| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMWが走れないこんな日は。 

大阪府の北の端の豊能町では午前中から雨でした。
こんな日は気分も晴れないので、写真もありません。
でも何か書きたい気分なので先日撮影した写真でも見てください。
(携帯電話の画像ですがご容赦ください)


兵庫県にR1150RTを納車に行った帰り道、何気なく山を見ていて
気がつきました。

070422-01-2.jpg

山の木々の新芽が出始めて山が黄緑色に見え始めました。
撮影場所は箕面市の山の中です。


私たちのバイク屋さんの地域は標高が400メートルほどなので
少し気候が遅れます。

070422-02.jpg

コレが大阪府豊能郡の山ですが まだ新芽の季節には早そうです。


でも田んぼには水が入りました。

070422-03.jpg

『おーーい、エルフ! 田んぼには入るなよー』
「・・・毎年おんなじこと言わないで!」


遠くから見ると新芽は まだのように見えますがよく見ると?

070422-04.jpg

「なにみてるの?お父さん?」
『エルフ、後ろの木、見てみ?新芽が出て花まで咲いてるよ』


秋になると美味しい実をつける アケビ です。

070422-05.jpg

今年もたくさんのアケビの花が咲きました。
季節が順調に進めば、たくさんのアケビの実が出来るでしょう。
昨年は長雨の影響か、実が小ぶりで数も少なかったようでした。


コレは去年採れたアケビなどですが、どれがアケビか分かります?
真ん中で大きく口をあけたように見えるのがアケビです。
中に見える種の部分の周りに付いているゼリー状のところが甘くて
美味しいので 私や鳥はそこを食べますが、料理には皮を使うそうです。

070422-06.jpg

豊作でたくさん実ができれば、人間もお酒に漬けたり料理に使う材料で
分けていただくのですが、昨年は本当に出来が悪く鳥達のために
ほとんどを残しました。
私たち人間は他にも食糧はありますが、野生生物にとっては大切な
食べ物なので人間は少しだけ頂くようにしています。
この中には、私は食べないものも含まれていますが・・・
でも食べる人もいます。


アケビの花の拡大です。

070422-07.jpg

こんな花が、ねむの木にまとわり付いた、アケビのツタ 一面
咲いています。


こんな生き物も見つけました、なんですか?

070422-08.jpg

伸びたり、縮んだり、おじぎをしているようにも見えます。
コレは幼虫からさなぎになったばかりの てんとう虫です。
なったばかりというか、今なっている最中でおじぎをしているように
見えるのは、古い幼虫の皮を脱いでいる最中だったんです。
葉っぱのところに皮が見えます。


少し時間が経つとこんな形になり動かなくなります。

070422-09.jpg

でもまだ色は先ほどと同じで綺麗な薄黄色のままです。


そしてコレが半日ほど経過したさなぎです。

070422-10.jpg

色が変わって、見た目硬そうになりました。


次の段階のさなぎを探しましたが見当たりません。

070422-11.jpg

さなぎから羽化したての成虫が下側の色の薄いてんとう虫
少し時間が経過したのが上にいる色の濃いい方です。



ここで問題です。
色の薄いてんとう虫の、羽が片方出ているのはなぜでしょう?



答えは、ブログランキングをクリックしてね。




右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え