| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンツの水周り、オイルホース。 

ベンツの124シリーズの4気筒エンジンを
載せたモデルです。

001-090122.jpg
6気筒搭載モデルと違い、エンジンルームにも
余裕があり、作業する側にはありがたいモデルです。

製造後10年以上経過し、走行距離も10万キロに
近づきつつあるので少し手を入れることにします。
002-090122.jpg
ベンツやBMW、ボルボなどは距離を走っても
大丈夫などと聞きますが、決して何もメンテを行わずに
走れるものではありません。

今現在は特に、どこが悪いということは無さそうですが、
じっくりと見ていくと、それなりに見えてきます。
003-090122.jpg
見えない部品でも、過去に一度も交換したことの無さそうな
部品は今回心配なので交換します。
エンジンとラヂエターをつないで冷却水を流すアッパーホース。
どれかわかります?
手前から逆L字に伸びた黒い太いゴムのホースです。
これも交換した経歴が無さそうなので交換。


次はそのアッパーホースのエンジン側につながる部分に入っている
サーモスタット。
004-090122.jpg
水冷エンジンを採用している4輪車には
ほぼすべてにサーモスタットが採用されています。
取り付け場所や、形状はいろいろですが仕事としてはエンジンが
冷えすぎるのを防ぎ、エンジン内部の温度を設定の範囲内に
保つのが主な役割です。

もしもこのサーモスタットが無ければ、エンジンで温められた水が、
すべてラジエターに行き温度が下がってエンジンに
戻ってくることになります。

今の時期なら外気温が低いのでエンジンにとってはオーバークール
室内の人間にはヒーターの効かない寒い車になってしまいます。

取り外してみたところです。
005-090122.jpg
このサーモスタットは
丸い円盤とその下に見える部分(今は閉まってます)の
2箇所で水の流れをエンジン内部だけで回したり、
一部をラジエターに、または全部をラジエターに
回したりしています。

取り外したエンジン側には穴が開き、冷却水が見えています。
006-090122.jpg

007-090122.jpg
真鍮色した部分だけを交換出来れば良かったのですが
この部品はアルミの蓋と一体構造でアッセンブリー交換です。
008-090122.jpg
少しもったいない気がします。

新しい部品を組み付けて、ホースを繋ぐのですがその時に
少しだけ加工です。
009-090122.jpg
サブタンク(冷却水を入れるタンク)からのエア抜きのホースの
バンドで締めていた部分がやせていたので、先端だけを
切り取り再利用。
もちろん交換しても良いのですが、ここは誰でも交換できるし
まだまだ使えそうです。

元はこんな状態でした。
010-090122.jpg


切り取った部分を切り裂いて、中を確認しましたが
問題は無さそうです。
011-090122.jpg



ほとんどの4輪車が水冷エンジンを採用しているのには
合理的な理由があります。
最近のハイパワーなエンジンの安定した冷却。
シリンダーやシリンダーヘッドの中に水を通すので
同じレベルの空冷エンジンに比較して、冷却のための
フィンを除いたエンジンの厚みが厚くなり、静粛性が
上がります。
空冷エンジンに必要な冷却フィンが無いので
フィンによる共鳴もありません。
012-090122.jpg
これは違うベンツ300E24バルブ
の6気筒のエンジンですがシリンダーヘッドを取り外してあります。
よく見ていただくと、6個の丸いシリンダーが見えますが
その周りに小さな穴がたくさん見えます。
ヘッドを取り付けるボルト穴だったりオイルが戻るための
穴もありますが、いびつな形の穴が水の流れるウォータージャケット
です。
この部分に前から後ろに向かって冷却水が流れて行き
シリンダーやヘッドの熱が冷却水(クーラント)に移ります。
そしてラジエターに回って再び冷やされるのです。

こちらはBMWの3.0Sのエンジン。
013-090122.jpg
やはり水は前から後ろへ流れます。
水が少なくなると、後方ほど熱的に苦しくヘッドガスケットは
後方が傷みやすいようです。
一部のエンジンは違う水の流し方を採用しているものも
あります。

ではこのエンジンは?
014-090122.jpg
バイクのBMW 4バルブRシリーズの
エンジンです。
シリンダーとピストンの頭が見えていますが、先ほどの
水の入るウォータージャケットが有りません。

