフの尻尾号」の中では、猫のモッチャンが寝ながら様子伺い。
15-110910.jpg


基礎工事完了。 コンクリートのテストピースです。
16-110910.jpg



17-110910.jpg

一応完成ですが、その間蜂たちはとても大人しく、騒いで出てくる奴は居ませんでした。

ニホンミツバチの群れでの移動や行動には統率が取れていて、不思議です。



突然の脱走の始まり。

全員が巣箱から出るまでは、巣箱付近で飛行しながら待機。

全員が出終えたら、ゆっく~りと移動。

候補地の上でしばらく飛行。
突然降下し始め2分か3分で大半の蜂が塊を作りました。

しかし、出払った巣箱付近には巣箱から出たけれど、まだ飛ぶほど成熟していない蜂がたくさん取り残されていました。
それどころか、巣箱の中には幼虫や蛹がたくさん取り残されています。
18-110910.jpg

巣箱を取り去った場所には、ときたま連絡が行き届かなかった蜂でしょうか? 出先から帰って来て「巣箱が無い」とウロウロ途方にくれる蜜蜂も何匹かいました。

幼虫や蛹を残して緊急に引っ越さなければいけないほどの緊急事態だったのでしょうか?

それって・・・・
私たちが原因?





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

臨時ニュースです 

先日蜂蜜をいただいたのがそんなに嫌だったのでしょうか?

2011-09-09 13.37.22
今日の昼過ぎにいっせいに、巣箱から飛び立ち始めました。



何とかしなくては来年蜂蜜が採れなくなってしまう。



温故知新? 

先日までお客様がお乗りだったYAMAHA AG200。
登録証に製造年月日や初度登録の記載が無い排気量なので、正確な年式を私は知りえませんが、電装が6ボルトでもあり、古いに違いありません。

00-110908.jpg
AG200は同じヤマハのXT200がベースと聞いています。

XT200は125がベースになったと記憶しているので、AG200も基本的には125ccベースの軽量車の部類に入るのでしょう。



天気も良いし、ガソリンを満タンにして近所の気になる場所へ散歩に出かけます。
01-110908.jpg
出かけようとヘルメットを被って、エンジンをキック一発始動したところで、始業点検代わりにAGの周りを一回り。・・・・・?  「あ~っ!」



    問題発生。


  「自賠責保険切れてるがな!!」


前オーナー様から、
『自賠切れてますから』 と言われていたのを、コロッと忘れてました。

自賠責保険に12ヶ月加入して出ようかなと思っていると、KTMとR1150GSアドベンチャーでお客様がお越しになり、一緒に出かけることになりました。



   行き先は?




   こんな所です。

02-110908.jpg
バイクで30分も走れば、目的地に到着です。


写っている狭い道は、西国街道です。
03-110908.jpg
東海道、中山道、などが有名ですが、そんな昔の道として西国街道も江戸時代の主要な道路で広い意味で京都から下関までを言うようです。


中山道の妻籠宿や馬篭宿には昔の風情が残っているので、観光地になっていますが、ココは観光地ではありません。 が、歴史に登場する人物に縁のある場所です。
04-110908.jpg

05-110908.jpg



目的地には1軒の建物。
06-110908.jpg
KTMとイチゴGSアドベンに挟まれると、AG200は見えにくいほど小さい。


実はここは、萱野三平の生家であり、自刃し生涯を自ら終えた場所でもあります。
07-110908.jpg

萱野三平とは赤穂浪士の話し、忠臣蔵の四十七士(しじゅうしちし)には入っていませんが、江戸城松の廊下での刃傷事件の第一報を赤穂へもたらした人で、江戸から赤穂まで戻る途中に、ココの自宅前を通った際に母親の葬儀に出くわすも、母親に別れをしないまま先を急いだそうです。
08-110908.jpg
四十八番目の赤穂浪士などと呼ばれたりもしているそうです。

