| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重箱の隅をつつく様な話では無く、プレートのすみっこの話 

ここに関東の「習志野」ナンバーと、大阪府の「なにわ」ナンバーが
各一枚あります。
それぞれ新規登録をしたので、車検のステッカーも
平成22年1月までです。

01-080124.jpg
ごく普通に見かけるバイクのナンバープレートですが、
よく見ると意外な発見がありました。

何かわかりますか?

習志野ナンバーは数字が三桁です。
なにわナンバーは四桁なので、数字の真ん中に
━(ハイフン)が入っていますが
習志野にはハイフンが付いていません。
頭の数字の無い部分に「点」が付けられています。
しかしこれは地域の違いではなく何処のプレートでも、
きっと同じでしょう?

まずはここです。
02-080124.jpg
よく見てください。
上の習志野ナンバーは、プレートの緑にペイントされた角の内側が
直角に曲がっていますが、
下のなにわナンバーは、プレートの緑にペイントされた角の内側が
丸く曲がっています。


緑色自体も少し違うようです。


裏返してみます。
03-080124.jpg
これは一目瞭然。
なにわは材質のアルミのままですが、
習志野は白くペイントされています。
習志野の方が一工程多く原価も高いはずです。
実際、プレートの金額は 習志野は540円 なにわは520円で
金額に違いが有ります。
しかしこの違いは工程の違いと言うよりは、
製作枚数の違いでしょうか?
地方では更に金額に違いがあります。


同じ大阪府のナンバープレートに「なにわ」以外に
「大阪」「和泉」が有ります。
ご当地ナンバーで「堺」も有りますが、陸運支局は和泉での登録です。
これは大阪のプレートですが、同じ大阪府のプレートでも
「なにわ」とプレートを製作している工場が違うのか、
細部が違っています。
04-080124.jpg

05-080124.jpg
プレートの角の外側をご覧下さい。
少し出っ張ったように膨らんでいます。

意外な事に大きさも違います。
06-080124.jpg
習志野ナンバーの方が、縦、横、共に2ミリ大きかったのです。

違っていても何も問題はないし、
すべて合法的なナンバープレートですが
こんな違いが有ることは今まで知りませんでした。

ナンバープレートを取り付ける、BMWのナンバープレート台です。
こちらもアルミで出来た立派な代物ですが、これにも種類があります。
07-080124.jpg
新、旧、それぞれに正規販売店のネームを入れたものもあり
種類は沢山です。

「重箱の隅っこをつつく」ような事を書いているなと思っていたら・・・
モッチャンまでテレビの画面の隅っこをつついています。
08-080124.jpg
テレビを点けていると、暖かいようで上に登って行くのですが、
チャンネルの切り替えが上面に付いているので、自分の足で
スイッチを押したままになって、画面が連続で替わっています。
これが面白いようで、上から画面を覗き込み、触っています。

「モッチャンだけずるいわーー」
「ぼくものぼりたーーーい」
09-080124.jpg

『・・・・・やめてくれるか? 頼むから!!』


あなたのバイクのナンバープレートは、どんな違いがありますか?
製作された時期の違いで、変更が有ったかも?







右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。

    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!