| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R1100RS納車遠足 (総集編) 


 BMWの予備検査と出張登録   その1


ヤフーオークションなどで、自動車やオートバイの販売で
「予備検査をお付けします。」
または「予備検査受けは*****円です」
などと書かれているのを見たことは無いですか?

01-070913.jpg

これは先ごろ私たちが予備検査に出かける時の写真です。
継続検査も予備検査も自走することが無いのは同じで
尻尾号で出かけます。
自走して事故に巻き込まれると、保険の問題もあり何より
お客様のバイクをダメにする可能性は少しでも少なくしたいからです。

バイク自身の違いといえば、継続検査はナンバープレートが付いている、
予備検査はナンバーが付いていない違いでしょう。

ナンバープレートが付いていないということは、車両はバイクとして
登録されていないので、当然道路を走って検査場に行くことは
出来ません。
そんな時のために行政は臨時運行許可証(斜線ナンバー)を
貸し出してくれますが、役所に出向いて手数料を収めて
借りなければいけないので面倒です。

02-070913.jpg

そんな車両の戸籍というか、車検証の代わり(走れません)になるのが
「自動車検査証返納証明書」です。

この返納証明書と譲渡証、申請用紙、などを持って
自動車検査登録事務所に予備検査に出かけます。


これは神戸の登録事務所です。

03-070913.jpg


04-070913.jpg

この写真は、お盆休みの期間中に行った時のものでとても空いて
いましたが、通常はこんなものではなく写真を撮影するのも
ためらわれるほど、人でごった返しています。

予備検査とは何をするのでしょうか?
答えは通常の継続検査と同じく検査ラインを同じように入って、
テストします。

前後ブレーキ、スピードメーター、ホーン、ヘッドライトの光軸、
各部ゆるみが無いか、排気ガス測定、などをテストするのは、
予備検査も継続検査も同じです。

検査ラインを合格して書類を出していただくのですが、必要な書類が
継続検査とでは違います。
継続検査で必要な納税証明書と重量税5000円と自賠責保険が
必要ありません。
必要な金額は予備検査手数料の1400円(小型二輪)です。

出来てきた予備検査証と 先に持っていた返納証明書です。

05-070913.jpg


06-070913.jpg

こちらは譲渡証明書なるものです。
誰から誰に このバイクを譲るかを書きます。
一段目の人が 平成19年9月6日に2段目の人に譲るという意味です。

ここまでの作業で検査は終了ですが、通常の継続検査だと
この後2年間有効ですが、予備検査は3ヶ月間です。

3ヶ月間の間に 新しいオーナー様の住民票と印鑑を入手し、
自賠責保険に加入し、新しいお客様の住所を管轄する自動車登録事務所に出向き書類のみの申請で登録できるのです。
先に払わなかった重量税はこの時に払い、申請した日から2年間の車検
が付きます。

このシステムだと車両を遠方の登録事務所で車検に通す必要が
有りません。
遠方の検査場で万が一検査に落ちてしまったら、大変です。
地元の登録事務所(検査場)で、まずは予備検査を受けて合格し
遠方へは書類のみの申請で登録するのです。
これだと、大阪から九州でも東北でも車検を付けて送り届けることが
出来ます。
時間に余裕のある時には予備検査証を行政書士(代書屋さん)に送り
登録していただく時もあります。


今回予備検査を受けたBMW R1100RSは
私たちが納車に伺います。
現地の登録事務所で登録し お客様のご自宅にお届け予定です。


さて、その前にやっていかなくてはいけないことがあります。

07-070913.jpg


08-070913.jpg

軽トラの エルフの尻尾号に何やら取り付け中です。

違う車種の品物の流用なので、加工が必要です。

09-070913.jpg


ガストーチ2本で熱して鉄を曲げています。

大まかに完成です。

10-070913.jpg


11-070913.jpg

横からはこんな感じです。

荷室の高さも必要です。

12-070913.jpg


13-070913.jpg

完成したので BMWをつんでみます。
問題なさそうです。

納車の日には出来るだけ天気と相談して雨を避けていきますが
道中で降られる事もあります。
そんなときのために 今までは、ラップして毛布をかけて
ボディーカバーをかけてロープで巻いて出かけていました。
それでも走行中の風に負けて、ラップがめくれたりトラックの
巻き上げるしぶきで バイクが汚れてしまうこともありました。

今回 少しでもきれいな状態でお渡ししたく、尻尾2号に変更したのを
契機、ホロを用意しました。
とは言っても中古です。
ヤフーオークションです。


さー、今から遠足です。

14-070913.jpg

積み込みも完了。
でもこの後やっぱり毛布をかけて行くことにしました。

ナンバーのないBMWです。

15-070913.jpg

ここにどこの地名のナンバープレートが付くのでしょうか?


