| elf |

月別アーカイブ

 2013年08月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルモーター不良 伝染したのかな? 

ご近所でお世話になっている方の軽トラックですが、エンジンが掛からないとの連絡です。

01-130825.jpg


ダイハツ ハイゼットジャンボ トラックですが、運転席の後ろに若干のスペースを作った使い勝手の良い軽トラです。

02-130825.jpg


エンジンは運転席と助手席の下に入っています。
荷台のサービスホールの蓋を取り外し。


車両の運転席側の下から潜って拝見。

03-130825.jpg


一部明るい光が差しているのが、先ほど蓋を取ったサービスホール。
シルバーのステッカーが見える丸い筒状の部品がセルモーター。


事前のテストでセルモータに電気を流しても回らないのを確認しているので、セルモーターを取り外します。

04-130825.jpg


セルモーター自身はトランスミッションにボルトで固定されているので、ボルトを緩めればセルは取り外せます。
しかし、ここで気をつけなければいけないのは、電源です。

セルモーターにはエンジンキーとは連動しない電源が「ぶっとい配線」で来ています。
必ずバッテリーのマイナスターミナルを事前に取り外しです。



セルを取り外すとミッションに穴が開き、オートマチックのトルクコンバーター丸見え。

06-130825.jpg



少し角度変えると、セルモーターのギアーが噛み込んでエンジン始動するリングギアが見えます。

07-130825.jpg




取り外したセルモーター。

08-130825.jpg


このタイプのセルモーターには、電気の配線が2本来ています。

09-130825.jpg


丸い穴の開いている太い配線は、エンジンキーに関係なく常時電気が来ています。
白い樹脂のカップラーが付いている配線は、エンジンキーをセルモーターをまわす位置に回した時にだけ電気が流れます。
共に電気の極性で言えば「+」プラスです。

では、マイナスは?

マイナスの配線は必要ないんです、配線は!



エンジンキーをセルモーターを回す位置にひねっても、RやD、1または2、等のエンジンが始動できない位置にシフトレバーがあるときには、この部品・・・

10-130825.jpg


ニュートラススイッチがシフトの位置を把握してセルを回したり回さなかったりの判断を行う部品です。



事前にセルモーターのテストを行って、セルモーター不良と判断していましたが、念のためセルモーター単体でのテストとを行ってみます。

11-130825.jpg


用意したのは、軽トラックと同じ電圧12ボルトのバッテリーとブースターコードとドライバー。



バッテリーのプラス側のターミナルに赤のブースターコードを接続し赤のブースターの反対側をセルモーターの丸い配線側(太い)に接続。

12-130825.jpg


これだけでは当然回りませんが、ブースターコードの黒い方の片側をバッテリーのマイナス側へ咥えさせます。
先ほど車両にマイナス側の配線が無かったのは、セルモーター本体のケースがマイナス側の電気が流れるので、ミッションに直接組みつけられている間は、マイナスの配線は必要ないのです。

しかし、車両からセルモーターを取り外している現在、マイナスはセルモーターのケースからバッテリーに繋ぐ必要があります。

これでもセルは回りません。
故障しているからではなく、正常なセルモーターでも回りません。



車両側に白い樹脂の付いた配線がありましたが、あの配線にはセルを回す位置にエンジンキーを回したときにプラスの電気が流れます。

13-130825.jpg


同じ状況を作るために、プラスの電気が来ている赤いブースターコーから、電気を白い樹脂のカップラーの配線が接続される端子に電気を流します。

正常なセルモーターなら、これでセルモーターは回るはずです。


14-130825.jpg


でも、やはりこの不良セルモーターは回りません。


回らない状況のセルモーターの動画です。
     ↓




リビルトセルモーターのテスト動画。
     ↓





こちらはBMWのセルモーター。

15-130825.jpg


小さい端子に電機を流すと、下のようにマグネットが働きレバーを動かしセルモーターのピニオンギアがリングギア側に飛び出します。

16-130825.jpg


それと同時に常時来ているプラス側の太い配線の電気がモーター側に流れてモーターが回りだします。
回りながらピニオンギアは飛び出します。




ダイハツ ハイゼットのセルモーターは中古品をオーバーホールした「リビルト品」が販売されています。

17-130825.jpg


これを組み付けて、ダイハツ ハイゼット S210Pは復活しました。



そんな事をやっていた最中に、お越しのR100Rミスティック。

18-130825.jpg


ミスティックレッドが素敵です。



セルのボタンを押しても、セルモーターが回らずに、バイクを押してエンジンを始動したそうです。

19-130825.jpg


外部の配線ではなさそうなので、セルモーターを取り外して確認です。



先ほどのダイハツの軽トラックはミッション側から前向きにセルモーターが付いていましたが、R100はエンジンの上に後ろ向きについています。

20-130825.jpg


配線はやはり2本で、共にプラスが来る構造は車と同じです。

21-130825.jpg



外したセルモーター。

22-130825.jpg


23-130825.jpg


配線が2本見えます。



外した部分からはフライホイールのリングギアが見えます。

24-130825.jpg

写真は向きを合わせるために加工しています。


セルモーターを分解してみます。

25-130825.jpg


納車前にも一度分解しているので、ボルト類もスムーズに取り外せました。

26-130825.jpg


キックペダルの付いているGSなら、セル無しでもエンジンは掛かります。
ミスティックにもキックつけましょうか?

