| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Do it yourself 

かぼちゃ、ピーマン、鶏のひき肉、鶏のもも肉。

さて、どこまで自前で用意できるのでしょう?

00-160928.jpg


自前で車やバイクの整備を行う方も、結構いらっしゃいます。



この車のフロントの足回りは、ダイハツ ミラ275S 私の娘が通勤に使っているCVT(無段変速)ミッションの乗用車5ナンバーのもので、今回はブレーキパットの交換です。

01-160928.jpg

私は自分の車も、可能な限り自分で修理しますが、このミラも娘が乗っていますが私名義でもあり、当然のように娘は
      「やっといて!」

と言います。

少しは車の構造に興味を持って交換時に横で見ていてくれれば良いのになんて思うこともあるのですが・・・・





こちらは、息子さんとお父さんでお店に遊びに来ていただき、エンジンオイルの交換です。

02-160928.jpg

息子さんも車が好きで、自分のダイハツ ミラ275Vを大切に扱っています。

275Vは貨物自動車なんですが、マニュアルミッションで、先の私の娘の275SのCVTミッションの乗用車より、車両重量はかなり軽量です。

軽量でマニュアルミッションですから、燃費もキット経済的なんでしょうね。


親子で同じ趣味を持ち、こうして同じ時間を過ごせるのも良いものですね。




基本的な構造は、部品番号は違う物も多いのですが275V 275Sと似た構造をしています。

03-160928.jpg

こちらは275Sのフロントブレーキですが、ブレーキパットの残量は確認できますか?

まずは取り外して比較しておいて娘にも見てもらいましょう。



新品と使用限界間近なブレーキパット。

04-160928.jpg

摩耗して減っていく当たり面を内側どうしに合わせています。

どの程度が使用限界かと言いますと・・・・



左へ「ビユーン」と伸びて、右へ回り込んでくる金属の板が見えますが、これが使用限界を走行しながら教えてくれる部品です。

05-160928.jpg

ブレーキパットの摩耗する部分が残り少なくなると、ブレーキの回る円盤のディスクローターと板の先端が当たり始めます。


もう一度ディスクローターに合わせて見ると・・・・・

06-160928.jpg

ほんの少しの隙間しかありません。

このまま走行するとブレーキパットがもう少し摩耗するとディスクローターに接触し始めます。

接触し始めると~?

初めはブレーキを踏んだ時に

  「ヒッ    ヒー~~」


もう少し走るとブレーキを踏んでいる間中

「きーーーーーっ!キーーーーーー!!」

さらに症状が進んでしまうと・・・・・???


ホイールが回り始めると、ブレーキを踏まなくても・・・・・

『きーーー!』

    『 ききーーー!!』



ちょっと周りが気になって走れないレベルの金属音がします。 



新品のブレーキパットに取り付いた金属プレートとディスクローターの隙間は当たるはずのない距離があります。

07-160928.jpg

これが新品のブレーキパットの板の隙間。


ブレーキパットを取り付けた状態。

08-160928.jpg

全ての車両に、このような部品が付いているわけではありませんが、いろいろな方法でブレーキの摩耗を知らせてくれるシステムがあるので、異音がしたり普段点かない警告灯や文字でのディスプレーが出たら注意してください。

ブレーキパットが摩耗すると、その分ブレーキキャリパーのピストンが飛び出していきます。
シングルポットキャリパーなら1個のピストン分のブレーキオイルが、ブレーキキャリパーの中に入って帰ってこなくなります。
そのブレーキオイル分はエンジンルーム内のブレーキオイルのリザーバータンクから移動するので、その分タンク内は減少します。

ブレーキオイルが エンジンルーム内でどの程度減少すると、ブレーキパットが使用限界なのかは 各メーカー当然知っているのでブレーキパットが無くなる前にブレーキリザーバータンク内のセンサーが働き警告灯を点灯や点滅させたりも多いです。
サイドブレーキを引いているときのランプと兼用している場合も多いので、サイドを戻しているのにサイドの警告灯が「チラチラ」時々点灯し始めたら、ブレーキオイル漏れの確認とブレーキパットの摩耗も疑ってみてください。
そんな時にブレーキオイルの液面が下がっているからと、補充してしまうとパットの摩耗量とのバランスが狂うので、正常に機能しなくなります。