今度は登録なのでこれだけの書類が必要になります。

16-070913.jpg



明日登録するので、明日から25ヶ月間の自賠責保険。

17-070913.jpg



前回取得しておいた予備検査証、左下に有効期間が書かれているのが
見えますか?

18-070913.jpg

3ヶ月間有効です。

返納証明書

19-070913.jpg



2段目の名前が私になっています。
3段目に新しいオーナー様の名前が書かれています。

20-070913.jpg



重量税納付書。金額は5000円です。

21-070913.jpg



手数料納付書は必要ですが、お金は不要です。

22-070913.jpg



オーナー様の住民票。

税金の申告書です。

24-070913.jpg

このバイクを購入しますと、申告しますが、この時に税金は発生しません。
次回の4月が来た時点での所有者に税金が掛かります。

これが一番肝心な、マークシートです。

25-070913.jpg

これに住所コード番号を書いたり 車体番号を書き込み申請しますが
書き間違っても、最近は親切に教えてくれるので、あなたも挑戦
してみてはいかがですか?



これから出かけようと思います。
今回はどこまで行くのでしょう?
出来る限りブログに更新しますので、時間のある方はお付き合いください。

elfnoshippo@hotmail.co.jp でメールをお待ちしています。
約2時間おきに運転手が交代しますので、運転中は返信できませんが
出来るだけお返事を書かせていただきます。








 出発です   その2


午後6時スタートですが
まずは、腹ごしらえ。
尻尾号も人間も満タンにしておきます。

001-070913.jpg


002-070913.jpg

うどん屋さん真っ青の うどん一杯130円!







 京都市内   その3


食事を済ませて、これから本格的に、距離を稼がなくてはいけません。

保津川くだりや、トロッコ列車で有名な京都府亀岡市から
国道9号線で京都の市内まで来ましたが、五分ほど前から
国道1号線に国道番号が変わりました。

国道1号線 河原町五条の交差点です。

003-070913.jpg

午後7時半 現在の気温は26℃ 天気は曇りです。







 滋賀県   その4


午後8時に滋賀県大津市に入りましたが、
小雨が降ったり止んだりです。

滋賀県琵琶湖の西側の湖西道路を走っていますが、滋賀県に
入ってから聞こえてくる虫の声が変わりました。
私たちの地元の山の中では、あまりお耳にかかれない
クツワムシです。
湖西道路で窓を開けてみてください。
「ガシャガシャ」と独特の音を出すので直ぐに分りますよ。

004-070913.jpg

少し前まで有料道路だった湖西道路の終点まで走り
国道161号線で北上です。
コンビニのトラックの向こうに見える電気は、JR湖西線のマキノ駅です。

東京で見つけたコーラの300ミリリットルのペットボトルを
探しますが、見当たりません。

005a-070913.jpg

テレビでCMは見たので関西でも、販売している
はずなんですが・・・・・・・
「ないッ」
残念!







 福井県敦賀市   その5


午後10時10分に敦賀に入りました。

006-070913.jpg

こんな時間なのに、商店街のあちらこちらのお店が開いています。

良く見ると確かにお店も開いていますが、屋台もあります。

007-070913.jpg

昔はここの商店街の上り線側と下り線側との両方に
ラーメンの屋台が沢山並んでいたのですが、国道8号線がバイパスになり
市内を車が通らなくなってからは、屋台も少なくなってしまいました。

昔は屋台でラーメンを食べさせてくれた店も、今は普通の店舗に
なって続けている店もあるので、深夜までお店が明るいのです。








 福井県福井市   その6


午後11時です。
福井県福井市内です。

008-070913.jpg

ビデオは「バックトゥーザフューチャー」を見てます。

「なぜそんな古い映画を?」
不思議ですか?

