| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じねんじょ掘りは大変なので・・・ 

「モカ、エルフ、ゴン、散歩に行くよ!!」

01-071017.jpg

手前から店長エルフの弟でゴン、エルフの母でモカ
そして奥がエルフです。


いつもは揃って散歩に出かけますが、今日から
ゴンは大好きなおじいちゃん家へお出かけなので
モカとエルフで出かけます。

02-071017.jpg

「わたしが生まれそだったまちだよ」

「おうちからすこし歩くと公園、生まれて初めての
  お散歩はこの公園だったんだ。」

03-071017.jpg

今日はすこし足を伸ばして、山まで出かけましょう。


すぐに田舎道。

05-071017.jpg

元気いっぱい走れます。


稲刈りの済んだ水田には、切り株から再び稲穂が出てきそうです。

06-071017.jpg

「わたしの視線はこのくらいですよ」

次は山の方に行きます。

これは「ヤマフジ」のまめです。
フジはマメ科の植物だったんですね。

07-071017.jpg

これを見て納得です。
インゲン豆に似た実が長さで20センチ以上ある
大きなマメです。
「マメだったらたべられるの? おとうさん?」
エルフは枝豆が大好きで、わたしが食べた残りの
皮も食べてしまいます。
『これは、枝豆じゃないから食べないよ』

「ここにもマメがあるよ」

08-071017.jpg

『マメとちゃうよ、むかご。』

09-071017.jpg

自然薯(じねんじょ)とか、山芋といわれるのは、
このツルの根っこです。
そのツルの部分には、この季節に大きくても親指の爪程度の
大きさのマメのような実ができます。

10-071017.jpg

手で持つと、ポロポロと落ちてしまいます。
これを集めて、持ち帰りましょう。


「こっちにもあるかなあ・・」

11-071017.jpg

「おとうさん、あったよ!!」

12-071017.jpg

ここにもありました。
でも良く見てください。
2本のツルが見えます。
共に、よく似たハート型の葉っぱがついていますね。

でも、右側にはムカゴが付いていますが、左側にはありません。


拡大してみます。
右側のツルです。

13-071017.jpg

ムカゴも見えます。


14-071017.jpg

葉っぱが同じ位置から生えていますね。



今度は左側のツルですが・・・・

15-071017.jpg

葉っぱが互い違いに生えていますね。
こちらはオニドコロ。
葉が自然薯より若干丸く、葉っぱが互生しています。
こちらの芋は食べたことがありません。
苦いと聞きますが、掘った事が無いからです。
自然薯(やまいも)堀で、探すのはムカゴのつく方です。

この季節にツルの根元にリボンなどの目印を付けておき、
雑草が枯れた後で、堀に行きます。


これは似ていますが、違いますね。
クズです。 

16-071017.jpg

葛餅、葛湯、などの材料になるのは、この植物の
根っこです。
結構あちらこちらに、自生しているので、探せば見つかるはずです。

『掘ってみます? 大変ですよ。』



「ここまできたら、もうすぐおうちです」
写っている山から出てきました。

17-071017.jpg

夕陽がまぶしく照らしています。

18-071017.jpg

「だれかワンちゃんをつれてあるいてるね。 あそぼうか?」
『ダメダメ!! 大きなお前たちが行くと怖がってしまうよ』


今日収穫のムカゴです。

19-071017.jpg


20-071017.jpg

大きさはこの程度ですが、今回の収穫で
両手の平に、一杯分程度の量です。
『重さ?  測ってません。』

今回はムカゴご飯を作ってもらいました。

21-071017.jpg



ムカゴ、だし昆布、塩、お酒少々と四合のお米を
炊飯器で炊きました。




うれしいニュースです。

22-071017.jpg

モカ(エルフの母)の孫が東京で生まれました。
男の子3匹、女の子3匹です。

店長エルフの弟で、シューちゃんがお父さんで、
エルフの甥っ子、姪っ子に当たります。

23-071017.jpg

元気に育って「欲しい」です。




GSで山に入りますか?

ムカゴ採りに。

この季節、空気が澄んできました