| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が付かない流用と再利用 

友人の4輪ですが、頼まれごとを請け負いました。
FF車のドライブシャフトブーツの交換です。

01-101211.jpg

ドライブシャフト?

BMWのバイクではミッションから後ろに伸びた通常のバイクであればスイングームと呼ばれる部品の中に通っている回転シャフトをドライブシャフトと呼ぶ事もあるようです。
02-101211.jpg
4輪の場合はこのホイールの内側。
右側を裏側から見てこの部分。
03-101211.jpg

拡大するとゴムブーツが破れています。
04-101211.jpg

左側も破れています。
05-101211.jpg
破れて直ぐに気が付けば、ブーツの交換を行えば問題はありません。
しかし破れたままの状態で、長期間走行すれば雨の中を走る事もあるのでグリスが飛び出してしまったり、水と一緒に砂が入ったりします。
そうすると、中にはハンドルを切るための等速ジョイントが入っているのですが、この関節状に曲がる部品が悪くなります。

悪くなると、ハンドルを切ってアクセルを踏むと
「パキパキ」とか「カリカリ」「コンコン」なんて音が出だします。

音が鳴り出すとグリスを入れ替えブーツを交換しても殆どの場合は改善しません。
時間と共に悪化するのが普通です。

そんな時はベアリングを交換しますが、勿論新品も購入可能です。
06-101211.jpg
しかし少しでも安く修理したい時には、車両のメーカーが出している純正の新品部品と違うリビルト部品を使うことがあります。
見かけは新品ですが、綺麗に仕上げられた再生部品です。

ブーツの交換の際もドライブシャフトを取り外してブーツを交換しグリスを入れ替えます。
シャフトの交換もほぼ同じ作業が必要ですが、ブーツ交換の手間が省けるので少し工賃は安くなるでしょう。
リビルトのシャフトの部品金額はブーツよりは勿論高いですが、まだまだこれから長期間乗るのであれば、リビルトのシャフト交換も考えられる選択です。


まずはココを外しましょう。
07-101211.jpg
割りピンを取り外し、ナットを緩めます。

ここでこんな工具が出番と成ります。
08-101211.jpg
エンドプーラー。

ナットを緩めても、この部品は抜けません。
09-101211.jpg
斜めのテーパー状の噛みあわせなので、食い込んでいます。
工具が無ければ、金槌で叩いて振動させて外したりもしますが、工具があれば簡単です。

こんな風に噛ませて下からボルトをねじ込めばレバーが下向きに力をかけていきます。
10-101211.jpg



「バーーーン!」
11-101211.jpg
大きな音と共に抜けました。
ナットを取り外せば抜けますね。
12-101211.jpg


これでドライブシャフトは、外側での固定は無くなりデフに差し込まれた内側さえ外せばシャフトは取り外せます。
13-101211.jpg


これはエンジンルームの下側を前から後ろ向きにエンジン下部を写しています。
14-101211.jpg
赤錆が見えるのがドライブシャフトの端で、右側のデフに刺さっています。

デフには刺さっているのですが、右端の針金のようなリングで抜けにくくなっています。
15-101211.jpg
レバーなどでドライブシャフトを外側に取り外します。(コレはリビルト品)

上手く力をかけると「スコッ」と抜けます。
16-101211.jpg
この時の注意はオイルが出ることです。
最後に抜けた分量のオイルを足すのを忘れてはいけません。

取り外したダメなシャフトとリビルトされたシャフト。
17-101211.jpg


コレを逆の手順で組み付ければ完了です。
18-101211.jpg

先端のナットも新品が付いてきます。
19-101211.jpg


左右交換だったので、箱は2個。
この箱に入れて部品屋さんに送り返します。
20-101211.jpg
送り返した部品を再び専門業者が再利用できるレベルの部品であれば、「リビルト」して部品として販売されます。
右と左、シャフトの長さが違うでしょう?
エンジンはFF車の多くは横向きに搭載されています。
この車なら、運転席に座ってみて右側にエンジン、左側にミッションです。
ミッション側にデフが付いているので、左側のシャフトはホイールに近くて短いのです。

デフに取り付くドライブシャフトは左右ともデフの部分での高さは同じですが、相手側のホイールの中心も左右で高さは同じです。
だとすると、長さの違うシャフトだとドウナリマス?