助手席は知らないビデオも楽しめますが、ドライバーはストーリーを
知った話でなければ、ただの騒音で眠くなります。
ストーリーを知っていれば、音声だけでも楽しめます。
眠気覚ましに効果ありです。







 こんなん見たことない。   その7


こんなん見たことない。

009-070913.jpg


010-070913.jpg

850ミリリットルです。
横のが1リットルなので、太短いやつでした。

コーラだけでも、地域で違うようですね。

小さなペットボトルは大阪にもあると先ほどメールをいただきました。







 富山市   その8


午前2時少し前です。
富山県伏木港に近い国道八号を北上中ですが、ここまで走行距離が、
300キロを超えました。

011-070913.jpg

ガソリンはスタートして、直ぐに満タンにしたのですが、
エアコンも必要なく、速度も時速60キロそこそこで、走っているので、
燃費は良さそうです。
タンク容量は40リットルですが、メーターのEのかなり下までの状態で、
34リットルしか入らなかったので、実際に使えるのは35リットルぐらい
ではないでしょうか?

このあたりには、写真のような中古車の販売店が沢山並んでます。

012-070913.jpg

普段私たち見かける中古車の販売店とは少し趣が違っています。

013-070913.jpg


014-070913.jpg

ロシアなどの船が入るためか、輸出用の販売店のようです。

伏木で思い出すのは,お客様がバイク(F650FAN)で、ロシアを
走られて、帰って来られた時にお迎えに行ったことを思い出します。

お迎えに行ったと書くと、綺麗ですが本当は動かなくなったので、
お迎えに出向いたのです。
動かなくなった原因はロシアの粗悪ガソリンと添加剤でした。

富山市の天気は星空です。気温は20℃







 黒部市   その9


午前3時、黒部市内を通過中です。

015-070913.jpg









 親不知   その10


午前3時30分、親不知を通過中です。

016-070913.jpg

ビデオは「風の谷のナウシカ」放映中。







 海岸   その11


午前4時です。
コンビニでドライバーの交代です。

017-070913.jpg

このコンビニの入り口は二重になっています。
きっと、沢山の雪が積もるのでしょうね。

二重の入り口のもう一つの理由が・・・・・・・

018-070913.jpg

これらの昆虫かも知れません。


このあたりの国道8号線は、海岸沿いを走ります。
先ほどまで海の沖合いに漁り火が見えていましたが、
日の出が近づいてきたせいか、少なくなってきました。

019-070913.jpg

写真の遠くの光は、多分能登半島の光だと思います。

夜明け前の眠くなりやすい時間帯です。







 夜明け   その12


午前4時半、空が白み始めました。

020-070913.jpg

少し明るくなると、眠気も少なくなって、楽に走れます。

日の出です。

037-070913.jpg

まぶしすぎる太陽が、今日一日を予感させます。
上越市あたりだと思います。







 道の駅   その13


「道の駅・良寛の里わしま」 で休憩です。

予定の時間に比べて少し早い走行なので、ここで休憩をかねて
少し時間調整です。
ベンチで横になりほんの少しだけ仮眠しました。
ドライバー交代は2時間で行ない、助手席は眠るのですが
手足を伸ばせるので気持ちよいです。

021-070913.jpg

朝日眩しく、明るい朝です。
気温は19℃







 新潟運輸支局   その14


道の駅で、少し時間調整して、朝一番に登録するつもりでしたが、
通勤渋滞に巻き込まれてしまいました。

022a-070913.jpg

普段走る山の中から、出てくると渋滞がとても苦痛です。

何とか予定の時間に新潟運輸支局に到着です。

023-070913.jpg

024-070913.jpg

朝一番と言うこともあり、中は比較的ゆったりとしています。

これなら登録の書類を出して、ナンバープレートを交付して
いただく迄の時間は、そんなにかからないでしょうか?

025-070913.jpg


3月の月末は毎年ひどく混雑します。
名義変更を済ませていない下取り車の名義変更や抹消登録などの
書類の書き換えが殺到し、書類が出来上がるまでに2時間以上
待たされることもあるので、なるべく2月のうちに済ませましょう。


今回は、待つこと約十分で新しいナンバープレートが交付されました。

026-070913.jpg

まるで宅配便の荷物だしですね。
ナンバーを取り付けています。

ナンバープレートの金額って幾らか知ってます?

金額は大阪ナンバーが520円ですが
新潟はおそるべし~640円です!
タッカッ!

そんな事言ってる場合ではなくて、
早くオーナー様に届けなくてはいけません。

新潟管内も広いです。







 無事に到着です。   その15


食事抜きで到着です。

027-070913.jpg

書類や取説などをお渡しして、取り扱いの説明です。

説明が終了する頃には、軽トラの尻尾号も帰りの準備完了。

028-070913.jpg

分かりますか?
何が変わりましたか?