27-130825.jpg



マグネットが一部剥がれて動いていますが、割れてはいません。

28-130825.jpg


これなら、少し時間を頂ければ、修理可能で乗って帰っていただけそうです。





29-130825.jpg


それまでの時間を食事したり、野菜を獲ったりでお待ちいただきましょう。

30-130825.jpg



何してるのかな??

31-130825.jpg


2年前に私が移植した「ミョウガ」が沢山出てきています。
沢山見える緑の葉っぱがミョウガの葉。


32-130825.jpg


食べる部分は花なのですが、葉っぱや茎の上に咲くのではなく、地面から直接咲きます。



本日の収穫、きゅうり、茄子、インゲン豆、ミョウガ。

33-130825.jpg


白い茎が見えるのが「ミョウガ」。



34-130825.jpg


コハクとイブキもキュウリを食べて満足。



「暑いから、ぬいでもーーたがな」

35-130825.jpg


目の玉まで脱いでますね。

36-130825.jpg


シマヘビの抜け殻、脱皮したようですが、全長?体長 153センチ!!
頭のてっぺんから、尻尾の先まで綺麗に脱げています。

37-130825.jpg


そんなこんなの間に、ミスティック完成。


今回セルモーターが故障したミスティックは、納車前にセルモーターをオーバーホールしていました。

38-130825.jpg


しかし、こんな事も起こりえます。

39-130825.jpg



私たちの出来事なんて関係ないように、毎年夏が過ぎて秋が来ます。

40-130825.jpg



朝夕は秋の気配を強く感じられる大阪府の北の端、豊能町です。

41-130825.jpg


しかし、昼間はまだまだ暑い日が続きます。

42-130825.jpg


コハクとイブキは水浴びでご機嫌。

43-130825.jpg


誰とでも仲良く散歩できます。

44-130825.jpg


気持ち良さそうな水。



45-130825.jpg


早く大きく育って欲しいですが、秋になるのも少し寂しい。


既に夜は涼しいので、昼間暖かくなったアスファルトやコンクリートの上に、こいつが出てきています。

46-130825.jpg


蝮、マムシ。

47-130825.jpg


もう少しで、黄金色の収穫です。







右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

スポンサーサイト

GS空も飛んだかな? 

先日お客様と近くの山をコハクとイブキを散歩させていたときです。


01-130824.jpg


雷が何度も光るので、スマホで撮影。



なかなか上手く写りませんね。

02-130824.jpg

稲光とタイミングが、ドンピシャだと、明るくなり過ぎて稲妻が写りません。

昼間のように写っていますが、この時間の辺りは本来真っ暗です。




連写で少しタイミングが遅れた時に何とか稲妻が映りました。

03-130824.jpg


この日は、地面に向かっての稲妻ではなくて、雲の中を横向きに空を飛んでいました。


04-130824.jpg




ご一緒いただいた方も、スマホでの撮影です。

05-130824.jpg





雷が地表に落ちたら大変なダメージを与えますが・・・・・

http://elfnoshippo.blog85.fc2.com/blog-entry-1251.html
       
    落雷による結果




   これは??

06-130824.jpg


  まさか雷の直撃を受けた訳でもないでしょう??



07-130824.jpg


R1150GSなんですが、アルミの工具箱兼、シートベースが折れて下に向いておじぎしています。



08-130824.jpg


上下の写真はR1100GSですが、同じ部品なのでこれが正常です。

09-130824.jpg


10-130824.jpg


比べると違いが良く分かります。


これほどのしっかりしたアルミのキャリアが折れてしまうことがあるのですね。

転倒や事故による外部からの力が加われば折れるのは当然ですが、オーナー様からお聞きした破損理由は意外なものでした。




こちらは、R1150GSアドベンチャーの後部でトップケースがついています。

11-130824.jpg


アドベンチャーとGSとでは鉄パイプのシートレール共通部品ですが、その上につくシートベースの形状は違っています。

12-130824.jpg


サイドに取り付けるパニアケースやトップケースには積載できる重量に制限が設けられています。

13-130824.jpg


それを少々オーバーしての積載では、ビクともしないのは私も経験上知っていますが、今回のGSのキャリアの場合はオーナー様からお聞きした重量は、10キロ以上。


10キロ??  うーーん? 