デフからホイールに向かうシャフトの角度が違ってきませんか?

適当な資料が見つからなかったので、走り書きで申し訳ありません。
前側から見ているとしてください。
47-101211.jpg
デフが右によっているので関節の角度がきついです。
この部分にブーツが被っています。

実際にはこんな角度は付いていません。
誇張して書いていますが、サスペンションがストロークした時などはコレに近いことが起こります。
この角度の違いが大きなパワーを持つ車両では、アクセル開閉時にハンドルの取られにつながります。
これをトルクステアと呼んだりします。
この軽自動車には付いていませんが、長いシャフト側の途中に支えるベアリングを入れ角度を左右揃える事でる事でトルクステアを抑える車も多いようです。

この軽自動車のようなシャフトなら左右どちらがブーツの破れが早いのかと、その理由も分かりますね。


ついでにベルトも交換してくれと。
21-101211.jpg

22-101211.jpg

23-101211.jpg

前から見て左側にベルト。
24-101211.jpg
交換しにくい。
せまいわー。

この軽自動車にはターボも付いてます。
25-101211.jpg
インタークーラーターボ。

インタークーラー外してっと。
26-101211.jpg

27-101211.jpg


エンジンの上の黒いカバーを取り外し。
28-101211.jpg
イグニッションコイルが見えます。
このエンジンは4気筒なので、点火プラグは4本。
プラグも換えてくれと。

プラグは4本でもコイルは2個?
29-101211.jpg
このシステムは1個のコイルで2気筒分の仕事をさせていますので、前回ブログに書いた同爆のコイルのシステムのように1番(向かって左端)と4番(向かって右端)、2番と3番はそれぞれ同時に点火しています。
どちらかは排気上死点での着火になっています。

右側がイグニッションコイル。
コイルから出たコードはプラグコードでプラグに刺さります。
30-101211.jpg
コイルの下側には直接プラグが刺さります。

コイルとプラグコードを取り外した状態。
31-101211.jpg


抜き取ったプラグの状態は?
32-101211.jpg

かなりの磨耗が見て取れます。
33-101211.jpg
交換すればアイドリング時の細かな振動が軽くなった気がします。

こんな所に一方通行のバルブ。
34-101211.jpg

ヘッドカバー(タペットカバー)からインテークチャンバーまでを繋いでいます。
35-101211.jpg

コレくらいの部品ですが、下から上への一方通行です。
36-101211.jpg
エンジンのブローバイガスをインテーク側に導き再度燃焼させます。
ここで似た機能を果たす部品に気が付きませんか?
内圧コントロールバルブ。
あれと、ほぼ同じ仕事をしています。
4輪のコレはかなり昔から付いていますが、こちらは排気ガス規制からも必要なんでしょうね。

これは細いですが、太い車種のなら代用できますよ。

37-101211.jpg

38-101211.jpg


これら一連の作業はこの頃の物です。
39-101211.jpg
コハクとイブキ。
イブキがココに来て間の無い頃です。

小さかったイブキも、現在ではコハクよりも大きく重くなりました。
40-101211.jpg
山の中に散歩に出ても、コハクよりも活発に動き回ります。

そんな2匹を見ながら私はユックリしか歩けないので、勝手に走ってもらいます。

何気なく下を見ると?
41-101211.jpg
鳥の巣ですが何でしょう?
かなり小さいので・・・・知らないです。

でも中を良く見ると、針金や荷造りのビニールのヒモなんかも使っています。
42-101211.jpg
人間の捨てたようなものも、巣作り中の鳥にとっては好都合な材料なんでしょう。

これは先日の強風で木から落ちたのかもしれません。


43-101211.jpg
勝手に遊んでいるお二人ですが?

なにやらイブキが元気ないでしょう?
44-101211.jpg


あちらこちらに間伐したり風で倒れたりした木が横たわっています。
45-101211.jpg


このビデオを見てやってください。
途中で悲鳴上げてます。



枝が横向きに出ていて、それに刺さったようです。
46-101211.jpg

怪我は有りませんでしたが、驚いたようで暫く私の横で大人しくしていました。


私の股関節も不具合が出たままなので、もう少しおとなしくしています。


分解手順はかなり省略して書いていますので
整備の際の参考にはしないで下さい。







右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!