| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW R80ST 整備中 



070112-1.jpg


以前R1100RTの下取り車でR80STと言う

珍しいBMWが入庫しました。

R80STは ご存知ですか?

R100RSGSなどは比較的販売台数も多く

現在も見かける機会も多いですがR80STに出会ったのは

私たちはこの車両が初めてでした。

走行距離が4500キロと少ないのと、昭和60年初度登録

の割りに状態が良く部品欠品も無く、清掃だけで

業者オークションに出品するつもりでしたが 毎日眺めている

うちに、もったいなくなりゆっくりと時間をかけて

仕上げることにしました。





070112-2.jpg


まずは外装部品を取り外していきます。





070112-3.jpg


取り外したキャブレターも分解してまずは確認。

ご覧のように きれいで安心しました。





070112-4.jpg


ファイナルも取り外して





070112-5.jpg


エンジンをフレームから取り外し





070112-6.jpg


エンジンとミッションを分離してミッションも分解





070112-7.jpg


分解したギアや部品を並べてみました





070112-8.jpg


新しい部品が一部きました。

フォークのオイルシールやミッションのパッキン

など早急に必要なものはまずそろい安心しました。




070112-9.jpg


状態がよいと申しましても昭和60年式で20年以上の

時間が経過しているので 各部品はお世辞にも光り輝く状態

ではありませんが、さいわい私たちは大型のサンドブラストを

持っているので、綺麗にしてみようとなりました。

エキゾーストマニホールドをエンジンに固定している部品も、

「見て、見て、こんなに綺麗になるよ」





070112-10.jpg


クラッチを構成している部品も走行距離相応で、

ほとんど磨耗していません。





070112-11.jpg


大型のサンドブラストと先程書きましたが、オートバイの

フレームなら問題なく処理できる大きさがあります。

もちろんBMWのエンジンもOKです。





070112-12.jpg


ホイールは スポークに少しさびが出ていたので新品の部品に

組み替えすることにします。

ブラストかけて磨き上げるとこんなに違います。





070112-13.jpg


ハブも当然ブラストをかけて ここぞとばかりに

リムにも磨きをかけてお化粧です。





070112-14.jpg


「モッチャン、モッチャン、ニップルで遊ばんといて!」





070112-15.jpg


仮組み中




070112-16.jpg


リアホイールほぼ完成。

失礼しました、フロントホイールでした。

今日はここまで、続きをお楽しみに・・・





070112-yy.jpg


今日は新しいBMWのメンバーが加入しました。

平成8年式R1100RT走行2万キロ未満

グリップヒーター付き





070112-zz.jpg


そして 今日もお日様が沈んでいきましたとさ。

さて問題です。沈んでいく山は何と言う山でしょう?







右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え