| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お泊り遠足も最終日、それぞれの生活へ。 

今回の林間学校では、とても賑やかな時間を
過ごせました。
まくら投げは、ありませんでしたが、

夏が過ぎ 風あざみ
  だれの憧れにさまよう
  青空に残された 私の心は夏もよう。


皆さんが、別々の職業を持ち
それぞれに家族と家庭があります。
だからこそ、
安全がすべてに
優先されなければいけません。

0001-081014.jpg
そんな環境の中、万難を排して集えば、
共有できる時間は短くとも、バイクが媒体になり
初対面での話も、常に笑顔です。
0002-081014.jpg
共有できた時間の締めくくりは
再会のお約束を交わし記念撮影。

残念ですが、ここ高知県で解散です。
ここからはグループで行動する方、
ご家族で移動される方、色々です。
四国には、行きたい場所がたくさんで
それぞれ違います。

私たちは希望者で瀬戸内海をオプショナルツアーに
設定し、高知道で一路香川県へ。

高速道路を「さぬき豊中」で降りて香川県西部、
荘内半島の紫雲出山(しうんでやま)。



高速道路、一般道と走り荘内半島は
瀬戸内海を見渡せる、気持ちの良いコース。
道幅は広かったり狭かったりで、注意が必要ですが
スピードを出しすぎなければ、交通量も少なく
初心者の方でも安心してツーリングに
出かけられます。

高知県のキャンプ場から、約1時間半で紫雲山、山頂の
駐車場に到着。

少し歩くと、こんな看板の所に出ました。
03-081014.jpg
遺跡館という名前の喫茶店? 
喫茶店兼展示館?
メニューが並んでいます。


隣のスペースに変わった建物が・・・・・
無料なので入りましょうか。

駐車場から500メートルほど歩いて、
フクちゃんは疲れたようです。
記念撮影のご夫婦を見つめていますが・・・・
身長は低いですが、頼りになりそうなご主人です。
04-081014.jpg
背景のお家は古そうですね。

やはり フクちゃんは「しんどそう」です。
ここの家で、少し休ませていただきましょうか?
05-081014.jpg
昨夜はしゃぎすぎました。


実はこのお家は復元ですが、
06-081014.jpg



「すいません、少し休ませていただけませんか?」

『・・・・・どこからきたんや?』
『まあ、ゆっくりしていけや。
      このカツオ食べるか?』

「いえ、 できれば うどんのほうが・・・・」
07-081014.jpg
そんな会話でもしていたのでしょうか?
フクちゃんが、ご家族と仲良くなっていました。
結局、ここも屋外ですね。

すぐ横に喫茶店兼展示館があるので、
そちらで休憩させていただきましょう。
08-081014.jpg

小さな喫茶店兼展示館ですが、
少し変わっているのは、中に飾り付けてある
展示品物です。
09-081014.jpg

10-081014.jpg
先ほどの弥生時代の遺跡からの
出土品が展示されているんです。
11-081014.jpg
これは出土品ではありませんが、
たたくときれいな音色のサヌカイトで
木琴のように 音階を奏でられます。
非常に硬く、割れると刃物のように鋭利な
角がたつので、先ほどの「ヤジリ」などに
使われたようですが、サヌカイトは
ここの近くの五色台が有名です。

実はここの喫茶店兼展示館は、

展示物があるだけではなく

もうひとつ特徴がありまして・・・・・



どうです?

この景色 この見晴らし。
「双眼鏡なかったかしら?」
12-081014.jpg
右から2人目の女性は、双眼鏡で景色を見ている



のではなく、
私に「あっかんべー」をしています。

写真には写りませんでしたが
瀬戸大橋や、往路で うどんを食べた屋島まで見えます。

高校時代に陸上部で合宿に出かけた、「粟島」。
13-081014.jpg
この粟島と、今居る紫雲出山のある
荘内半島には、浦島太郎の伝説があり、
紫雲出山の「紫」と「雲」と「出」の云われも
玉手箱を開けたときの煙に由来している
そうです。

写っていませんが、遠くに本州の岡山県も見えています。
14-081014.jpg

おっと!! 時間がありません。
あまりゆっくりもしていられないので、
注文は?
15-081014.jpg
ここは「讃岐うどん」の本場、香川県。
やはり うどんです。
古代米のおにぎりが付いたセット。
16-081014.jpg

さすが香川県、こんなお店(悪い意味ではなく、専門店では無いのに)
でも、うどんは美味しくて不思議です。

おにぎりも美味しいです。

この景色を見ながらの食事は・・・
17-081014.jpg
ゆっくりと食べたいものですが、
ここはまだ四国、先を急がねば。

『そがん、がいにいそがいでもよかろ?。』
『まあ、座れや』

「ぼく、先を急ぐんですけど」
『ここに住んでつかぁー』
「・・・・・・」
『いやと言えば、このサヌカイトから削り出した
   槍が飛ぶぞ!!』

まだカツオ持ってます。
18-081014.jpg

『ここに住まんか?』
19-081014.jpg

すきをみて、逃げ出したフクちゃんでした。
20-081014.jpg
『いってしまわれた』
『だれか、夜も話し相手になってくれんかのう』

21S-081014.jpg

22S-081014.jpg


かわいい娘さんが居たので
夜にでも逢いに行きます?

サヌカイトから出来た「ヤリ」が飛んでくるかも?


目が覚めて 夢のあと 長い影が
  夜に伸びて 星屑の空へ
  夢はつまり 想い出の後先




本分引用、 少年時代。




右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!