こちらが昔から残る本来の門、この前を参勤交代の大名行列も通ったのでしょう。
09-110908.jpg

中へ入ると、左手に先ほどの長屋門。
10-110908.jpg


門を入った内側です。
11-110908.jpg


説明文のかかっている左の部屋がこちら。
12-110908.jpg

13-110908.jpg


この部屋で萱野三平は自刃したそうです。
14-110908.jpg
主君への忠義の心と父親との狭間での自刃。詳しくは調べてください。



私とお客様の三人で歴史探訪をしていた頃、スタッフのフクチャンは・・・・


21b-110908.jpg


車検の帰りに、こんな物買って来ています。

21a-110908.jpg
この話は又後から。




向こうに見えるお屋敷も立派なつくりです。
15-110908.jpg


外へでると、昔からの石垣や曲がった道が、武家社会の景色を思い描かせます。
16-110908.jpg

17-110908.jpg

上の写真を写したホボ同じ場所で、左を見ると?
18-110908.jpg
バイク部品やウエアーなどの販売大手の南海部品箕面店。
その手前の車が見える道が国道171号線。
19-110908.jpg
萱野三平邸の前にもバイクなら何台かは止めることはできます。
南海部品に買い物に来たついでに、一度立ち寄ってみてください。

15のアドベンチャー、KTMと分かれて帰ってきました。AGの燃費はどれ位だと思います?
20-110908.jpg
天気が良いし、この日は湿度も低くて快適でした。
21-110908.jpg


事務所に帰り着くと暫くし車検に行っていたスタッフのフクチャンが、買い物を済ませて到着。

これは、7月にニホンミツバチが住み付いてくれた巣箱です。
22-110908.jpg
ぼちぼち、ハチミツを頂いてみようとなり、巣箱を分解にかかります。


まずは、一番上のフタを取り外しておきます。
23-110908.jpg
「うぅ~わっ! いっぱいやがな!」
蜂には下側に降りて欲しいのですが・・・・

以前に少し頂いた所を修復しているのか、頭を突っ込んで何かしています。
24-110908.jpg


「え~~~いぃ じゃまやな~」
25-110908.jpg
煙で燻しておとなしくさせる人も居ますが、西洋ミツバチには有効でもニホンミツバチには無効だそうです。
それ以前におとなしいし、めったに攻撃はしてきません。

手袋も頭のネットも無しです。


巣箱の上一段を取り外してみます。
26-110908.jpg
木枠を外しても、中に巣が付いているので、巣を切らなくては上一段も外れません。
マイナスドライバーで少し隙間を作って・・・・

バイクの部品が脱落しないように、ワイヤリングしますがそのワイヤーを巣箱に通して中の巣を切って行きます。
27-110908.jpg
この時既に、あま~~い香り。
蜂が出てこないように上には仮にフタを置いています。
28-110908.jpg
切れましたね。

切った箱を、手前に置いて、残った箱にフタしましょう。
29-110908.jpg


そのまま巣箱から離れたところへ持ち出して、作業準備。
30-110908.jpg


ちょっと予想外の展開。
31-110908.jpg
蜂を下に降ろしたつもりが、まだ沢山居ます。

ちょっと考えて、 「エアーで、飛ばそ」
32-110908.jpg

「ほら、みんな飛んでった」(自分で飛び立ったのではなくコンプレッサーのエアーで飛ばした)
33-110908.jpg


切った方の断面。
34-110908.jpg


虫の嫌いな人は画像をクリックしないで下さい。
巣箱の上のほうに食糧貯蔵庫があり、下側に育児用の部屋があると聞いていたのに、写真には幼虫や蛹、それも幼虫から蛹に成り立てのや、もう少しで成虫になる蛹まで色々見えます。
35S-110908.jpg


あまり沢山の蜂蜜は無さそうですが、いくらかは出来ています。
36-110908.jpg


虫の嫌いな人は画像をクリックしないで下さい。
ここには沢山の幼虫。
38S-110908.jpg


虫の嫌いな人は画像をクリックしないで下さい。
『これは針で出して、食べると良いよ』
39S-110908.jpg
私の家内が教えてくれます。
しかも、爪楊枝まで持ってくる。
「何で知ってるねん?」『昔そうしているのを見た事がある』
家内は岐阜県育ちで、「ヘボ」と蜂の子を呼び食べるそうです。

蜂の幼虫や蛹を生で食べたかどうかは、ご想像にお任せします。


幼虫や蛹の居る所は避けて、ミツの多そうな部分を絞りましょう。
42-110908.jpg
車検帰りに買ってきた、水切り用のネットに巣を入れて?
44-110908.jpg


