| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い缶コーヒーよりグリップヒーター 

お客様が部品をオークションで購入して
取り付けに来られました。

01-081105.jpg
R1150GSアドベンチャーです。

納車したときには、ご覧のように
グリップヒーターが付いていませんでした。
02-081105.jpg
グリップ横にヒータのスイッチは
付いていません。

用意されたのは、スイッチボックスのセット。
03-081105.jpg
ヘッドライトのスイッチまで付いています。
ヨーロッパ用の物でしょうか?

こちらは肝心のヒーターの入った、グリップ。
04-081105.jpg

ストレートタイプのヒーター付きグリップですね。
06-081105.jpg

配線が出ています。
07-081105.jpg
この配線をグリップの部分から、
ハンドルの中を通過させて・・・
ここに出します。
取り付け部分の横に穴が開いているのが見えますか?
08-081105.jpg


必要なくなる、右側のスイッチボックスを
取り外します。
09-081105.jpg

10-081105.jpg


バーエンドのウェイトを取り外して、
11-081105.jpg

グリップを取り外します。
12-081105.jpg
左側も。

この切欠きから配線を内側に通します。
13-081105.jpg


スイッチボックスの配線をたどって行くと
タンクの下でカプラーで接続されています。
14-081105.jpg
このアドベンチャーには盗難防止が付いていて
配線が加工されています。

これがスイッチボックスから来た配線ですが、
一部の配線が、ユーターンして戻っていますね。
15-081105.jpg
ライトスイッチの無いスイッチボックスの
配線は直結状態でライトが常時点灯になります。

これが新しいヒーターつきのスイッチボックスの配線で
黒いカプラーが一つ多いですね。
増えた配線がヒーターの回路です。
16-081105.jpg


先ほど外した場所に接続します。
17-081105.jpg

18-081105.jpg


こんな風に書くと簡単なように見えますが
ここまでするには、当たり前ですが、ガソリンタンクも
取り外す必要があります。
19-081105.jpg
このアドベンチャーはガソリンタンクのカバーの
バグスターが付いていたりで、なかなか大変です。

作業に戻ります。
20-081105.jpg

工夫してヒーターの配線をハンドルに通していきます。
21-081105.jpg
社外品と違い、配線が内側に出ています。
ハンドルのパイプ内を通すので配線がスマートに収まります。

でも、なかなか・・・
22-081105.jpg


無事に貫通です。
23-081105.jpg


スイッチボックスもセットしましょう。
24-081105.jpg


左側も同じ作業。
25-081105.jpg


通ればグリップを差し込みまして、
26-081105.jpg


ビスを用意して・・・
27-081105.jpg


ハンドルに固定、 「ヨイショ!!」
28-081105.jpg


一通りの部品がセットできたら
配線の取りまとめ。
29-081105.jpg

グリップからのヒーターの配線を
車両に用意されているカプラーに
接続。
30-081105.jpg

31-081105.jpg


すべての部品を元に戻して
32-081105.jpg

33-081105.jpg


バグスターの取り付け責任者と
バンド締め。
34-081105.jpg


各部の微調整。
35-081105.jpg


やっと日の目を見た、グリップヒーター付き
R1150GSアドベンチャー。
36-081105.jpg


「おーーー、ぬくいわーー」
37-081105.jpg



『でっ??  どれくらい温いの?』
使ったことの無い人は、
「そんなん必要ない」と言いますが、
私はすごく手の暖かい人間で、無くても
困ったことはそんなにありませんが
使い出すと、やめられません。

去年の今頃、調べたことがあります。

丸写しですが読んでない方も、いらっしゃるかも知れないので
ご覧になってください。

標高400メートル以上ある、ここ大阪府の
豊能町ですが、今年はまだそれほど
寒くはありません。

ちょうど1年前の11月6日にグリップヒーターの
温度について書いています。

去年はもっと寒かったようです。





「うーーー さっむーー」
「素手は寒いなー」
01-071105.jpg
近所からの訪問ですが、ナックルガード付きとはいえ
最近めっきり気温の下がりだした、大阪北部の豊能町では
キツイようです。


