| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏を知らせる小さなお客様 

今日は昼から可愛くて、かっこいい方がお越しになりました。

毎年この季節、夜間に蛍光灯を点けて作業をしていると、
遊びに来てくれるのですが、今年初めてのお方は、昨夜
道に迷ったらしく、近所の街灯の下で待っていてくれました。
01-070730.jpg


ミヤマクワガタのオスです。

02-070730.jpg

この近辺の山は、クヌギの木もまだまだ多く、クワガタもよく見かけますが
ミヤマクワガタが中心でオオクワガタにはお目にかかったことは
ありません。


隠れて暮らすオオクワガタは、そっとしておきましょう。


近所のお客さん宅に車を納車して歩いて帰る道に、きれいに咲く
オニユリを見つけました。
03a-070730.jpg

04a-070730.jpg
コオニユリかな?オニユリかな?どっちだろう?



竹の切り株から生えた草と溜まった水を住処にしている、
アマガエル君です。
05a-070730.jpg
雨上がりに、ここでよく見かけます。
「モッチャンに捕まるなよ。」

日も暮れて、バタバタとした一日が終わろうとした頃、
静かに 珍しいお客さんが来てくれました。

06-070730.jpg

携帯電話のカメラとペンライトで撮影しました。
こっちに歩いてきます。
何ですか?

セミの幼虫で、大きさと形からたぶんヒグラシです。
羽化する為に地中から出てきたのでしょう。

カメラを取りに戻っている間に、石垣に上り始めました。
07-070730.jpg

08-070730.jpg

どんどん登るのはいいのですが、その先にアリの通り道があるので
心配です。

09-070730.jpg
左へ曲がれ!!

10-070730.jpg
この後、沢山のアリに襲われたので写真はありません。
「何故写真がないかって?」
セミの幼虫に群がるアリを息で吹き飛ばしていたからです。


11-070730.jpg

セミの幼虫を見ていて、アリに襲われるとセミの幼虫を
助けたくなるのですが、もしもアリを観察していればキット
面白い生態を見ることが出来るのでセミの幼虫は見殺しに
されたでしょう。

人間とは勝手なものですね。
皆さんは違うかな、私だけか?


まだまだ楽しい季節は続きます。
皆さんもバイクで山道を走ったときに、エンジンを止めて耳を
澄ましてみてください。
そしてゆっくりと周りを見れば、走りなれた道にも新しい発見が
きっとあるはずです。



でも本当は楽しい季節は一年中です。