| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW R1150RTアクアミント 整備しました。 

070228-01.jpg

業者オークションで購入したてのころの写真ですが、
比較的綺麗に見えますね。


070228-02.jpg

何処から始めようか?


070228-03.jpg

後ろから始めようかな?


070228-04.jpg

ファイナルギア(通称デフを取り外し点検)


070228-05.jpg

外見上、異常が無くても


070228-06.jpg

ブーツを外して分解していくと、
見えます? 
オイルが出てきました。


070228-07.jpg

拡大してみると・・・ホラね、
ここで気になるのはこのオイルがミッションからなのか?
デフからなのか?


070228-08.jpg

この状態にすれば


070228-09.jpg

こんな風に覗き込めるので、ファイナル(通称デフ)からでした。
もしミッションからなら大変です。
エンジンと車体からミッションを降ろして分解し内側からシールを
交換しなくてはなりません。


070228-10.jpg

今回はこのシールを交換します。新、旧、部品


070228-11.jpg

外部からの清掃だけでは手の入らないところが有り、分解しなければ、
ここまでは、さっぱりと綺麗になりません。


070228-11.5.jpg

こちらは同時に取り外してある後ろのブレーキです。


070228-12.jpg

ここには何がありましたか? 
リアのショックユニットの上側の取り付けです。
もう一つその外側に何かが付いています。
それは?


070228-13.jpg

これが付いています。さてこれは? 
運転席のシートの高さを3段階に変更できる優れものです。
3本の溝にあわせることで前側の高さを変えています。


070228-14.jpg

後ろ側は階段状になったところに乗っかるようになり、
高さがあがるだけではなく、後ろに下がるように設計されています。
高いシートを好む人は、きっと腕も長い人なのでバランスの取れた
ポジションになるはずです。


070228-14.5.jpg

少し前のカバーをめくるとエアクリーナーが出てきます。 綺麗ですね。
BMWは高額な車両なのでこの辺りの消耗品はプラグなどを含め、
交換されている車両が多いので助かります。


070228-15.jpg

先ほど外したリアのショックアブソーバーとスプリングを分けたところ
ですが、手前に見えるのが油圧のプリロードアジャスターです。


070228-15.5.jpg

オイル漏れなし 
この状態で伸び縮みさせて、不自然な遊びが無いかを確認できます。


070228-15.6.jpg

この状態では先ほどのテストは不可能です。
必要な点検を終わらせて綺麗にして再度組みつけです。


070228-15.70.jpg

この部分にリアショックユニットの、下側が取り付きます。


070228-15.75.jpg

ミッション後部側(パラレバー前方)のこの部品(クラッチレリーズ)は
要確認箇所でクラッチオイルが作用するのですが、構造上オイル漏れが
起こりやすいので、見ずらいですがしっかり確認が必要です

もしここからオイルが漏れていれば部品代3万円以上と工賃も?万円
かかります。
最悪のときは、そのオイルがクラッチに染込みクラッチがすべるときも
あります。


070228-16.jpg

セルモーターのマグネットを確認します。
このRTのマグネットは問題無しですが、剥がれかかっている物や、
割れたものまでさまざまなトラブルを見かけます。


070228-16.3.jpg

こんなところにも給油してあげればギアの飛び出しも良くなり
耐久性あがります。


070228-17.jpg

セルモーター全景


070228-18.75.jpg

クラッチ板はセルモータを取り外せば見えてきます。
見るだけではなくここから高圧エアーで清掃すると、クラッチの粕が
綺麗になります。


070228-19.jpg

タペットクリアランス調整


070228-20.jpg

エンジンの輝きに注目です、オイルを定期的に適切なインターバルで
交換していればこんなに綺麗なんです。


070228-20.5.jpg

ここからは前周り


070228-20.6.jpg

ベルトもひび割れを点検後、テンションを調整しています。


070228-20.7.jpg

エキゾーストマニホールド(排気ガスがエンジンから出てくるところ)を
外しているのでバルブの一部分が見えます。
この時やプラグを抜いたときに燃焼室内やバルブに付着したカーボンの
量を見て非常に多ければ何らかの対策が必要です。


070228-21.jpg

今回はフロントタイヤも交換しました。
まだ使えたかもしれませんが、もし自分がこのRTにこれから初めて
乗るのであればどうするかを考えて、交換しました。


070228-21.1.jpg

タイヤ交換後のホイール


070228-21.2.jpg

ブレーキディスクローターも取り外します。
外してどうするの?
それはローターを固定(フローティングなので完全に固定していません)
しているピンとローターの穴の部分に、磨耗が発生します。
外見では分かりませんが、走行中に異音が出るので気持ちよく走れません。
それぞれの部品の不具合は、大きなトラブルではなくても、積み重なって
本来のBMW RTの乗り味から、かけ離れたものになります


070228-22.jpg

フロントブレーキパット。
まだまだ新品に近いです。


ここで問題です。

070228-23.jpg

この丸と四角のスイッチのセットは何でしょう?


答えは、ブログランキングをクリックしてね。





右のバナーをポチッとクリックしてね!!エルフからのお願い!    ブログランキングに参加しています。
    気に入ったら、下のバナークリック
   お願いします。
    押すと 今日の答えもでます。
        バイクのランキング!プラス答え