用済みの幌は骨ごと取り外して、積んで帰ります。

横風も恐いし、空気抵抗も馬鹿になりません。

ちなみに、行きのBMW R1100RSを積んだ状態の燃費は
リッター当たり15.4kmでした。







 刈羽パーキング   その16


納車も完了し、幌を取り外した尻尾号は身軽になりました。

高速道路で帰ります。
新潟市内を抜けると、高速道路の路面が波打つ箇所が
出てきます。

029-070913.jpg

030-070913.jpg

先頃の地震の影響が そこかしこに見られ、今回の地震の強さを
感じさせられました。

038-070913.jpg



一日も早い復興を願います。







 翡翠 (ヒスイ)と美人?   その17


親不知付近です。
この辺りは、急峻な北アルプスがそのまま海に落ち込んでいるので、
山から海迄の平地が殆どありません。
私たちが今走っている高速道路も、一部は海の上に出て走ります。

031-070913.jpg

フォッサマグナと呼ばれ この付近でヒスイが産出されるので、
付近の海岸をヒスイ海岸と呼ぶようです。

海が荒れた後などには、ヒスイ海岸の波打ち際を探して歩く人が
居たりしますが、それが私達家族だったりするときも有ります。

032-070913.jpg

見つかったかって?
ムフフフゥ~  ヒミツ   秘密。

たくさん綺麗な石があるので、見分けるのは難しいですが
下調べをして、探してみてください。

ヒスイは普通の石に比べて、重いですよ。



ここから1時間弱走るとこんな看板が高速道路に出てきます。
039-070913.jpg
何かが通過するようですが、高速道路を何が通過するのでしょうか?
どこかで「美人多し、よそ見するな!!」と書いたたて看板を見たことが
有りますが、まさか高速道路を美人が渡るのでしょうか?




「美人通過ではなく航空機通過です」
040-070913.jpg
実はこれだったんです。

富山市内を流れる神通川に平行して富山空港があり、
神通川を高速道路がわたっているので、空港に降りてくる
飛行機は高速道路を横切るように降りて行きます。

滑走路のアスファルト舗装された部分から高速まで600メートル
しかありません。
低空で着陸するジェット機が直ぐ目の前を横切るので
こんな注意喚起の標識が設置されたのでしょうね。
でも、見るなと言うほうが無理ですよ。
041-070913.jpg
川の直ぐ左に滑走路分りますか?
殆ど河川敷に空港があるみたいに見えますね。

美人も飛行機も高速道路を横切ると見てしまいますよね。











 鮮魚売り場   その18


日本海まできたので、スーパーでお買い物です。

033-070913.jpg

暇そうなスーパーですね。

042-070913.jpg
でも生きのよさそうな、魚介類がたくさんあります。
ズワイガニや毛ガニは生きています。
左にはマツタケやブドウ、アケビなどの山の幸も盛りだくさんで
何かをお土産に買いたくなります。


034-070913.jpg

でも本当は、高速道路のハイウエーオアシスです。
サービスエリアみたいなスペースで、食事したりできます。
スタッフはお姉さんに甘エビを売りつけられて(薦められて)います。
(出演快諾ありがとうございます。エビもカニも、とても美味しかったですよ)



反対車線もまたいでこの陸橋は海まで出ることが出来ます。

035-070913.jpg

ここ徳光ハイウエーオアシスは、車を置いて海岸にでることも
出来るので、気分転換には持って来いで、
ここからの夕日はおすすめです。



今回のお出かけ納車の間に たくさんのメールをいただきました。
短いメールの中に、みなさんの励ましが入っていて 
ねむけざましにもなり助かりました。
本当にありがとうございました。

また、今回は 中国とアメリカからもメールが届いたのに
驚きました。(日本人の方からです)







 R1100RS納車完結   その19


27時間で 
1208kmを走りきり 平均速度は44.74km/h
ガソリンは76.38リットル消費しました。
よって燃費は、15.81km/L
まあまあ良いほうでしょうか。

036-070913.jpg



2日間にわたりお付き合いいただき ありがとうございました。
今回もみなさまのメールでの励ましなどのおかげで
居眠りもせず、無事に走りきることが出来ました。
次回も、ご要望があれば各地にエルフの尻尾号で出かけようと
思いますので その際はまたよろしくお願いします。