これも車検帰りに買ってきた、「水切りバスケット」に入れて?
45-110908.jpg
左上の黒いのは、カメラのレンズにとまった蜂です。


「よっしゃ~~ いくで~ 回すで~♪」
46-110908.jpg
ステンレスのボールの中に水切りバスケットを入れて、水を切る要領で「グルグル」回します。

一度ではほんの少ししか出ませんでした。
47-110908.jpg


「おいおい、まだ早いがな、そんなビンもって待ってても」
48-110908.jpg
「・・・2個も・・そんなようけ、とれへん」

何度かに分けて、「遠心分離機」で採蜜したニホンミツバチの巣。
49-110908.jpg


コレくらいは収穫できました。
50-110908.jpg


ビンに入れてみます。
51-110908.jpg

ビン二本には入れられませんでしたが、まあこんなもんでしょう。
52-110908.jpg



この巣には、花粉が詰め込まれています。
53-110908.jpg
出て来ているのは私がほじくり返したからで、巣の六角形の穴の奥に入れてあります。
これが、蜂の出す酵素と混じり蜂蜜になるのでしょうか?


こちらは、フタがされているのは幼虫の部屋のようで、蛹になるのでしょうか?
54-110908.jpg
それとも餌を食べさせる時にはフタは取るのかな?
いや違うな、フタの無い幼虫の部屋もあるから、きっと蛹になるのでしょう。


こんな所にも蜂の巣が落ちてます。
55-110908.jpg
しかも幼虫が居ます。
台風の風で落ちたのでしょう。
足長蜂?

 「こっちこんといてんか」
56S-110908.jpg
「ハチはきらいや、さしよる」


結局200ccのビンに7割程のニホンミツバチの蜂蜜が収穫できました。
57-110908.jpg
季節によって咲く花の種類が違うので収穫する時期によって蜂蜜の味や風味が違うのは当然だと思います。
しかし、販売されている蜂蜜との違いを感じます。
売っている蜂蜜は同じブランドのハチミツを買えば毎回同じ味だと思います。
コレってきっと混ぜ物も有るんでしょうね。


少しのハチミツを味見していただいたお客様がお帰りになります。
58-110908.jpg
この日初めてご夫婦で一緒に走ります。
これから、いろいろな所へ行って楽しんでくださいね。
59-110908.jpg



ところでAG200の燃費ですが。
60-110908.jpg

走行距離は?
61-110908.jpg
約36キロ。
使ったガソリンは約0.9リットル。
1リットル当たり、おおよそ40キロも走った事になります。
田舎道8割、山道で上り下りあり。
残り2割は平坦な国道。

コレくらいのガソリンで約5.6キロ走るようです。
62-110908.jpg


先ほどの萱野三平邸は一般公開されています。
63-110908.jpg


AG200は高速道路は得意ではありません。
しかし、走る事は出来ます。
64-110908.jpg
でも、気分的には河原や山道をトコトコ走りたいですね。
AG200、オーナーさんを募集しています。

AG200が造られたのは日本ですが、この車輌は海外向けのモデルです。
日本国内向けにもAG200は同じ名前で販売された時期がありますが、エンジンのフィーリングは結構違います。
マフラーから放たれる排気音は国内販売モデルとは明らかな違いが有り、排気効率は良さそうです。

キャブレターやエンジン内部のカムシャフトなどに違いがあるかどうかは知りませんが、カムシャフトやキャブレターの口径が違うのでは?と思わせるほどです。
このエンジンの本来の姿なのでしょう。

今回、試運転してきたコースです。
65-110908.jpg








右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

私事で、申し訳ありません。 

何の変てつもない民家ですが・・・

高校時代に、お好み焼きや焼きそばを食べたお店。
暑い夏には、カキ氷も食べたな。

01-110904.jpg

夏休み、陸上部で午前と午後に練習が有るときには 昼御飯をクラブの先輩や後輩と、ここでよく食べたのを思い出します。

でも、もう店が閉まって長いよう。


じっと見てると、雨戸が開いて お婆さんが のれん を掛けに出てきたりして?




三十年以上前の話になってしまいました。


この時、当時のクラブ部員と一緒でした。
彼は、今はBMW R1150GS-Aに乗っています。

そういう歳になったんでしょう。




優しかった「おばあさん」
もう居ないのかな?

居ないだろうな~。
いまさらながら会いたい。

時が戻っていく。




こちら、大阪府豊能郡での雨のピークは過ぎたようです。
しかし、各地で土砂災害の発生し易い状態が続いています。
皆様に被害が出無い事を願っています。