15-130824.jpg


14-130824.jpg

 「10キロ程度の重量で、折れるのかな~~~?」



鉄パイプのシートレールもねじれています。

16-130824.jpg




この部分が曲がっていますよ。

17-130824.jpg


実は トップケースに荷物を積んだ状態で、飛んだそうです

以前のブログで「GSなら飛べる?」なんて書いたからかな??


18-130824.jpg


稲光が飛びまくり。



同じR1150GSのリアホイールを固定している「ハブボルト」

19-130824.jpg


先端が少し傷んでいます。


20-130824.jpg


ご自分でタイヤ交換までされる方なのですが、少し締め付けトルクが足りなかったようです

後方から走っていたご友人が、ホイールの振れに気づき、事なきを得たそうです。


R1100GS R1150GS R1150GSアドベンチャーのリアキャリアは通常の使用で、上記写真のような破損の発生は、かなりの走行距離を走らない限り起こらないと思っています。

しかし、飛んだり跳ねたりする可能性のある場合には、短時間でも取り外すほうが無難かもしれません。


R1150GSのオーナー様からはブログ掲載の許可をいただいています。
ありがとうございます。








右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!

いつか、空も飛べるはず 

朝の散歩に来ての1枚。


「早いこと、出すもん出せ!」


11-130810.jpg


少しだけの時間でも散歩に連れてきてやりたい気持ちです。

帰るのを嫌がられると、散歩も大変ですが、コハクとイブキは帰るときも笑顔で車に乗ってくれます。

それどころか、車が好きなので、自分から車に乗り込むことも。

ここから仕事場までは車で1分。



「さー事務所いくよーー、車のろか」







車に乗るのは大好きなお二人さん。

01-130810.jpg

事務所の入り口に到着。

「夜ゆっくり散歩しようね」




注文してあった、部品が入荷したとお世話になっているディーラー様より連絡があったので、引き取りに来ました。

アクセサリー等と一緒に見慣れない本が1冊。

02-130810.jpg


結構分厚いし、重い!


BMW 創立90周年記念に出た本なんだそうです。



03-130810.jpg

数量限定での入荷とのことでしたが、私たちのような業者にもお売りいただけるとの事だったので、1冊購入。


04-130810.jpg


結構分厚くて重い。

05-130810.jpg


古いバイクから新しいバイクまで網羅。


06-130810.jpg


広告が入っていない割に、税込み6825円は安いと思います。


「しかしねー・・・・ 読むのに時間かかるんですよ」

08-130810.jpg



日本語ではないんです。




自宅でゆっくり見ることにします。

07-130810.jpg




私が英語と格闘している横で・・・・・

山から帰って自宅でくつろぐイブキ君。


edit_2013-08-09_02-12-21-803.jpg




室内では、おとなしく私か家内の横にいつもベッタリ。




それに引き換え、コハクは?

    あっちでゴソゴソ

    こっちでバタバタ


fc2_2013-08-09_02-13-22-555.jpg


「ウロチョロするな!! 」


で、ゲージに閉じ込められてしまいました。



fc2_2013-08-09_02-15-54-435.jpg


カタツムリみたいに、ユックリ歩いてくれたら、良いのですが。

写真は事務所横で見つけた、ニッポンマイマイ?




    空飛ぶ4バルブボクサーツイン。

09-130810.jpg




『わたしだって、もうすぐに飛べるようになるんだから』

10-130810.jpg





12-130810.jpg


『僕なんてもう飛べるんだよ』




 「・・・・・・・ガァー」

13-130810.jpg

飛べると言えば、以前5月に保護したカラスの雛は、体重も軽くて育つか心配でした。


この体重が一番軽かった子は、両足が不自由で1ヶ月くらいの頃死んでしまいました。


14-130810.jpg



でも、元気いっぱいに口を大きく開けて
  「ごはんちょうだーーい」



残った2羽は、水浴びが大好き「ピー子ちゃん」

15-130810.jpg

その水しぶきを迷惑そうに見守る「キューちゃん」






もう、この時期には十分飛ぶことが出来たのですが、散歩はコハクやイブキと一緒。


16-130810.jpg


誰も飛ぶ事のお手本を見せることが出来ないので、後ろから「トコトコ」歩いて付いてきます。
そして、距離が離れると大きな声で「ガーー ガーーー」と呼びます。





鷹匠ななるカラス匠?
17-130810.jpg


でも知らん顔していると、飛んできて近くから私の肩や腕に止り木よろしく、落ち着きます。




1週間後に巣立っていきました。




この2台の75周年記念限定車はいつごろ巣立つのでしょうか。

18-130810.jpg


GSなら少しは、飛べるかな??
でも、飛ばないでね。

お盆の期間中の休みは有りません。

今年のお盆休み期間中は、北海道へのツーリングにお出かけのお話をお客様から多くお聞きしました。
楽しい旅と、道中のご安全を願っています。







右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!