| elf |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し おそい 蛍 

夜遅く、ゴールデンレトリバーの子犬の
コハクを散歩に連れ出しました。

水田をわたる かすかなざわめきと、
見えない流れのせせらぎ。

暗闇に、招くように淡く点滅する光。

「コハク、  少し おそいけど、ホタルがいてるよ」


手をのばせば届くほどの、木の上に
一つの命、二つの命、・・・みんなで四ひき。
夜遅いためか、飛ばずに光ってます。

一番明るい元気な光が飛び立ち、
コハクのまわりを 「 ふわり  ゆらり 」

やさしく見つめるコハク。 




   私が手を差し出すと
   袖にとまり 光ってます。

「元気だよ。」

私には、そんな光に感じました。



実は、前回ブログの東北から、
帰宅した当日の六月二十二日深夜、
ゴールデンのゴンちゃんの
容態が悪化し、翌朝に亡くなりました。

少し前から悪かったのですが、
薬が効かず、悪くなる一方でした。


私が帰るのを待っていてくれたのでしょう。
元気そうな笑顔で迎えてくれ・・・・・・・

さくらんぼなんて買わず、
もっと早く帰るべきでした。

03-090715.jpg

「まさか、まだ大丈夫だろう。」
尻尾振って喜ぶし、
私に着いて事務所にも来ていたので
楽観視していました。

そうであってほしいとも思っていました。


でも、  ゴンちゃんの砂は残り少なかったんです。
05-090715.jpg

私に向けての笑顔は、
いっぱいいっぱいだったんでしょう。


02-090715.jpg
          5月の写真です。

エルフやアルルが居なくなったときに、
いつも私の傍らに、無邪気な笑顔で
寄り添い、慰めてくれたゴンちゃん。

ホタルの季節に、我が家で生まれ、
ホタルの季節に、逝ってしまいました。



ゴンちゃんはエルフ、アルル、モカ、コハクまで、
すべて知っています。

   先に亡くなって、今居るコハクを知らないみんなに
   ゴンちゃんがコハクを紹介してくれたのかな?


ゴンちゃんの生まれた季節に、
毎年光るホタルは、好きでしたが、
来年 会うホタルは・・・・
01-090715.jpg


「君は、我が家に来て幸せだった?
私は君と、もっと たくさん たくさん
遊びたかったよ。」

やろうと思えば出来たのに。

コハクには精一杯尽くすからね。
04-090715.jpg



しばらくブログをお休みしていましたが
この話から書きたくなりました。


ゴンちゃんを可愛がっていただいた皆様、
ありがとうございました。