「おっ!  モッチャンいい所にいてるな」
『ここまでおいでよ、お日様があたってポカポカだよ。』
02-071105.jpg
猫や犬は教えなくても、夏は涼しいところ、寒いときには暖かな所を
探してそこで過ごします。


モッチャンに触れると、ふわふわのポカポカ。
モッチャンも  
『あーーー ええきもちやわーーー』
03-071105.jpg
ここの塀の上は、朝から太陽が暖めているので
昼前には「ぬくぬく」になっています。
『なぜてくれるんかー? なぜるよりも、わきの下かいてくれるか?』
『そこそこ きもちええわー』


モッチャンがそんなことを言ったかどうかは分かりませんが
試運転の時にも夏場のように作業着にヘルメットだけでは
寒くて走れなくなってきました。


ちょっとF650CSの試運転です。
04-071105.jpg
このF650CSにはグリップヒーターが付いています。
グローブ無しでも少しの距離なら大丈夫だし、グリップヒーターの
テストもできます。


『わたしは、どこにすわろうかな?』
B01-071105.jpg
お見送りの後は、みんながいる場所に戻り、最近は暖かの場所を
探す季節です。
『ここにいてもいいですか? フクちゃん?』
「あかん あかん! どけよ! おまえのお尻大きいねんから!」


フクちゃんにダメと言われて事務所に移動です。
B02-071105.jpg

ゴールデンレトリバーはふわふわの毛がたくさん密生していて
抱きしめるととても暖かそうでしょう?
でも本当は、とてもよい毛皮なので体温が外に逃げません。
したがって抱きしめると冷たいです。
唯一おなか側はそんなに毛が密生していないので暖かいです。 


しかし、グリップヒーターはどれくらい効果があるのでしょうか?
店長エルフのお腹に比べて暖かなのでしょうか?
答えを私は知っています。

エルフのお腹よりもはるかに暖かです。
「真冬に凍えた手で、握るホットコーヒーの暖かさ」
私はこの表現がグリップヒーターの暖かさの表現にぴったりだと
思います。
一度使った人なら、ほとんどの方が手放せなくなると言うほどの
効果です。

ではどれくらいの温度まで暖めてくれるのでしょうか?

テストしてみることにしました。
テストに使用したのは平成14年式のBMW R1150GS
アドベンチャーで、以前に油温の測定にも使用させていただいた
友人のBMWです。

天候は晴れ 気温摂氏19度。
作業場で体を動かしていると、少し暑いが事務所で窓を開けていると
寒くなります。
07-071105.jpg
エンジンを始動し空油冷エンジンのために
送風機で前方から風を当てて実験しました。
走行しての実験では無いことをご了承ください。


まずは温度センサーを左グリップに固定し、グリップヒーターの
スイッチを「入れずに」握り続けました。
08-071105.jpg
5分ほど握り続けると、私の体温で温度計は25度付近まで
上昇しましたが一度手を離すとすぐに21度まで下がってしまいます。
ヒーターを点けづに冬場長時間走行すれば、グリップの温度は
更に下がるでしょう。
手の温度が下がれば、グリップのお温度も下がるはずです。

もちろん、この時期なので握って冷たく感じるほどではありませんが
暖かくは有りません。


グリップヒーターのスイッチは2段階です。
ハイ、ロー、確か 100パーセント 50パーセントだったと
覚えています。
09-071105.jpg
まずはハイでテストです。
スイッチの点マーク2個でハイ。


スイッチオンから2分ほどで36度です。
10-071105.jpg
この時点で皮の薄手のグローブですがはっきりと暖かさが
感じられます。


そして通電後、約5分で52度まで上昇しました。
11-071105.jpg
まだ上昇する可能性はありますが、握り続ける左手が、熱くて
我慢できなくなります。
このまま無理に握り続ければ、低温やけど も十分起こる温度ですね。

走行中にはクラッチ操作や、ブレーキ操作で握りかえることも
多いので温度を下げることは可能ですが、高速道路や夜間の
国道などで淡々と走り続ければ必ずスイッチはローにしたくなるのでは
ないでしょうか?

