| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の名残、春の香 山の幸。 

3月3日の朝は久しぶりに冷えました。
事務所から見える箕面の山々も薄っすらと雪景色です。

01-110303.jpg

大阪市内側から北方向に見える山が箕面方向ですが、その裏側から見ています。


軽トラの尻尾号にも雪。

02-110303.jpg

気温は2度位でしょうか。
今も時折チラチラ風花の様に飛んできます。


事務所から見える友人宅の屋根にも雪。

03-110303.jpg

早朝は畑も白かったのですが、この季節の雪は日が射すと すぐに融けてなくなります。

    ほんの少し。

そんな久しぶりの寒さの中を、初めてのお客様にお越しいただけました。

04-110303.jpg
オーナー様に写真撮影とブログ掲載の了解を頂けました。
    R80。

大切にされているのが良く分かる車両です。
バイク自身は結構古いのですが、現役で販売されていた頃を私は良く覚えていないので、懐かしさはありません。
普段2バルブではR100GSや、R100Rを頻繁に見ているので、逆に新鮮に感じます。



   でも、これはどうでしょう?

05-110303.jpg


私が高校生の頃に、ハイグリップタイヤの定番でした。
最初バイクに乗り出した頃にはGPは無く、暫くしてからGPが出たと記憶していますが、もう何十年も前の話になってしまいました。
ダンロップ TT100 GP。

06-110303.jpg

リアもノーマルとはサイズ違いだそうですがTT100GP。
07-110303.jpg

現在も製造販売されているので入手は可能です。
サイズもそこそこ揃っているようです。


ダンロップ TT100 GP.

100/90-19 57H WT (G)
110/90-17 60H TL
110/90-18 61H TL
120/80-17 61H TL
120/80-17 61S WT
3.00-18 47S TL
3.00-18 47S WT
3.50-18 56H TL
4.00-18 64H TL
90/90-18 51H TL
130/80-18 66H WT
110/90-18 61H WT
        
現在でもコレだけのラインナップが用意されています。



今回はミッションのご相談でお越し下さいました。

08-110303.jpg

ヒザの後ろ隠れるように、ノーマルでは付いていないはずのキックペダルがほんの少し見えていますが、ご自分でミッションを交換されたそうです。


とても歯切れの良いサウンドを響かせて雪の融けた景色の中をお帰りになりました。
09-110303.jpg

今日は寒い中をありがとうございました。
10-110303.jpg



寒い中を走るのには電熱ベスト(ウェアー)も重宝します。
電気でウェアーを温めるのですから、電気が必要です。
電池で暖める物も有るようですが、限界があるので車両から電源をいただければ、長時間の使用も安心です。

11-110303.jpg

BMWの多くの車種には電源ソケットが装備されています。

写真はバッテリーをBMW純正の充電器で補充電していますが、車両側は電源ソケットに接続しています。

12-110303.jpg


R100GSなどの車種はシートを外すと工具箱が見えます。

13-110303.jpg

工具箱を取り出せば下にはバッテリーが丸見えになり、充電器を接続するのに苦はありませんが、1100や1150、1200などの多くはバッテリーに市販の充電器のワニグチクリップを接続するのも一苦労です。
14-110303.jpg



  R100GSはココに付いてます。

15-110303.jpg



R100GSパリダカにもココ。

16-110303.jpg


R1100RSならセルモータのカバーの部分に付きます。

17-110303.jpg

黒いキャップがそれです。
18-110303.jpg



私達の遊びバイクのR1150GSは?

19-110303.jpg

やはりセルモーターのカバーに電源ソケットが付いています。
20-110303.jpg

その横のX印のカバーは万が一バッテリーが上がってしまって、エンジンが始動出来なくなったときに、他の車両(4輪など)から電源供給しても大丈夫な端子です。
電源ソケットでは、あまり大きな電流は流せないので、セルモーター用の電源供給は隣のX端子から出来る様にしています。
このパーツは確かR259シリーズの平成16年以降の一部車種に標準採用されたと記憶しています。
それだけバッテリーにたどり着くのた大変だと言う事でしょう。
付いていない平成16年以前の車種にもパーツを購入すれば取り付けは可能です。


両方ともキャップを開けた状態です。

21-110303.jpg

本当はXではなく、+ プラスですね。
写真では斜めになっていたのでXと書きました。


こちらは電源ソケットの部品を単品で見たところです。

22-110303.jpg

23-110303.jpg

24-110303.jpg



   それに付くコード。

25-110303.jpg

   コードの届く範囲で、増設が可能です。
26-110303.jpg

R1100RTとR1150RTには電源ソケットが標準で2個用意されています。
R1100RSやR1150GSなどは標準では1個なので、部品を購入して2個にすることも可能です。
R1150GSアドベンチャーも2個付いています。
27-110303.jpg



左側が電源ソケットに接続できるタイプの端子です。
ヘラーソケットで検索していただくとイロイロ出てくると思います。

28-110303.jpg

右側が日本で普通に使われている4輪用のシガーラーターソケットに合った物で、BMWの電源ソケットには少し大きいです。

ソケットに合った端子に交換してしまうと、通常の物よりも抜けにくくなりバイク用としては良いのですが、4輪と共用するとなると考えなくてはいけません。


    変換のコードも出ています。

29-110303.jpg

30-110303.jpg



    無線機との接続例。

31-110303.jpg



F650GSダカールにも電源ソケットは付いています。

32-110303.jpg

   どこか分かります?



   こ~んな所に有りました。

33-110303.jpg

この角度で接続して、シングルエンジンの振動や走行時のショックにも抜けにくいのはヘラーソケットならではです。


その電源ソケットに繋がるBMW純正の充電器。

34-110303.jpg

鳥来る機能付き。
(訂正)  あ~~ 鳥は飛んでこないです、トリクルです。
通常の充電でバッテリーが満タンに成ってからも接続しておき、自己放電と時計など微弱な消費電流を補う機能付です。
35-110303.jpg

36-110303.jpg

       「維持充電中」がトリク充電時。


お客様と一緒に山からの恵みを少し持ち帰りました。

37-110303.jpg



ミニキャベツ?

38-110303.jpg



これなら分かりやすい?

39-110303.jpg



40-110303.jpg



天ぷらにしてみましょう。

41-110303.jpg



ほのかにフキの香りがして、美味しそうです。

42-110303.jpg




せっかく油を温めたので、もう一品。

43-110303.jpg

この日いただいた、新鮮な鹿肉。


今回いただいたのは、腕の部分なので少し硬い部分が多く、薄く切って調理。

44-110303.jpg

手前は竜田揚げにしたかったのですが、漬け込む時間が無く、フキノトウの残り油で天ぷらにします。
塩コショウで味付けして、衣付けてっと。
45-110303.jpg


   出来上がり。
46-110303.jpg

もう少しで猟期が終わるので、残りは冷凍しておきましょう。



先ほどの「まな板」の左上に見えていた肉は、細かく刻んで調味料で揉み込みます。

47-110303.jpg

ニンニク、コチュジャン、七味、ごま油、醤油、塩などで味付けです。
本当はこれにウズラの卵の黄身とニラを刻んだ物を入れたいところですが、今日無し。


バラ寿司と一緒にいただきました。

48-110303.jpg


大阪府の今年の猟期は3月15日で猪や鹿は終わるそうです。
もう少し冷凍庫に入れておきたいのですが、コレばかりは自然相手で予想がつきません。
でも、フキノトウやもうすぐ本番のツクシなら、予想はつきます。
ゆっくり散歩しに来て下さい。
イブキとコハクが案内するかも?




右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!