他にもパット自身にセンサーが組み込まれていて摩耗するとセンサーがローターに接触して、「キーキー音」ではなく電気的に警告を出す車種も多いです。



ブレーキペダルを踏みこむと、ブレーキオイルが流れ込んでブレーキパットをブレーキローターに押し付ける「ブレーキキャリパー」を取り付け。

09-160928.jpg

この車はシングルポットのブレーキキャリパー。

1個のピストンが片側からブレーキオイルで押さえて出てきて、片側のブレーキパットを横へ押します。

キャリパー自体も反対側への力がかかり、反対側のブレーキパットを引っ張ります。

結果として2枚のブレーキパットでディスクローターを挟み込む力が掛かるような構造で、キャリパーはフローティングピンでマウントされていて、パットの摩耗に従って動くようになっています。


これに対してR1100以降のBMWのオートバイでは、フロントにはキャリパー1個に4個のピストンが組み込まれた4ポットキャリパーがついています。

これはキャリパーはフローティングされず、車体側に固定され内外それぞれのブレーキパットにピストンから直接押す力が働きます。



では、これは?

10-160928.jpg

2ポット(2ピストン)の片押しです。

片押しにするメリットは?

キャリパー外側を薄く作りやすく、FF車(フロントエンジン フロントドライブ)が多い現在では、ホイールのオフセットとの関係で量産大衆車では、製造コストからも片押しのキャリパーが一般的です。



これも私名義の日産プレサージュVU30で古いディーゼル車です。

11-160928.jpg

ブレーキディスクが先ほどのミラとは違っていますね。

こちらはベンチレーテッドディスク。

ディスクローターはブレーキングで発熱しますが、発熱量は重量が重くなればなるほど多くなり、冷却が必要です。

ベンチレートはローターが分厚く間に空気の入るスペースがあり、空気に触れて放熱する表面積は、同じ外形のソリッドディスクに比べて倍程度はあるでしょう。



ベンチレーテッドディスクに対して、ミラはソリッドディスクでした。

車重が日産プレサージュVU30の約1.7トンに対して半分程度の約0.8トン程度だと、ソリッドディスクでも十分な放熱が得られるようです。


摩耗したパットと新品。

12-160928.jpg

ディスクローターの材質は、4輪では耐フェードを含めた制動力とフィーリングを大事に考え鋳鉄が多く採用されていますが、錆が出やすいのでブレーキローターが丸見えの2輪では違う材質(ステンレス)も多いです。

昔昔、ホンダがVT250やCBX400等にインボードディスクなるものを作りましたが、外側から見えにくい構造で鋳鉄がブレーキローターに採用されていました。

プレサージュも鋳鉄ディスクで、ダイハツ ミラ 275S 275V 共に勿論鋳鉄ローターです。


ブレーキローターもブレーキパット同様に摩耗します。

4輪のブレーキローターは、摩耗するとブレーキング時のフィーリングは悪くなるので、旋盤を使って削り直すこともできますが、削ると温度上昇が早くなりフェードしやすくなります。

この場合新品のようなフィーリングが味わえるのですが、新品ではありません。



少し前になりますが、こんな箱で部品が到着。

13-160928.jpg


ハンドルのギアボックスで、こちらはホンダ ライフ。

14-160928.jpg

軽自動車です。


ラックブーツ(ゴムのジャバラ)の中に関節のように動く部分があるのですが、そこに「ガタ」が出て不快な音と振動が伝わるようになっていました。

15-160928.jpg

パワーステアリング(パワステ)もついています。

先ほどのプレサージュのパワステはエンジンでオイルポンプを回して油圧で作動させています。

それに対してライフは電動モーターで力を得ています。



ブレーキペダル左に見えるのが、ハンドルを回すと回転するシャフト。

16-160928.jpg

17-160928.jpg

車体下側へ抜くので、ハンドルシャフトと切り離します。

18-160928.jpg


足回りのついているクロスメンバーを車体から少しずらしてステアリングラック(ハンドルギアボゥクス)を取り外しました。

19-160928.jpg

電動パワステなので、電気配線も切り離し。

20-160928.jpg

新旧の電動パワステのステアリングラック。

このギアボックスの形式はラック&ピニオン

ライフではラックの部分に電気のモーターが付いていますが、車種によっては先ほど取り外したステアリングシャフトにモーターが付く車種もあるようです。

先ほどの箱に入って到着していたのは「リビルト部品」です。

過去に誰かが使っていた車両の部品を、専門のメーカー(ほとんどが自動車メーカー以外)がきっちり点検して、消耗品を交換し「ほぼ新品」と考えて使っても問題ないレベルで出てきます。

