| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例年と違う何か 

「どこいったかなー?」
『エルフがじゃまするから ニョロニョロに にげられたんやんけ』

01-070808.jpg

二匹で仲良く何を探しているのでしょうね?


彼女達が探しものを、しているすぐ横で私は
こんなもの見つけました。

02-070808.jpg


おなか側から。

03-070808.jpg

地面に有りました。
土の中から出てきて本来は、木に登ったりして成虫のセミになります
が、なぜか地面にはいつくばったままで羽化をしてしまったのでしょう。
半分抜け出したところで、本来は自分の重みで下側に回りこんで
おなかの部分を抜くのですが、地面にいたので抜け出せずに
太陽を浴びて死んだようです。
最近、こんな形で死んだ個体を見つけたのは3匹目です。

04-070808.jpg

こんな風な格好で羽化すれば良かったのですが・・・・

『とったでー』

05-070808.jpg

先ほどエルフとモッチャンで探していたのはこれだったようです。
『毒へびのヤマカガシやで! みんなは触らんときや!!』
『わたしは素早いから逃げれるけどな!』


「そんなんゆうてもモッチャン マムシに噛まれたやんか」

06-070808.jpg

『??・・・・・・しらんなー』
『おいっ!! うごけ!』


夜になりましたが?・・・・

07-070808.jpg

なんでしょうか?

08-070808.jpg

見たことのない蛾です。
この後、窓からお引き取り願いました。


作業場のじゅうたんに突き刺さったミヤマクワガタの♀

09-070808.jpg

ごめんなさい。
本当は突き刺さっていたのではなく、捕まえようとしたところ
噛み付いて離さなくなりました。


帰宅途中に水銀灯の下で、カブトムシのオスが車に飛び込んできました。

10-070808.jpg

嘘のような本当の話です。
以前、私がバイクで帰宅途中、走行中にクワガタムシと衝突し
顔から流血したことがあります。
カブトムシもライトめがけて突撃してきて、目測を誤ったの
かもしれませんね。

飛び込んできた窓からお帰り願いました。

11-070808.jpg

「もうぶつかるなよ」
この写真を撮る瞬間に飛び立ちました。


帰宅後、ベランダの戸を開けて店長エルフ以外のゴールデンレトリバーに
ご飯をあげていたところ、
・・・・「ブ~~~~ン、バシ!!バリバリ!!」

12-070808.jpg

今度は自宅蛍光灯に、またまたカブトムシです。

落下したところを我が家の子猫「ベニちゃん」がゲット!

13-070808.jpg

でも可哀想だから、食べないでね。

即席の虫かごを作りましたが、ご飯だけあげて 現在はリビングルームで
放し飼いです。

14-070808.jpg

カーテンに隠れて昼間過ごし、夜は私たちが捕まえて
特製虫かごに入れてゼリーを食べさせて、朝になると居なくなっています。

15-070808.jpg

しかし、不思議な事があるものですね。
帰宅途中の水銀灯下のカブトムシが追いかけてきたのでしょうか?
そんなわけは有りませんね。

でも過去にこんなことは一度もありませんでした。
セミの幼虫が地面を歩いているのを見かけたことなど
数えるほどしかありません。
何年かに一度、見るか見ないかです。

カブトムシが家に来たことも過去一度もありませんでした。

蛇の脱皮した抜け殻も、今年は見かけません。

あなたの周りでも
例年と違う不思議なこと、
起こっていませんか?