実際には人により、手の温かな人、冷たい人と個人差があり
使用状態は千差万別ですが、私は真冬の氷点下からのスタートでも
15分ほどハイで走りその後はローで走ります。
その後はスイッチを入れたり切ったりを手と相談しながら
繰り返しています。
私は真冬でもスイッチは入ったままにはなりません。

しかし知人には夏でも走行中はローでスイッチを入れたままに
している人もいます。
私なら汗をかくくらいに熱くなるので、とても耐えられませんが・・・


次はスイッチをローにして調べて見ます。
12-071105.jpg

13-071105.jpg
一度、25度までグリップの温度を下げて測定しなおしましたが
スイッチがローの状態で、ハイに比べて温度の上昇が遅く、
44度程度で安定するまでに7分ほどかかりました。

流れる電気の量が少ないので、温度上昇も遅く、安定する温度も
低いようです。



最近でこそ、国産車もグリップヒーターを用意してくれるように
なりましたが、BMWはかなり昔から純正でオプション設定が
ありました。

これはBMW R80G/S のグリップヒーターのスイッチとグリップ。
赤いキルスイッチの左に上下のレバーがスイッチです。
B03-071105.jpg
21年前のGSにもグリップヒーターがありました。
国産車ならロードモデルにグリップヒーターがオプションで
存在してもオフロードモデルには設定が無さそうですが、
BMWはこのころから設定があり、しかも現在も部品調達が可能です。


こちらはR100GS のヒーター無しグリップ。
先ほどのヒーター付とは色が違いますね。
15-071105.jpg
この100GSにもグリップヒーターを装着のため部品注文中です。


これはR1100GSのグリップヒータのスイッチです。
16-071105.jpg
左側に縦に3個並んだスイッチの一番下側がグリップヒーターのスイッチです。

こちらはR1150RTのグリップヒーターのスイッチとグリップ。
17-071105.jpg
セルのスイッチのすぐ下についているのがグリップヒータのスイッチで
グリップはヒーター付、ヒーター無しも外見上は判別は難しいです。
R259シリーズになり先ほどのR1100GSなども
このグリップを採用しています。


そうすると、このグリップはBMWのどの車種でしょうか?
18-071105.jpg
先ほど出てきたR1100GSやR1150RTなどのグリップが
ハンドル内側寄りが細く、外側には太いタイプと異なり、
グリップが通常の国産車と同じく握りの部分が同じ太さの
ストレートタイプです。


しかし、この車種にも やはりオプションでグリップヒーターが
用意されており装着後はスイッチ、グリップ、ともにこうなります。
19-071105.jpg
右のスイッチボックスにヒーターのスイッチが付き、
グリップはストレートタイプからR1100GSや
R1150RTなどと同じタイプのグリップに変わります。

握りの太さの違うグリップも、はじめは好き嫌いがあるようですが
慣れるとBMW独特の、握りの細いところと太いところのある
「このグリップ」がとても好きになりますよ。

あなたの手の4本の指が長さが違うように、
グリップの握りが違っても、かえって自然かも知れません。

このグリップの持ち主はBMW F650CSスカバーです。
20-071105.jpg



「モッチャンあんまりよってこんといてよ」
『そんなけちなこといわんと、ちょっとお腹出せよ』
21-071105.jpg
仲良く同じソファーでくつろぐこともできます。

モッチャンはグリップヒーターよりもエルフの
お腹ヒーターが好きみたいです。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!