いろいろな「リビルト部品」があるのですが、エンジン、ATミッション、MTミッション、エアコンコンプレッサーなどなど色々あるので、新品に比べると安いので助かります。

コア返却!

今まで使用していた部品は次に誰かが使えるように、オーバーホールするので返却する必要があります。

万が一何かの理由で取り外した部品を返却できない場合は、別途「コア代金」が必要になります。


21-160928.jpg

BMWのオートバイも依頼すればリビルトのレベルでオーバーホールできるのかもしれませんが、この場合は事前にオーバーホールの終わった「コア」が無いので取り外した現物をオーバーホールすることになるでしょう。

まあ、部品の調達が可能なBMWは自分たちでオーバーホールは可能なので、必要な個所だけでもオーバーホール可能です。

22-160928.jpg



でも、まれに。。、、、、・・・・・

23-160928.jpg

ごくまれに、リビルトされた部品も不具合が出ることもあります。

この時はリビルト部品を返却してリビルト部品を再び取り付けます。


ステアリングラックを交換するのには、車両の下側に潜り込みましたが・・・・

24-160928.jpg

少し気になる「物」が見えませんか?


緑色! 

これはクーラント。

冷却水ですね。

この中には水だけだと凍結するので、不凍液が入っています。

でもそれだけではなくて、錆止めも入っていますし、ゴムなどのシールを守る潤滑剤も含まれているそうです。


お住いが温暖な地域にお住まいの方も、凍結しなくてもクーラントの定期的な交換は必要です。


ブレーキパットの交換、ステアリングラックの交換、クーラントの交換。


少しずつ  すこしずつ。




25-160928.jpg

安心を積み上げる?

これは、かぼちゃを積み上げてますが・・・・


カボチャといえば、前回の雑種のカボチャ!

26-160928.jpg

高山カボチャと普通のカボチャの雑種。



色が変わり熟してきたようなので、1個切ってみたところ・・・?

27-160928.jpg

皮は薄く種が下の太い部部に集中し、食べる部分が多く大きさの割に効率が良いです。


左のカボチャはバターナッツカボチャで同じような形でした(上は食べた後)。

28-160928.jpg

カボチャは沢山収穫できそうなので1年分ストックを確保できそうです。


カボチャピーマンは自家製。

29-160928.jpg

鶏は?

買ってきた胸肉とミンチですよ!

ペットのボリスブラウンは、8羽とも元気に暮らしています




これは「ムカゴ」。

30-160928.jpg

秋に自然薯(ヤマイモ)の蔓にできるムカゴです。

フライパンで炒って塩ふって食べるのも美味。

簡単に「種」と言ったりしますが、種ではなく「茎が肥大化して形成された肉芽」なんだそうです。
   ↓ 参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%80%E3%81%8B%E3%81%94


31-160928.jpg

この日はムカゴご飯

ムカゴは栽培もしていますが、この日は「天然物」。


アケビも今がピーク。

32-160928.jpg

コハクとイブキもアケビを食べてご機嫌。



    これは?

33-160928.jpg

山葡萄?   いえっ 違うようです。

エビヅル?

多分・・・・ 野葡萄。


34-160928.jpg

萩の花。


これは?

35-160928.jpg

友人宅に実った・・・・・
     「かんぴょう」

私には鶏を育てて卵をいただく程度しか出来ません。

「鶏肉の自給は・・・・・・・・ 」

まだしばらくの間は、秋の実りとヒヨコの「ぴーーよ ぴよ」の鳴声が楽しめます。

会いに来ませんか?

写真使用で登場いただいた方々には感謝いたします。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!