| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャージランプと発電 

私が家内と普段乗りに使用している、スバル プレオネスタのメーターパネルです。

01-150126.jpg


イグニッションキーをオンにしたら、こんなに電球が点灯します。



  左下には・・・・・

02-150126.jpg

「電動パワーステアリングの警告灯」 「エンジンコントロール類の警告灯(チェックエンジン)」 「エンジンオイルの油圧の警告灯」。

エンジンオイルの警告灯はエンジン内部を潤滑冷却するためのに、強制的に圧送しているエンジンオイルの圧力が、規定値以下に低下すると点灯するのですが、このランプにオイル量の低下を知らせる機構は付いていないはずです。



     メーター右側下のランプ類。

03-150126.jpg
左は通常サイドブレーキの警告灯でサイドブレーキのレバーを引いていると、点灯しています。

多くの車種でこのランプに共有されている機能で、ブレーキオイルのタンク油面が下がった際にも点灯や点滅するように成っているようです。

サイドブレーキを戻し忘れていないのに、走行中に時々赤いランプが点いたり消えたりするのは、このランプのことが多いようです。

そんな時にはエンジンルームの中のブレーキオイルのリザーバータンクを確認です。




もうヒトツのランプは「チャージランプ」

バッテリーののマークになっていることが多いですね。



正常な車両なら・・・・・  エンジンが回りだしてからは?

04-150126.jpg
このようにランプは全て消えるはずです。

エンジンが回りだして、発電機が正常に電気を作り始めると、チャージランプは消えるはずです。

上のプレオネスタは、タコメーターが付いていないので分かりにくいです。



この車両は少し前まで、スタッフのフクチャンが愛車として使っていたダイハツムーブです。

05-150126.jpg
エンジンキーを「ON」にした状態ですがエンジンは掛かっていません。

こちらのムーブは左から「エアバッグ」「エンジンオイルの油圧」 「チェックエンジン」「サイドブレーキ」そして「チャージランプ」



この車両も、セルを回してタコメーターの針が上がるか上がらないかのタイミングで、「チャージランプ」は消灯します。

06-150126.jpg





   その様子を動画で・・・

 「そんなん見んでも知ってる」?


知っているようで、知らないタイミング

エンジン始動はセルモーターを回すために、エンジンキーを操作しただけで、アクセルには触れていません。

しかし、ファーストアイドル機構のおかげで、いったん回転がアイドリングよりも持ち上がり、ゆっくりと下がっていきます。


で、チャージランプ思っているより早いタイミングで消えていると思いませんか?

少なくとも私の思っているタイミングよりかなり早かったです。

特にバイクのBMWのチャージランプと比べてしまうので、なおさらです。



これはBMW R1150GSですが、これはどんな感じかといいますと。

08-150126.jpg
  (時計の時間は無視してください)
エンジンキーを挿しただけの状態。 当然電気は使っていません。

厳密にはこの状態でもキーがパーキングランプの位置にあれば、テールランプは点いていますので、電気は使っている事もあります。




次にエンジンキーをオン(ON)の位置へ動かすと、沢山の電球が点灯や点滅します。

09-150126.jpg
エンジンは掛かっていません。

スピードメーターとタコメーターの下の部分に、明るく点いた電気だけを説明すると、左から「バッテリーマークのチャージランプ」「ニュートラルランプ」「上下2個ABSランプ」右端は「エンジンオイルの油圧警告灯」


この状態から、チョークレバーを引かず、アクセルも触らずに・・・・


セルのボタンを押してエンジンを始動。
(事前に少し暖めた状態での撮影です)

1150RPM程度で安定して回り始めていますが・・・・

10-150126.jpg
(写真ではABSの2個のランプも消えていますが本当は同時に点滅しています)

タコメーターを見ての通り、エンジンは掛かっていますが、チャージランプは消えていません。


R1200以降のインジェクションには先ほどのダイハツムーブ等と同じように、エンジン始動直後にアクセルに触れなくても回転数が上がるファーストアイドル機構が備わっています。
それ以前のR1150GSを含むBMWバイクには、その機構が無いので、チョーク(アクセルを開ける)を操作していないときには始動後に回転数が上がらず、発電が始まりません。


ほんの少し回転を上げて1400rpm程に一度するとチャージランプも消灯。
    




その後アクセルを戻して・・・・・・

11-150126.jpg
アイドリングの回転数が下がっても、チャージランプは消えたままです。

発電機の回転数が低くなりすぎると発電しなくなりますが、この程度の回転数だと発電は止まりません。

しかし、最初に発電し始めるまでは、BMWのバイクは1200RPMから1400RPM程度に一度回転を上げる必要がありますが、発電し始めると同時に、ベルトで回転させている発電機を回すのに力が必要になり、少し回転が下がったりもします。

