| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW R1100RTとR1150RTのシート 

BMWには優れた機構が数多くありますが
そのひとつにR1100RTとR1150RTのシートには
高さの調整があります。
扱いはいたって簡単、誰でもが使える機構こそ値打ちがありますね。

070301-01.jpg

まずはテールランプの下にある、キー穴にエンジンキーをさして、
回して下さい。


キーを回しながら、リアのシートの後ろ側を上にあげれば
軽く持ち上がります。

070301-02.jpg

リアシートの前側は差し込んであるだけなので
後ろを持ち上げたまま、後方に引けば軽く外せます。


運転席のシートも後ろ側から持ち上げます。

070301-03.jpg

運転席シートも前側は丸いゴムがはまっているだけなので
後ろを持ち上げながら、後ろ方向に外します。


運転席シート裏側

070301-04.jpg

溝になった部分にゴムがはまり、高さが決まります。


これがそのゴム

070301-05.jpg

黄色く囲んだ部品のゴムを、はめ込む溝の高さで変えれば
シートの位置が変化します。
この写真は、シートを一番高くした時のものです。


フロントシートの後ろ側の受けです。

070301-06.jpg

階段状に高くなりながら後ろに下がるので大きな人が乗ったときにも
高さと同時に前後も移動します。
大きな人は、腕も長いのでしょうね。


070301-07.jpg

シート位置、高


070301-08.jpg

シート位置、中


070301-09.jpg

シート位置、低
ここで、ひとつご注意!
R1100、1150GSは運転席のシートのみで固定できますが、
RTやRSは後ろのシートで前を固定します。
必ず両方装着して走りましょう。

070301-10.jpg

3台、手前から高、中、低、


スクリーンも可変です。

070301-11.jpg

電動でスクリーンの高さを変えることができるので
走行中の雨や冷たい風をかなり防ぐことができ、便利です。
電動のスイッチはハンドル左グリップ部分にあるので、走行中も
簡単に操作できます。


070301-11.5.jpg

これがそのスイッチですが、上に押しているあいだスクリーンがゆっくりと上がります。


私は身長168センチです。

070301-12.jpg

その私が、運転姿勢でカメラを構えて撮影しました。
スクリーンは一番下です。


070301-13.jpg

同じ目線で、スクリーンを最上部に固定。



ここで問題です。
R1100RTとR1150RTのスクリーンは共通でしょうか?


答えは・・・・・H22、7、6 表現に間違いがありました。
訂正いたします。






右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    今何位かな?
    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
    お願いします。
    お礼の気持ちのメッセージが出ます。


クリックすると、人気ブログランキングの中のバイクランキングへ  ジャンプ! FC2のバイクのランキングへ!