| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーラとアケビ、どちらが甘い? 

昨日のブログと前回の東京遠征時にも書いたコーラの大きさですが
「関西にも有るよ」と友人が届けてくれました。

01-070915.jpg

どこにあったというと、私たちのバイク屋から一番近い
コンビニのローソンにも有りました。
私は見たことが無かったのですが、「灯台下暗し」ですね。
(一番近いと言っても30分ほどかかります)


その友人は、自然観察員を二人連れてきました。
自然に生えているアケビを見たいとのことで、さっそく雨上がりの
里山に出かけます。

02-070915.jpg

03-070915.jpg

[葉っぱを良く見てください、5枚と3枚でしょう? 五葉アケビ、三つ葉アケビ。]
結果は観察するはずが、収穫になりました。
私はまだ収穫には早いのかなと思っていましたが
大きなアケビが鳥達に「早く食べてくれ」と
言うように口を開けています。

アケビのツルはリースをつくることができますし、
アケビの実はピーマンの肉づめのようにミンチをつめて
食べることができるそうです。
でも今回は鳥達と同じように中心に並ぶ種の周りに付いた
ゼリー状の あまーーい 部分をいただきました。

アケビが甘くておいしく実るのは、鳥達に種ごと食べて
運んでもらう為です。
それを人間が頂くのですから、遠慮しながら少しだけ頂きましょう。

もう一つ遠慮する理由に、山の持ち主に対する気持ちもあります。
日本には持ち主のいない山はありません。
そこに入って物をいただくのですから山や木を痛めないように
しなくてはいけませんね。


観察員の子供達とゆっくりとしたペースで歩いてみると・・・

04-070915.jpg

雨上がりのアスファルトをサワガニが歩いています。

次はトゲナナフシ

05-070915.jpg

この写真は以前撮影したものですが、今日のトゲナナフシは左足が
2本無くなっていました。
右足3本と左1本で不自由そうに歩いていますが
ご安心ください、再生しますから。

次はカタツムリです。

06-070915.jpg

種類は何でしょうか?

ミスジマイマイのすじナシでしょうか?

ではこちらは何ですか?

07-070915.jpg

お家の屋根が高いですね。

こちらの角度からでは?

08-070915.jpg

夜行性なのか、私が電気で照らすとお家の中に
入ってしまいます。
こちらの種類は「ニッポンマイマイ」だと考えています。
珍しいですね。
分りにくい写真でしたね。
後日撮影したものを追加しておきます。
07b-070915.jpg
07a-070915.jpg


夜行性ついでにこれは以前紹介すると書いていた
羽の無い蛍です。

09-070915.jpg

10-070915.jpg

「ちょっとゴメンね」
裏返しにして撮影しました。
右端に少し白っぽい部分が発光器です。
光っているところを撮影したくて、頑張りましたが
残念ながら光ってくれませんでした。
まだもう少しの期間は光っているので
撮影できればブログに掲載しますね。

「私もブログに載せてよ」

11-070915.jpg

カマキリが出てきて私を威嚇します。

小さいカマキリです

12-070915.jpg

種類はコカマキリ。
こんなに小さいのに羽も揃っているので
成虫です。

けっこうあちらこちらに生息していますが、小さいので
見過ごしてしまうようです。

見落としてはいけないのがこいつ!!

13-070915.jpg

こいつは事務所で私の手に食いつきました。
ムカデですが小さかったので大した被害は無かったのですが
大きな固体もちょくちょく見かけるので注意が必要です。

でも事務所でパソコンしていてマウスを持つ右手を
食われるようでは、注意不足かもしれませんね。

「おーい、エルフー、何してるのー」

14-070915.jpg

15-070915.jpg

『なにかきれいな花が咲いてるよ』

雨上がりの山はさわやかで、低い雲に日が差して
幻想的です。

16-070915.jpg

稲刈りも始まりいよいよ秋です。