| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識と私の非常識 

出来上がったベンツE320の試運転を済ませて、納車してきます。
大阪と京都の府境の豊能町から、箕面市方面に走ります。

100-110518.jpg
124の走りは加速、コーナーリング共にここち良いです。

新緑の箕面ドライブウェーなら、なおさら。
101-110518.jpg


そんな新緑の中に、いまは藤の花が盛りです。
102-110518.jpg

103-110518.jpg


以前から気になっていたことなんですが、この写真を見て何か分かりますか?
104-110518.jpg
私には長年の不思議だったんです。

ココではないのですが、軽トラの尻尾号でフクチャンと納車で走っていたときのことです。

上のような模様の付いた壁を見て私がフクチャンに
「あれなんでかしってるーー?」

『なんのこと?』

「あの丸い模様」

『・・・・あんなモン、草やんけっ!』

「???・・・なに?・・・なんて??」

『草や木が風でグルグルまわったの』

「・#%&‘{&@★・・・あーーそうーかー」

私の長年の不思議が解決した瞬間でした。
それ以後何人かの方に、この事をお聞きしたところ、半分以上の方々が草や木の枝とお答えになりました。
しかし、私と同じように疑問に思ってはいたが、追求もしなかったというかたも居られたのも事実です。

フクチャンの常識は私の常識ではなかったし、他の事柄でも逆も沢山あるのでしょうね。

そんな事を考えながら納車を済ませて、帰りはこんな車に乗ってます。
105-110518.jpg
右ハンドルですが、やはり日本の車ではありません。ハンドルに・・・

先ほど納車したベンツ124のE320が前に居ます。
106-110518.jpg
国道423号線、新御堂の萱野交差点です。
よく見ると、車に白いロープが?

そうなんです、牽引中。
私の運転するフォルクスワーゲン ポロはエンジンがかかりません。


同じく国道423号金石橋の交差点で、後方の車を先に行かせます。
107-110518.jpg
ココから事務所まで約4キロかな?
    もう一息。

帰り着いた事務所横には、最近このお二人さんが復活です。
108-110518.jpg
コハクが1月8日から病気になり、一時はイブキだけ事務所に来ていましたが、これからは季節も良いので2匹で事務所に来る予定です。

体重はほとんど変化はしていませんが、高熱が長く続いたので毛がバサバサでアンダーコートが全て抜け、イブキが大きくなったのとあいまって、コハクが小さく感じます。
109-110518.jpg


連れて帰ってきたワーゲン ポロ。 ぼろではありません、ポロ。
110-110518.jpg
軽量で燃費の良い車ですが、エンジンが掛からなければ鉄の箱。

連れて帰ってきた本来の原因はオーバーヒートです。
オーバーヒートするので、オーナー様は乗らずに置いていたのですが、私たちが引き取りに行くと本来エンジンは掛かるはずなのに始動できず走れませんでした。


こんなエンジンルームですが、この車はFF(フロントエンジンフロントドライブ)、前にエンジンが載り、前のタイヤを駆動します。
111-110518.jpg
なので、この車には先ほどのベンツのようなファンは無く、電気で動くモーターのファンが付いています。

オーナー様が走っていて、オーバーヒートしたのですから、エンジンを高温で焼きつかしたのでしょうか?

お話では、そこまでのヒートには至っていないと感じていましたので、少し原因を探ると?


セルモーターを回すとイグニッションコイルの部分でプラグに行くべき電気が逃げています。
112-110518.jpg
写真撮影に苦労しました。
人の目には残像として長く電気が見えているように感じますが、カメラでは火花が飛んだ瞬間にシャッターが切れなければいけません。
ちょっと違いますね、シャッターが開いている時間内に、火花が飛べばいいのですね。
もっと暗い場所で撮影すれば簡単だったのかな?
書いていて気が付きました。
いずれにせよ携帯電話では大変でした。
113-110518.jpg


電気の逃げる原因わっと?

電気を4気筒それぞれに分配するデストリビューターの部分のコードを抜くと?
114-110518.jpg
ゴムカバーの下側にオレンジ色が見えます?

この部分ですが・・・・
115-110518.jpg


   デストリビューターのキャップが割れてます。
116-110518.jpg


イグニッションコイルに刺さるこの部分もあやし。
117-110518.jpg


逃げている電気に触れると、痛いしビックリします。
118-110518.jpg
過去にはエンジン始動中に、何度もプラグコードに触って電気が身体を流れた事も有りますが、今も生きています。
流れる電気の電流は少ないのですが、電圧が高いので、少しの空間なら放電して流れてしまします。
エンジンの整備を行っていて、腕(手)から入った電気が足に抜けた経験は大多数の整備士が経験していると思います。

こいつらが、事務所に来るとヤイヤイとやかましいです。
119-110518.jpg


    雨後の筍。
120-110518.jpg
どんどん育ちます。


結局メーター部分でブツブツ言っていたフクチャンは方針転換。
121-110518.jpg
いっその事ハーネスも加工し、軽量化を兼ねてメーターも小型化。

そのための材料も購入してきました。

122-110518.jpg


オーナー様自らも購入にご協力いただき、こんなメーターを確保。
123-110518.jpg


必要な部分のハーネスも製作しました。
124-110518.jpg





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!