| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R1150GSの見せたくない写真と、危ないボルト 

先日来、分解してバラバラになったGSが完成に近づきました。
外見上、かなり綺麗と感じる車輌も、分解してみると
かなり汚れが溜まった部分が見つかります。
01-071013.jpg

02-071013.jpg
分解してからでなければ、分からない不良部品は手配が遅れて
組み立てるのに手待ちの状態になります。

これは取り外したセルモーターで、エンジン始動時に働くモーターです。
03-071013.jpg
セルモーターを取り外しただけで、外見上の点検でも
不良が分かることもありますが、もう一歩踏み込んで
分解してみると、更に出来ることも出てきます。


セルモーターの不良の中でも多数を占める、
「マグネットのはがれ、割れ」などはここを見れば分かります。
04-071013.jpg
これは幸い、はがれも無く良い条件で使用されていたようです。
今回、バッテリーも新品に交換するので、これから長く
この状態を保ってくれるでしょう。


この部分には、モリブデングリスを入れておきます。
05-071013.jpg
セルを回すたびに、この部分も動くので給油が必要です。


これはリアのショックユニットで、分解してあります。
06-071013.jpg
もちろん綺麗に掃除も出来るのですが、スプリングを
外してみなければテストできない箇所があるので
この状態にします。

何を調べるかって?
ダンパーの効き具合?
手で押さえて、分かるのはダンパーが効いているか
効いていないか程度は分かりますが、新品に比べて
何割の効きのダンパー効果が確保されているかは
手で押さえて分かるものではありません。

しかし、動きが「渋い」「引っかかる」
「押さえ始め、引き始めに遊び」などがあれば
手で押さえたり、引いたりすれば確認できるときもあります。

07-071013.jpg
もちろんオイル漏れも確認しますが、比較的強いです。


取り外したエキゾーストマニホールド
08-071013.jpg


これはエキゾーストマニホールドを取り外したGSの右側の
エンジンからの排気の出口です。

09-071013.jpg

ボルト2本が見えますね、マニホールド取り付けは楕円形が一つです。

こちらはR1150RSの排気マニホールドを取り外した
エンジンからの排気の出口です。
10-071013.jpg
こちらは、ボルトが3本出ていて、排気口も丸で二つに分かれています。
RS、RTはこの形でGSとRロードスターは前者の楕円形です。

本当はあまり見せたくは無いのですが、これは清掃前の
コレクターボックスで、後ろ半分が紅く見えますね。
11-071013.jpg
この部分はコレクターボックスを取り外して清掃しなければ
手が入らず普通はこの状態です。

しかし、少し手を加えてあげると下のように綺麗に
復活します。
12-071013.jpg
帯状に紅く見えるのは中からの熱による変色で
錆ではありません。


ここは何処の部品でしょう?
13-071013.jpg
クラッチレリーズと言う部品で、クラッチレバーを握ると
この中にクラッチオイルが流れ込んで、小さなピストンが
奥向きに動き、クラッチを切ります。

R1100シリーズはSを除き、ワイヤーでクラッチを操作しますが
1150や1200はクラッチがオイル式になり、構成部品の中では
この部分が比較的トラブルの多い部品です。
最近も2台交換しましたが、今回のGSは全く漏れは見当たりません。


これは発電機を回すベルト
14-071013.jpg
このベルトが切れると発電機が回らなくなり、新しく電気が
作れなくなります。

かといって、その場でエンジンが停止するかと言えば
そうではなくて、バッテリーに蓄えられている電気が
残っている間は、エンジンは回り続けます。

しかし、もしエンジンを自分で停止させて、次にエンジンが
始動できるかどうかは、残っているバッテリーの電気の
量で決まります。

たくさん電気を使って残りが少なければ再始動は無理でしょう。
無事にエンジンは始動できても、セルに電気をたくさん使われれば
残りの走行距離は少ないかもしれませんね。

この症状(ベルト切れ)が出たときにはチャージランプ
(バッテリーの赤いマーク)が点灯しているはずです。

そんなときには、早く安全な場所にバイクを移動し
信頼できる修理屋さんとご相談ください。

でも、不幸中の幸いは空冷エンジンであること。
4輪車であれば、ウォーターポンプもベルトで
回していることが多く、オーバーヒートにもつながります。


シートレールのあたりも綺麗にしておきましょう。
15-071013.jpg

16-071013.jpg
今回はバッテリーも交換します。
「あれっ!!?  交換した日にちを書き間違えました。」
「交換したのは13日です。ごめんなさい。」



この部分も大きなオイルシールが入っていて
時たまオイル漏れを起します。
17-071013.jpg

18-071013.jpg

19-071013.jpg
外したホイールもハブの部分を確認し、ディスクローターも
使用限度を超えていないか確認しますが、今回は
ほとんど磨耗も無く良い状態です。
ブレーキローターはオーナーの癖で、リア中心なのか
フロント中心にブレーキを使うのかで、同じ走行距離でも
かなりの差が出ます。
もちろん、フロント、リア両方を均等に使えば極端な磨耗はしないですが
交換時期が前後、一度に来るかもしれませんね。
しかし、その時は数万キロ以上は走っていることでしょう。

これがリアのブレーキパットです。
20-071013.jpg



後ろ周りの写真を見ていて思い出したので、ついでに書きます。
関係の無い人がほとんどだとは思いますが、実際に起こりうることと
考えて、あなたのBMWも確認してみてください。
21-071013.jpg
これはスタッフ所有の公道走行不可のレーサーです。
ベースはR1100RSです。
正体不明だとよく言われますが、れっきとしたBMWのR1100RS
なんですが、ツインスパーク化しています。

先々週、先週と連続でBMW正規販売店主催の走行会などに参加して
サーキットを走ってきています。
去年から数えると結構な回数をこなしていますが、
22-071013.jpg
この部分のパラレバーはベース車輌のものがそのまま使用されています。

構造的には写真のように簡単です。
23-071013.jpg

24-071013.jpg
ぺーパーローラーベアリングで押さえています。


こちら側は組み付け時に、先に締め込んで固定しておきます。
25-071013.jpg
よく見てください。
ボルトの周りに亀裂が見えるでしょう?


拡大します。
26-071013.jpg
傘の部分に亀裂が見えますね。
通常の走行では、このような事が起こることは無いかと思いますが
サーキット走行などを楽しまれる方は、一度ご確認ください。

ちなみに裏側はこんな感じで、こちら側で締め込みを調整します。
27-071013.jpg
こんな経験は私たちは初めてだったので、慌ててすべての在庫車を
確認しましたが、当然見つかりませんでした。



しかし、この集中的なここだけの点検比較で、あることに
気がつきました。

BMWは、R1100シリーズのこの部分が使用条件により
こうなる可能性があることを知っていたのかも?


これは先ほどらいのR1150GSですが・・・
28-071013.jpg

29-071013.jpg
「あれっ!? 少し感じが違うな?」


並べた写真です。
左はR1150GS、右はR1100GS。
30-071013.jpg
ネジ径、外径、最大厚、各寸法は殆ど同じように見えますが
傘の部分の傾斜がきつくなり、肉厚の厚い部分が多くなっています。
このことは何を意味しているのでしょうね?

先ほどのR1150GSに戻りますが、殆どの作業は完了し、最後の
タペット調整です。
31-071013.jpg

32-071013.jpg
無事にこれも完了し、エンジン始動、左右吸入空気圧調整でほぼ完了。
注文してある部品が来れば、車輌は完成です。
後は名義変更の書類が戻ってくるのを待つばかりです。