| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くに生駒さん 


暑い暑い大阪平野に降りてきています。

交通量の比較的少ない昼食時を狙って移動して来ましたが、お昼休みで業務は中断中。


大阪府寝屋川市の車検場です。



今日はイチゴGSアドベンチャーですがうまく合格出来るでしょうか?






暑そうなスタッフのフクちゃん。

日陰の隣のラインで休憩中。

隣は新規ラインです。



車を傾けてこけないかの測定が出来る新規ライン。






こいつが鬼門です。



車検時のライトの光軸測定は、ハイビームのみの明るさと光軸の測定です。

少しでも右や上を向いていればダメなのは当然ですが、左や下でも限度を超えれば車検には合格しません。

明るさも必要で、最近人気の明るいライトのHIDでも、見た目明るく広い範囲を照らしていても、光が広範囲に飛び散っていらば測定する場所での明るさが足り無い事も有ります。

ノーマルのハロゲンバルブとHIDの電球に当たるバーナーで光る部分が微妙にずれていたりすれば、光軸がずれて焦点が出なかったことも。


最近ライトの光軸測定が厳しくなったので、シビアな調整が必要な寝屋川です。