| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたR80STのフレーム 


1-070209.jpg

以前、BMW R80STもフレームを綺麗にするために、
粉体塗装をお願いしていたのですが
そのときに私達がサンドブラストで古い塗装を落としたのが
この状態です。


「ねえねー。大きな箱だけど 何が来たの?ドッグフード?」

2-070209.jpg

『何やと思う?R80STのフレームや、小物類が粉体塗装から
帰ってきたんだ。』
「いつもの塗装と違うの?」
『簡単に言うと電気でフレームに塗料の粉を吸い付かせて、
そのまま熱く焼いて 粉の塗料を溶かして焼き付けるんだ。』
「どんなメリットがあるの?」
『とにかく強い、隙間にも入り込むから錆が出にくい。』
「ふーーーん。・・・・・・??? まあいいか、いいことなんだね。」


3-070209.jpg

『見てみ、エルフ。 こんな隙間までチャンと色が入ってるやろ。
車体番号の刻印の溝の中までしっかりと出来てるな。』



4-070209.jpg

コレが塗装前の状態。



5-070209.jpg

20年以上前の塗料をサンドブラストではがしたら地肌の鉄が
綺麗に剥き出しです。



6-070209.jpg

粉体塗装後はメーカーの新車出荷時よりも綺麗に見えるくらいです。


ここで問題です。
粉体塗装とパウダーコートとではどちらが優れているでしょう?

答えは、ブログランキングをクリックしてね。



右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しました。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え