発電を始めるまでは、バッテリーからの電気に頼っていたので、ガソリンポンプやヘッドライト等で消費するばかりですから、このままの状態が長く続けばバッテリーの消耗につながり、最悪は次にエンジンが掛からないことも考えられます。


BMWのバイクは暖機運転は行わず、エンジン始動後に直ぐに走り出し、エンジンやミッション、その他ベアリングなどを走りながら暖めるように書かれています。

とは言え、寒い時期の走り出しはエンストの危険もあり、安定するまで暖機したいのが人情です。


そんな時、出来れば、発電機は一度ほんの少し回転を上げてチャージランプを消して欲しいんです。
   ↑
 これを話したかった!




下の動画では、最初チョークレバーを引いて少し回転を上げて始動。その後もう一度チョークレバーを戻して始動しています。


動画途中の48秒付近で、チャージランプが消えます。
その瞬間前方を照らすヘッドライトロービームが、コハクとイブキの犬小屋コンパネにあたっていますが、よく見ているとチャージランプ消灯と同時に明るくなるのが確認できます。

それまではバッテリーの電圧だけだったのが、発電機が発電を開始し電圧が上がったことが確認できます。

この動画では分かりにくいかもしれませんが、ガソリンポンプの音も変わります。



それでも、常時点灯のヘッドライト、電動のガソリンポンプ、スモールランプ、ブレーキレバーを握っていればストップランプも電気を消費しています。

低いアイドリングでは、それら全てをまかなうのは無理なときも多いです。

発電機で発電した電気で足らない電流は、バッテリーから出て行きます。

   でもご心配なく。

正常なバッテリーなら、少し走れば大きな発電機で「どんどん充電してくれます」



  これは???

13-150126.jpg
同じBMWのオートバイ、R100GS。 発電機の発電量は先のR1150GSやR1100等の半分程度の容量しか持っていません。

エンジンオイルの油圧警告ランプと発電機のチャージランプがそれぞれ赤色、ニュートラルランプがグリーン。



こちらの発電の状態は???



先のR1150GSの発電機は、一度回転を上げてチャージランプを消せば、その後少々回転数が下がっても再度チャージランプが点灯することは無いのですが、2バルブ各車両はまた違う世界です。


これには大きな原因のヒトツとして、エンジンに対して発電機の回転数が影響しています。


R1150GSの発電機のイラストはRealOEMより

001-150126.jpg

2番が発電機の前に付いているプーリーで、プーリーを回すのは4番のベルト。

エンジン前方のクランクプーリーで回したベルトを上部に持って行き、クランクプーリーよりも小さな直径を持つ発電機のプーリーをエンジンの回転数以上回すR259シリーズ以降と違い、エンジン前方のクランクシャフト前端に直接組みつけられた発電機の2バルブ各車両は、エンジンが1分間に1000回転なら、発電機も1分間に1000回転しか回りません。


それ以外の要因もあるのですが、アイドリング回転数では発電できず、チャージランプが「薄っすら点いたり」「はっきり点いたり」もします。

15-150126.jpg
  これはR100Rのメーター周り。

R100RやR100GSなどの発電機が、R1100や1150の発電量の半分程度しか無いと聞くと、心配にもなりますが、電気で動くガソリンポンプやエンジンをコントロールするコンピューターも付いていません。

車輪の回転やブレーキの作動状況を監視しているABSのコンピューターも2バルブ各車には無いのです。



先ほどメーターの写真を使わせてもらった、フクチャンのダイハツムーブGF-L902S。

16-150126.jpg


現在「ヤフオク」に売りに出しているそうです。

4気筒ターボエンジンタイミングチェーンなのでタイミングベルトの交換の必要はありません。

17-150126.jpg


本来この車種には5速マニュアルミッションの設定は無いそうです。

18-150126.jpg


「みっしょんないねやったら、つくったろやないか!!」



通勤で毎日豊能町の田舎まで来るフクチャンには、燃費は最重要課題。

19-150126.jpg


で、組み替えちゃいました。

ボディーの形の違う車種にはマニュアルミッション車があったので、車両ごと購入してきて組み替えちゃいました。

もちろん改造の公認は取得済みなので、次回登録した際に型式に「改」の文字が入ります。

20-150126.jpg


どちら様か興味のある方は、「ヤフオク」で探してみてください。

21-150126.jpg
月13日に新しいオーナー様がお迎えに来られました。

こちらBMW R1150GSアドベンチャーはヤフオクには出していませんが、ご検討いただいている方々には宜しくお願いいたします。

22-150126.jpg


  豊能町へ遊びに来てくれるとき、最新の状況はこちらで見てくださいね
      ↓
    ツィッター





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!