ヘッド側。
カーボンを除去してからの写真です。
015-090122.jpg
ヘッド側には似たような穴が・・・
ここにはエンジンオイルが流れます。

この写真はヘッドをシリンダーから取り外した直後の
物で、まだヘッドにヘッドガスケットが付いたままです。
016-090122.jpg
オイルが流れ出てきていますね。
オイルの流れる側のバルブの大きさを見ると、
反対側に比べて小さいことから、排気(エキゾースト)側の
部分を冷却したいようです。

これは先ほどのBMW 3.0Sのシリンダーヘッドですが
ヘッド側にも水が流れるので、高温にさらされる燃焼室の直上も
安心です。
017-090122.jpg
でも、水が無くなれば・・・・・
3.0Sなんて何年前の製造かな?

古くなれば空冷エンジンの方が私はシンプルで故障が少ないと
信じています。


ホースの話から違う方向に行ってしまいましたが、
もうひとつホース。
018-090122.jpg
手前がラジエター側でエンジンの
右側を見ています。
「なんかオイルまみれ?」

パワーステアリングのオイルホースです。
019-090122.jpg
バンドの部分がかなり食い込んで
これは交換時期です。
020-090122.jpg

戻り側のホースなので圧力は低いのですが、「ジワリジワリ」
にじんできて、少しずつ漏れていたようです。

このホースも新車から交換したことは無さそうですね。
021-090122.jpg

口の部分には、ヒビも入っています。
022-090122.jpg


写真ではわかりづらいですが、バンドで締めていた部分の
内側にも亀裂が見つかりました。
023-090122.jpg

こんな長さのホースですが純正品は結構高価です。
024-090122.jpg


これは?
025-090122.jpg

Hydraulic Filter
026-090122.jpg
何かわかります?

エンジンオイルエレメント?
形は似てますかね。
027-090122.jpg
エンジンオイルのエレメントは丸い黒いキャップの
中に納まってます。
028-090122.jpg
こんなやつ。

オイルエレメントもいろいろですよ。
029-090122.jpg
廃油とオイルエレメントを
油きりする所です。

2段に積んだのが大きなほうがBMWバイクのR259シリーズの
カートリッジフィルター。
積み重ねた小さなほうが国産軽自動車や小型車に使われている物。
030-090122.jpg

手前の濾紙がむき出しのものはR100GSなどの2バルブの
エンジンオイルのエレメントですが、交換時期により
こんなに色が違います。
すべて交換していますが、右は交換直後の物のようで綺麗です。
左はオイルは比較的綺麗でしたが、前回のオイル交換時には
エレメントは交換されていなかったようです。
でも全然も問題ないレベルですよ。
BMWではないですが、凄いの見たこと有ります。
それでも平気で走ってました。


また話がそれました。
031-090122.jpg
先ほどの薄べったいフィルターはココ。

蓋開けて。
032-090122.jpg


ナットはずして。
033-090122.jpg


押さえを引き抜いて。
034-090122.jpg


中にはフィルター。
035-090122.jpg
ソロリ、ソロリ、オイルこぼさないように。

取り外して、逆の手順で組み付けて


次は?
036-090122.jpg


エンジンオイルのエレメント代えたから、エンジンオイルも交換します。
まだ綺麗けどタイミングですね。

037-090122.jpg
もぐって下から見ると、カバーが・・・・

このカバーを外さなくては
オイルが交換できません。

でも、4本のビスで外せます。

アルミのオイルパンむき出し。
エンジンオイルは7リットル近く入ります。
038-090122.jpg


次は?
039-090122.jpg
ココの左側のカバーの中に付いてます。


燃料ポンプと燃料フィルター。
040-090122.jpg

今まで全然問題なく作動してくれていました。
でも、『明日はどうでしょう?』
「たぶん問題ないです。」
でも10万キロを区切りに交換しても、惜しくない時期でしょう。
今回はガソリンポンプのパイプ部分からのガソリン漏れが
見つかりました。

これ幸いです。


全然関係の無い話ですが、あきれて笑ってしまい
腹も立ちませんでした。
041-090122.jpg
イグニッションコイル。
042-090122.jpg
「綺麗にして置いてあったんやがなー?」

「うわっ!!」
043-090122.jpg
「信じれんっ!!」
地蜂?か何かが、卵を産んでいました。

「も~~~~っ!」と言いながらも興味津々(シンシン)
044-090122.jpg









右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!