| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW R100GSパリダカールは永久に不滅です。 

先ごろから最終仕上げの段階になり、スピードメーターケーブルの
不良が発覚したR100GSパリダカールですが、
意外な方向で解決しました。

まずはシートの張替えを最後に残しておいたので、始めましょう。

00-070910.jpg

パリダカのシングルシートの表皮のみが、純正部品で出たので
張り替えます。


まずは古い表皮をめくります。

01-070910.jpg"

接着剤で付いているので、無理をするとクッション材のベースまで
めくれて、ちぎれてしまうので ドライヤーで暖めながら少しづつ
はがしていきます。


無事にはがれた表皮と、新品です。

02-070910.jpg

古い表皮には、亀裂が入っているのが見えますか?


まずはベースにあわせてみますが・・・・

03-070910.jpg

かなり大きいようです。

前をあわせると、後ろが合わず。
後ろから合わせると、前が余ります。

04-070910.jpg

結局後方を合わせて、前で調整することにしましたが
前後長はかなり大きすぎるのに、横幅はきちきちです。
まあ、これくらいの物を力ずくで、伸ばしながら
貼り付けるのが本来の姿なので、前後長が長すぎるのです。


ここで突然、モッチャンが乱入。
15分ほど前に首輪の代わりのハーネスを付けたのですが
気に入らないようで、しばらくじっとしていたのですが・・・

05-070910.jpg

突然走り出したかと思うと、バタンと倒れて転がっています。
それからは立ち上がろうとせず、クニャクニャしているので
体に力が入らないようです。

「モッチャンだいじょうぶ?」  店長エルフも心配のようです。

以前、テレビで猫の胴体に腹巻状の物を着せると、フラフラになる
事を、実験していましたが、それに近いことが起こったようです。

旅行に同伴させるために、ハーネスを用意したのですが、
本人が嫌そうなので、以前の首輪に戻したところ普通に
なったのでやれやれデス。



シートはすったもんだの末に張替えを完了し、
ここからはメーターの作業です。

06-070910.jpg

すねているのではありません。

以前の試運転で発覚したスピードメータのケーブル切れを
修理して、原因がスピードメータのケーブル差込部分での
ケーブル断絶でした。

1メートルほどのケーブルの途中で切れてくれていれば
簡単でしたが、今回は切れたのがスピードメーターの
差し込み部分で、切れたケーブルがスピードメータの中に
残っていました。

今までにも、このようなパターンの切断は4輪と2輪で何度も
経験していますが、その大半は残ったケーブルも上手く
取り出せるものです。
しかし今回は、色々試して、最終的にドリルでモンでもダメでした。
メータを分解して反対側からトライしましたがこれもダメ。

新品のメーターはBMW Motorrad Japanに
在庫があるのは確認できていたのですが、取り寄せれば
又納車が延期になってしまいます。
何とかオーナー様に週末にお乗りいただきたいので、
八方ふさがりで、困っていたところ、このパリダカールの
オーナー様から電話です。

オーナー様   「もしもしー、メーター新品ありましたよ」
私たち     『えっ!! どこにですか?BMWジャパンですか?』
オーナー様   「いいえ! 違います。 某ディーラーさんです。」
         「明日、それを買って持って行きますね。」

いやー、驚きました。 在庫をお持ちのディーラーさんが有りました。

私たちも当然、他のディーラーさんは当たっては見たのですが、
「BMWジャパンになら在庫有る」との回答でした。

あきらめずに、聞いてみるものですね。
オーナーさんの執念の勝利です。

ここまでは土曜日の出来事です。



翌日の日曜日、午前中。
「おはようございまーす、なにかおいしいものある?」

07-070910.jpg

バイクのパニアケースやトップケースを開けると、美味しい物が
出てくると信じている店長エルフが、歓迎です。


有りました、これです。

08-070910.jpg

新品のスピードメーターです。
箱入り。


開けてみます。

09a-070910.jpg

間違いなく新品です。
よくこんな物を在庫していたものですね。
想像ですが、以前に注文したお客様が修理に
来られなかったのかも知れませんね。

私たちには幸運でした。


早速取り替えて、走ってみましょう。

10a-070910.jpg


11-070910.jpg

張り替えたシートにパリダカ用ではない、サマーシートカバーを
取り付け、オーナー様の試運転です。

行ってらっしゃい。
「タイヤもピストンリングも新品なので慣らしですよ。」

12-070910.jpg

ほんの少しの試運転ですが、オーナー様には緊張の一瞬でしょう。

試運転から帰ってきての感想は?

13-070910.jpg

「ビッグタンクが心配だったが、乗ると気にならず
ポジションもしっくりくる」
との事でした。


少し調整しましょう。

14-070910.jpg

リアのサスペンションのプリロードを少し掛けてみます。


一通り準備が出来たので、付属するパニアケースと
トップケースを装着して、GSシリーズで記念撮影しましょう。

15-070910.jpg


16-070910.jpg



右からR80ST、R100GS、R100GSパリダカール、
R1150GS限定車、R1150GSアドベンチャーです。

17-070910.jpg

並び終えてから気がついたのですが、年代順に並べれば
良かったですね。
年代順だと、赤いR100GSとパリダカールが入れ替わります。

今週末には年代順に並べた順番で右から2番目に並ぶべき
GSが入庫予定です。
入庫すればもう一度パリダカのお客様にも、お越しいただき
再度並べなおして写真を撮りたいものです。