| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たいくつやな~ だれかけ~へんかな~・・・」 

昨日の日曜日には、雪がちらつく中を
複数のお客様がご来店くださいました。

バイクの方、車の方。
さむいなか、ありがとうございます。

001-090202.jpg
 

『きょうは、クロネコしかけーへんね?』


「シャーないやろ、月曜日やぞ。」

『クロネコさんは来たやんか?』

「クロネコさんは荷物を持ってきたの。 だからお仕事!」



先日来、順次発注していた部品がディーラーさんから届きました。
002-090202.jpg
大きな箱に、満杯です。

『なにがはいってんの?』
003-090202.jpg
 「GSの部品だよ」
ネコは本当に物見高いです。
変わったものが置いてあったりすると、必ず先に見ています。

沢山の部品がまとまってくると、分別が大変です。
しかし今回の部品は、3台分すべてR100GSの部品です。
パリダカの部品も含まれて居ますが、外装品のみの違いなので
大半の部品は共通です。
004-090202.jpg
注文したときの依頼書と照らし合わせて
それぞれの車両用に分けて行きます。

無条件で交換する部品類は3台分同じものがあるので、
これは簡単に分けれますが、それぞれ個別に
注文したものの分別で20分ほどかかりました。
005-090202.jpg
ネコのモッチャンはこの左で大きな箱に
入って、落ち着いてしまいました。

これは何かわかります?
006-090202.jpg

こいつの前(右側)のゴムブーツで、ミッションとパラレバーを
繋いでいます。
007-090202.jpg



車両を地面に下ろした状態で、外見上 異常が無さそうに見えても
大概のブーツには亀裂があったり、亀裂が発生する直前だったりします。

この傷は何か人為的に工具か何かで、はさんだように見えます。
008-090202.jpg


こちらは違うGSですが、経年変化による劣化のように見えます。
009-090202.jpg
この部品だけを交換しようと思うと
結構大変。

このブーツはファイナルギア(通称デフ)側のブーツですが
こちらも交換します。
010-090202.jpg

ココに使ってます。
011-090202.jpg
ブーツの周りに、微妙にオイル汚れが見えませんか?
ブーツを外して確認すると大概ファイナルギアのオイルか
ミッション側のオイルが溜まっているものです。

でも溜まっているからと言って、すぐに不具合が襲うことはありません。
修理屋同士で、冗談で言うことですが、
「オイルは漏れる間は入ってる証拠や」
あながち外れてはいない法則で、ファイナルの場合は一度に出なければ
補充で対応することも可能でしょう。

しかしこれから乗るにあたって、どうすればより安心かは
お分かりになるはずです。


ここの接合部分にも、排気ガスが漏れないように
ガスケットが入っています。
012-090202.jpg


ソイツガ これだ!!
「ワン ツゥー スリィー」
013-090202.jpg
あれっ? 多くないですか?
ボクサーエンジンは2気筒、一台にエキゾーストは2本、
3台で6個のはず?


実はココにも付きます。
014-090202.jpg
左一本だしのマフラーの付け根。
このGSも排気が少し漏れていたようです。


古いバイクの泣き所に、オイル漏れがありますが、
永久に、しかも完全に止めてしまうのは無理です。
015-090202.jpg
これは今まで騙しだまし乗ってきたのでしょう。
オイル漏れを、外側からシリコンか何かで固めてあります。
経験上、一時的には止まりますが必ずオイル漏れは近い将来
復活するでしょう。

「でっ? どうするか?」
016-090202.jpg
これを交換して、交換時に・・・・

先の写真のプッシュロッドケースのグロメットを交換するには
シリンダーヘッドを外します。

こいつが必要です。
017-090202.jpg
ヘッドガスケット。
一台に2枚。

ヘッド、シリンダーも抜けば色々な作業が効率よくできます。
ヘッドのカーボン落とし。
ピストンの頭のカーボンも。

オイルパンからもオイル漏れは多発します。
018-090202.jpg
交換しましょう。

これはエンジンの後ろ側のクランクシール。
019-090202.jpg


小さな所では。
020-090202.jpg
キャブレターのニードル。
当然他のパッキン類も交換です。

このキャブレターはシンプルな構造ですが
オーバーフローが多発するのが悩みの種です。
021-090202.jpg


このゴムホースは?
022-090202.jpg

ココ!
023-090202.jpg
亀裂が入ると、エアー吸います。
同調をとってもここに亀裂があれば、すぐに狂います。

純正のゴム類は弱いので、困りもの。
024-090202.jpg
シフトペダルのゴム。
すぐに亀裂が入りボロボロ。
バンドででも括っておかなければ、どこかで落としてきます。

間違いなく新品ですが、・・・・
025-090202.jpg


小さな部品も沢山あるので大変です。
キャブレターのスプリング、各部オイルシール。
などなど。
026-090202.jpg


ミッション左側のシフトリンケージですが、このレバーを抜いた中にも
オイルシールが入っています。
027-090202.jpg
頻繁に漏れている車両をみます。

このスプリングは何でしょう?
028-090202.jpg
先ほどのシフトリンケージの先に(ミッションの中)
このスプリングが繋がっています。
もしも、そのスプリングが折れれば、シフトが現在の位置から動かなくなります。
ローに入っていればローのまま、5速なら5速のまま。

このスプリングは、ミッションを分解して交換します。
だから、シール類もすべて交換できます。

これはミッション後部のキックペダル。
この内側にもシールがありますが、これも交換。
029-090202.jpg



これはニュートラルスイッチ。
030-090202.jpg
オイルが漏れよる。

すごく単純な部品。
『この箱なに?』
031-090202.jpg

032-090202.jpg
エアクリーナー。

ここは2階の車両置き場。
階段とエレベーターがありますが、2バルブGSが
2階に登るのは階段から。
033-090202.jpg
バラバラになってから登ります。

現在は、R100GS後期型、R100GSパリダカ後期型が2台
R100GS前期型の合計4台が分解されています。


思いつく箇所に手を入れています。
自分のバイクだとすれば、これで何処でもいけるかな?
そんな自問自答を予算と相談しながら考えてます。

実際にやってますよ。
見に来ます?


今やってるのは、部品の来たうちの1台の
エンジンのブラスト作業です。
オーナー様からの依頼ですが、依頼のない車両の
部品も同時に作業します。
001-090203.jpg
ブラストから出てきた状態のエンジンは
中身何もなし。

組みつけていく臓物。
002-090203.jpg
クランク、コンロッド、カムシャフト、
あまり見る機会は無いですね。

組みつけていきます。
003-090203.jpg

スタットボルトも組み付け。
004-090203.jpg
長さ測りながら。

ブラストを長時間作業すると、静電気で疲れるようです。



これは同じ日に送られてきた、もう一つの箱。
034-090202.jpg
中には、ガスガス(トライアル車)の
アルミアンダーガード、フロントフェンダー。


「ふぇんだーー ちがうしーーー!!」

フクちゃん、怒ってます。


『まあぁ まぁ~~ そないおこらいでも?』

『あっ、 すずめ来た』

035-090202.jpg
 「モッチャン!!  最近太りすぎ!!」
「そんな太ってたら、はよ死ぬよ!! ネズミでも捕って
        うんどうして来い!」



『ネズミとるのは、ええねんけどな~』
     『たべてしまうからな~~』
           『またふとるわ!』

036-090202.jpg
 
『よっこいしょっと。』

     『ほな、ちょっといってこおか?』



今日も山へ入って狩をする山猫のようなモッチャンです。

  猟師に撃たれるなよ。







右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


    クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ!      FC2のバイクのランキングへ!